『ユナイテッド93』ネタバレあらすじと感想。

この記事は約5分で読めます。

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロでハイジャックされた4機のうち、唯一テロリストたちの目的地に着くことがなかったユナイテッド航空93便の、墜落までの機内の内容や人々の行動を描いた、2006年に公開されたノンフィクション映画。

アメリカ同時多発テロは歴史的な事件で有名なお話ではありますが、私たちにはまだ知らない真実が隠されているのではないのでしょうか…。犠牲になった4機のうち唯一目的地に着かず墜落したユナイテッド93便についてのお話です。

※この先ネタバレがございます。

『ユナイテッド93』あらすじ

2001年9月11日時刻は早朝。ニューアーク空港からサンフランシスコ空港へ行く便『ユナイテッド93便』に40名の乗客が乗っており、その日は離陸ラッシュだったため、予定時刻より30分遅れての離陸を待っていました。

そんな中、ボストンの管制センターで同時刻に離陸し通信が途絶えていたアメリカン航空11便から「操縦室を制圧した。静かにしろ」と聞こえてきます。異常だったためすぐにニューヨーク州ローム北東地域防空指令センターへ連絡。アメリカン航空11便がハイジャックされたと気づきアメリカン航空11便を探しているうちに、アメリカン航空11便はワールド・トレード・センター北棟に激突。

続いてその後、通信不能となってしまったユナイテッド航空175便がワールド・トレード・センター南棟に激突し、更にはアメリカン航空77便までもがアメリカ国防総省ペンタゴンへ墜落してしまいます。

動く自爆テロ計画

その頃、何も知る由もないユナイテッド93便はいつも通り順調に飛行を続けていました。しかし離陸後しばらくして、飛行機内にいた4人のテロリストたちが動き始めます。一人の乗客の首をナイフで刺し、体に巻き付けた爆弾で乗客を脅し、機長を刺殺して操縦室を占拠し、機内は混乱状態。

この時管制センターでは乗客の叫び声をキャッチしており、ユナイテッド93便から応答がなくなった後下降していることを確認していました。

テロリストたちに、仲間のテロリストがハイジャックした航空機2機がワールドトレードセンターに激突したと電話で連絡が入る中、防空指令センターではハイジャックした航空機の進路妨害や首都ワシントンを守るため、非武装の戦闘機2機を発進するなど対策を打っていました。

その頃、首を刺された乗客をCAが助けようとするが既に脈がなくなっており息絶えたと同時に、乗客たちはパイロット二人が刺殺されたことが分かり、コックピット内の事態を把握したのです。

乗客最後の一致団結

事態を把握した乗客たちは家族と連絡を取り合った際に、ワールドトレードセンタービルに2機の航空機が激突したこと、4機がハイジャックされていることを初めて知り、自爆テロに気づきます。

ユナイテッド93便もターゲットに向かって飛んでいると分かった乗客たちは何とか阻止しようと計画を立てます。

体格の良い男性客を集め機内で武器になりそうなものを探し手にします。テロリストの一人が体に巻く爆弾も偽物だと判断しますが、仮にテロリストを倒せても操縦士が刺殺されたため操縦はどうするか悩みます。すると単発機のライセンスを持つ乗客がみつかり、計画が完成します。

テロリストたちのターゲットはホワイトハウス。ホワイトハウスまではあと20分かかるため焦りだすテロリストたち。そんな中、乗客たちはワゴンを盾にコックピットへ乗り込みます。

操縦士のテロリストのリーダーはわざと機体を左右に激しく揺らすが、乗客たちは勢いをつけてコックピットのドアを突破。操縦士のテロリストも叫び必死に抵抗する中、乗客はテロリストの手を抑え機体をを上昇させようと必死でした。

しかし、機体は上昇することはありませんでした。

知られざる真実

午前10時3分。下降していったユナイテッド93便は、ペンシルバニア州シャンクスヴィルの草原に墜落し、乗客全員死亡しました。テロリストたちの目的地に到達しなかったのは、犠牲になった4機のうち、ユナイテッド航空93便だけでした。

一番近い戦闘機は現場から160キロ。墜落してから4分経った頃、軍の上層部6はユナイテッド航空93便がハイジャックされたのを把握したのでした。

午前10時18分。ハイジャック機の攻撃を大統領は承認しましたが、誤った目標を撃墜する恐れがあったため、軍部は飛び立ったパイロットにこの承認を伝えませんでした。

午後12時6分。全民間機は強制着陸となり、軍は空前規模の動員態勢をし、アメリカの空域は封鎖され続けたのでした。

『ユナイテッド93』感想・評価

当時の機内にいた方々の緊迫感や混乱など、リアルに表現するためにも映像の使い方は通常の映画とは異なる作品です。とにかく動きまくる画面。私はその時の恐ろしさや困惑を一層伝えれたのではないかと思うほどリアリティがあり、ノンフィクション映画としては良かったのではないかと思いました。

最後にテロリストたちへ立ち向かう男性陣の姿はとても勇敢な行動でした。あの行動があったおかげで、地上の犠牲者が出なかったのです。だから人々はユナイテッド93便の乗客たちは「犠牲者がでないように」と行動に出たと言います。

真実は分からないですが、たぶんそれはきれいに書き換えられてしまっているのではないでしょうか。少なくとも映画の中では自分達が助かることだけ願い行動していました。そこにも注目してご覧になっていただきたいです。

『ユナイテッド93』日本人について

この作品の冒頭で、コーヒーを飲む姿が映し出されるのですが、実は、ユナイテッド航空93便に早稲田大学理工学部二年生の日本人男性が一人だけ乗っていたのです。彼も自爆テロの犠牲となってしまいました。

『ユナイテッド93』まとめ

他にも知らなかった真実。

アメリカン航空11便で乗務していたCAのジュティー氏とエイミー氏。
テロリストにハイジャックされてすぐアメリカン航空地上本部へ機内後部座席の電話より、実行犯の座席番号などハイジャックの状況を正確に伝えていたため、ハイジャック犯の特定をすぐに行うことができました。

そして、ユナイテッド航空93便では、予定の便を変更したことで犠牲となった方々もいたのです。

ニューヨークに出張中だった医療器具の経営者。早く帰るため9:20出発の便から8:01出発のユナイテッド93便へと変更。

前日の便に乗る予定だったWeb関係のセールスマンの男性。一日早め、ユナイテッド93便に乗りました。

予定よりも早く帰れることになった雑誌販売責任者の女性。便を早めてユナイテッド93便に乗りました。

便の変更をしたことにより自爆テロの犠牲となりました。こういった真実はこの先他にも知ることになるのではないでしょうか。この事件を知る人知らない人すべての今生きる人々へ一度は必ず見ていただきたい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました