アイスクリーム蓋のツマミ

アイスクリーム蓋のツマミ

うん。と頷くことはできますが、振り向くことはできません。ツマまれることが職業ですが、一度きりでお役御免。ハサミでチョン切ることは簡単ですが、ひとりで生きてく甲斐性ありません。年々希少になってますが、コレクターはまだ現れません。君がいないと困る、とよく言われますが、会えてよかった、と握手を求められたことがありません。非の打ち所のないデザインだと自負してますが、グッドデザイン賞に選ばれたこともありませんし、そもそもエントリー可能なのか、定かではありません。こんな私の戯れ言に耳を傾けてもらえるだけで身に余る光栄ですが、あなたの悩みを聞く耳がツマミの私にはございません。ましてや愛することさえできない始末。それでも私を愛せますか?