シャープペンの消しゴム

シャープペンの消しゴム

「銀の腹巻きがお洒落でしょ」
シャープペンの消しゴムがいいました。

「この細くて長い一本足はダイエットの賜物です」
消しゴムに付いてる針がいいました。

「君たちなんかいなくても充分やっていけるさ」
シャープペンが胸をはっていいました。

「でも、ないとやっぱり物足りないんだよな」
持主の私はいいました。

「とにかくこれで消すことだけはやめませんか?」
天の声がそう諭すと
皆が口を噤み小さくうなずきました。