写真立てのストッパー

写真立てのストッパー

愛しい彼女が波打ち際で戯れながら、ふっと僕をふりかえる。そんな写真が入ったお気に入りの写真立て。その裏側では、小さな4つのストッパーが上下左右の四方から、チームワークで背板を留める。決して日の目をみることなく、マニアに収集されることすらなく、でも与えられた役割をコツコツとこなす健気な四人。彼女の写真をニヤニヤ眺めることができるのも、裏を返せば彼らのおかげ。せめてねぎらいの声のひとつでも、  と写真立ての裏側を久方ぶりに覗いてみたら、留めていたのは上についたストッパー1つだけ。他の3つのストッパーはダラリとくつろぎ、好き勝手な方を向いていた。身体のゆうに数十倍はあろうかという大きな背板を独りで支えるストッパーは、とっても辛そうなのですが、彼ら4人の関係に、口を挟む権利が果たして私にあるのだろうか?