映画『グロリア』(1999)ネタバレあらすじと感想。キャスト一覧。

この記事は約5分で読めます。

出典:IMDb

 

映画『グロリア』登場人物・キャスト

グロリア

3年間服役され出所。

恋人の身代わりで捕まった。

シャロン・ストーン
1958年3月10日生まれの62歳。
主な作品は「トータル・リコール」や「氷の微笑」
ゴールデングローブ賞やエミー賞など賞も獲得している。
ニッキー

マフィアの1人の会計士の子供。

ジーン・ルーク・フィゲロア

1990年12月1日生まれの29歳。
主な作品は「ドラッグ・ディーラー仁義なき賭け」「ミュージック・オブ・ハート」

ケヴィン

マフィアの幹部でグロリアの彼氏。

ジェレミー・ノーサム

1961年12月1日生まれの58歳。
主な作品は「ザ・クラン」「マイアミ・メディカル」

ダイアン

グロリアの友人。

キャシー・モリアーティ

1960年11月29日生まれの60歳。
主な作品は「キャスパー」「レイジング・ブル」、レイジング・ブルでアカデミー助演女優賞を獲得。

ルビー

マフィアのボス。

ジョージ・C・スコット
1927年10月18日生まれ。1999年に71歳で亡くなっています。
アカデミー主演男優賞やエミー賞、ゴールデングローブ賞など数多くの賞を獲得している。

 

映画『グロリア』あらすじ

3年間の服役を終了したグロリアは刑務所から出所する。

マフィアのボス(ルビー)の恋人のケヴィンの罪を被ったことで服役。
罪を被ることにより報酬をもらう約束をしていた。

ルビーの金のやり取りや、ケビィンたちや関係した警察官などの氏名のリストの入ったフロッピーをケビィンは部下に会計士から取り返せと命令する。

昇給する為に会計士はフロッピーを盗み出し、ケブィンの部下がやってくる。

息子(ニッキー)にフロッピーを渡し逃がす。

ケヴィンの部下は一家を虐殺。逃げてきたニッキーは、見張りのケヴィンの部下に連れて行かれる。

グロリアは約束の金をもらいにケブィンの家に行くが、約束の金は貰えずに怒って出ていくがすぐに戻ってくる。部下に連れてこられたニッキーとともに逃げようと考える。

グロリアは、銃で脅しケビィンから金目の物を奪う。

ニッキーとともにフロッピーを持ち脱出する。
ニッキーに自宅へ帰るように伝えるが、一人では行けないという為一緒に行く。

しかし自宅には警察やマスコミが詰め寄せ入れず引き返し近くで食事をする。
父親に叔父のところへ行くように言われていたので向かうがケビィンの部下に見つかりグロリアの
姉宅へ向かう。しかし家族を犠牲にしたくないと姉に言われ、ホテルに泊まることに。

ニッキーはニュースで家族が殺されたことを知り、ホテルを飛び出すがグロリアに連れ戻される。

次の日、グロリアは換金場の店員(ケビィンの部下)に居場所がばれてしまい教会へ。

教会の前に止めていた車が警察に見つかるがこの警察もケビィンの部下。
2人は人混みに紛れようとするがニッキーは捕まってしまう。

グロリアは友人のダイアンを頼りに行く。
ルビーの居場所を教えてもらい、直接交渉するが断られる。

しかし、熱意に負けケビィンとルビーはニッキーをある場所へ連れていく。

グロリアはフロッピーを渡し、ニッキーを取り戻すことに成功。

グロリアの母親になってもいいよという言葉に、ニッキーはyes。

次の日、教会の神父から紹介された学校にニッキーを連れてグロリアは帰ろうとするがニッキーを連れ戻す。2人で飛行機に乗りエンディング。

出典:IMDb

 

映画『グロリア』感想・評価

1980年公開の同名「グロリア」のリメイク版になっております。

今回紹介するグロリアの主人公はシャロン・ストーン。セクシーで本当に綺麗な方です。

後半につれて、勢いがなくなっていくような気がします。しかし、ほのぼのとした気持ちで見れました。なんでしょう、グロリアの母性かな??

出典:IMDb

 

子供と一緒にマフィアから逃げながらも、旅をする。徐々にグロリアの母性が出てくる所や、グロリアの金使いの荒さや太っ腹さ、まぬけな場面も見どころ。

シャロン・ストーンが可愛い。ただただ、可愛い。

役では少々わがままな子供ですが、子供はそんなもんですね。

他の映画の子のキャラクターがいい子すぎるんでしょう。(笑)

マフィアの部下たちは、何度同じ手口でグロリアたちを逃がすのでしょう(笑)

いや、捕まってほしくないんですけどね。「また逃がすんかーーい」となりました(笑)

ジャンルとしては「アクション」になります。

ただ、アクションならもう少しハラハラドキドキがあってもよかったかな…

お、ここから盛り上がるかな?からそうでもない…という展開が多いかも。

映画『グロリア』まとめ

1980年のリメイクというグロリアですが、80年のものと比べると主人公のグロリアには母親の部分が多く出ているようです。リメイクだと、前作と比べられ不評になることが多いですが私は面白かったです。リメイクというより、単体の映画として見るほうがいいのかも。

私は二児の子供がいるのですが、母親の部分が全面に出ていたからこそ母性があふれてしまうグロリアに共感できたのかもしれません。

ニッキーのわがままで小生意気な部分もなんだか逆に愛らしくて。

典:IMDb

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました