リレーのバトン

リレーのバトン

この意味深な長さと太さに男は憧れ女はたじろぎ、完璧なまでに無駄を排除されたフォルムは粗を探そうにもその手がかりすらつかめない。走行中のまっ白な体操服を背にして六色のバトン達は、なお一層あざやかさを増すのだが、5位6位あたりをさまようものは心なしかその輝きも鈍ってみえる。誰に令されたわけでもなくこのわずか数分間は、国宝級の御もてなし。落っことしでもしようもんならさあ大変。取り乱す走者と轟く罵声に事の重大さが顕れている。ゴールテープが切られた途端、立場は一変、ただの丸い棒へと成り下がり、放り捨てられたバトン達は狂喜乱舞する生徒達の影で再び一つに固まって、こっそり姿をくらましてゆく。