映画『ブレイブワン』ネタバレあらすじと感想。その意味とは?

この記事は約5分で読めます。

2度のアカデミー主演女優賞に輝く名女優ジョディ・フォスターが主演と製作総指揮を務めている、2007年に公開されたR-15指定のサスペンス映画。

幸せに暮らしていた一人の女性があることがきっかけに、犯罪者を裁いていくものに変貌していく。彼女は最後どうなっていくのか…。

※この先ネタバレがございます。

映画『ブレイブワン』あらすじ

ラジオパーソナリティとしてニューヨークで働くエリカ・ベインは、結婚が決まっている婚約者のデイビッドと幸せに暮らしていました。

ある日の夜、デイビットと共にセントラルパークで犬の散歩していました。すると突然3人の男達に暴漢で襲われてしまいます。三人組のうち一人はビデオを回し、金品要求や殴る蹴るなどの暴行を男たちははしゃぎながら容赦なく続けました。

それから三週間経ち目を覚ましたエリカ。デイビットの死を母より知らされ絶望します。退院後も恐怖に襲われ外にも出れず、彼の死や暴行のトラウマにより情緒不安定な状態が続きました。

しばらくして、ようやく外に出れたエリカは護身用に銃を手に入れた後、立ち寄ったコンビニで一人の銃を持った男性が女性を殺してしまうところを目撃してしまいます。エリカは隠れますが、携帯の音が鳴ってしまい男に見つかりそうになるエリカ。とっさに購入した銃で男を殺してしまいます。なんとその瞬間、自分の中で自分でない別人が目覚めるのを感じるエリカ。その後も、凶悪犯たちをためらうことなく次々と銃で殺害していきます。

その頃世間では犯罪者を殺害する謎の人物の存在が知れていきます。人々はそんな謎の人物を勇気ある行為だと尊敬の意を示し、『処刑人』と呼んでいました。

ラジオショーのファンのショーン・マーサー刑事とエリカは友人になり、最近の事件について探るためにも、マーサー刑事にラジオのためだとインタビューを行いました。インタビューの中で、マーサー刑事が長年追っている容疑者について知ったエリカは、その容疑者を殺してしまいます。

この一件でエリカを疑い始めるマーサ刑事は、エリカが助けたであろう娼婦とエリカに会わせますが、娼婦はエリカのことを知らないと嘘をつきます。その後、エリカとデイビッドの結婚指輪がみつかり、エリカは自分たちへ暴行を行った3人組の情報を見つけ始め、収集していきました。

ついに3人の男たちの隠れ家を見つけたエリカは一人で乗り込み、3人中2人を殺します。しかし、生き残っていた一人の男に抑えつけられてしまいます。

そこにマーサー刑事が現れ助かりますが、すぐさまエリカは残り一人の犯人を殺そうとします。そんなエリカに銃をおろすようマーサー刑事は説得しますが、デイビッドとエリカを暴行する様子が撮影されたビデオをみせながらエリカは訴えました。マーサー刑事はその訴えで考えが変わり、その後偽装工作を協力し、残り一人の男をエリカに殺させてそのまま逃がすのでした。

映画『ブレイブワン』感想・評価

幸せに暮らしていただけの女性に起きた悲劇。

冒頭から非常に衝撃を受け、最後まで女性がどうなっていくのか目が離せませんでした。人間の弱さから生まれる不死身の感覚。私はこの作品にこれを感じ取りました。

人間はだれしも、傷ついたり悲しんだり心を痛めたり体も痛めたりボロボロになる経験をするはずです。その時は本当に生きているのが辛くてたまらないと思い、死を決意する方も少なくはないはずです。ですが人によっては、そのつらい経験をした後これ以上の悲劇はないと怖いもの知らずになり、まるで不死身化したかのように死を恐れなくなる方もいるのではないでしょうか。

この作品はまさにそのような人の情景を描いており、人間はどうなっていくのか考えさせられる点もいくつかありました。最後のマーサー刑事もその一人。

はじめから罪を犯した人間でも法で裁かなければいけないとずっとそれが正しいものだと思い行動してきましたが、最後彼女の撮られたビデオをみて考えが一変し、彼女をとらえませんでした。

マーサー刑事は本当の正義が分からなくなっていたのだと思われます。いいと思っていたことが実は、間違いだった。世の中にはいくらでもあるようなことですが、彼はこの時初めて自分のしてきたことが必ずしも正しいとは限らないことを、身にしみて感じたのではないのでしょうか。

また、精神が病んでしまい、一つの殺害により犯罪者を裁いていく彼女ですが、もう一人の自分が生まれるといったものは二重人格といわれるもののようです。きっと愛する人を救えなかった悔しさから、罪あるものを裁くことで自分の中にある悲しみをもう一人の自分がうまく浄化していったのではないかと思いました。

人間は弱い生き物でもあり、強くなれる生き物なのかもしれません。

映画『ブレイブワン』その意味は?

映画のタイトル『ブレイブワン』の意味ですが、調べましたところ「勇敢な者」「勇敢な人」といった意味になります。

いくら相手が犯罪者だからといって実際に殺すことは難しいことですし、人を殺すという行為には相当な覚悟がいるはずです。ましてや、愛するものを失った彼女でしたが絶望の中にこもるのではなく、自分に起きた悲しみや苦しみや怒りを違う形で、人々のためになるような形で行った行動が非常に勇敢な姿でした。

映画『ブレイブワン』まとめ

いつ、どんな時に突然愛するものを失うか分かりません。

決して彼女の行動がいいものとはいえないでしょうが、女性一人で犯罪者に立ち向かうのはかっこよく思えました。彼女はもしかすると、死んでもかまわないという気持ちもあったのではないかと私は予測します。その気持ちが怖いもの知らずとなり行動できたのではないかと思いました。

私たちも生活の中で悲しみや憎しみや怒りなどの感情を、誰かのため世のために役立つようなエネルギーに変えていけたら、もっと自分自身を許し、愛し、慰めることができるのではないのでしょうか。

そんな人間について非常に考えさせられる作品でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました