映画マッドマックスのラスト結末ネタバレ!あらすじと見どころも解説

この記事は約8分で読めます。

映画「マッドマックス」は1979年公開の、オーストラリアのアクション映画です。

監督はジョージ・ミラー、主演はメル・ギブソンです。

 

ある一人の警察官を主人公に、カーアクションもありながらドラマチックに展開していくストーリー。

今回この記事では、そんな「マッドマックス」の結末までのあらすじと見どころをまとめていきたいと思います!

映画マッドマックスのあらすじラスト結末まで

出典:Yahoo!映画

一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。
ここでは映画「マッドマックス」のあらすじを、起承転結の順に追いながらラストの結末までご紹介したいと思います。
 
まずはじめに、主な登場人物はこのようになっています。

登場人物(キャスト)

  • マックス・ロカタンスキー(メル・ギブソン)

作品の主人公です。暴走族専門の特殊警察M.F.P.(Main Force Patrol)の警察官。その中でも数多くの暴走族を逮捕してきた経歴を持つ敏腕な人物です。妻と一人息子の3人暮らしです。

 

  • ジム・グース(スティーヴ・ビズレー)

同じくM.F.Pに属する、マックスの親友。クールなマックスとは対照的な陽気な性格です。

 

  • ジェシー・ロカタンスキー(ジョアン・サミュエル)

マックスの妻で、夫婦関係はとても良好です。サックスを演奏するのが得意です。

 

  • スプローグ・ロカタンスキー(ブレンダン・ヒース)

マックスとジェシーの、まだ幼い息子です。

 

  • フィフィ・マカフィー(ロジャー・ワード)

M.F.Pの隊長で、坊主×髭の大男です。マックスに絶大な信頼を寄せていて、「ヒーロー」というものを誰も信じない時代に、マックスこそがそう成り得ると信じています。

 

  • トーカッター(ヒュー・キース・バーン)

暴走族チーム「アウトライダー」のリーダー。愛車はKawasaki Kz1000。マックスの仇敵です。チームに対しては、仲間思いな部分と容赦のない部分の両面を持ち合わせた性格。

 

  • ジョニー・ザ・ボーイ(ティム・バーンズ)

トーカッターの手下です。トーカッターに逆らう事ができない気弱な性格の持ち主。

 

 

ここからはあらすじをご紹介します。

起:M.F.Pのエース、マックス

時は近未来のオーストラリア。この頃政府は弱体化し悪が社会に蔓延、暴走族による犯罪事件も多発していました。

 

ある日、捕まっていたナイトライダーと呼ばれる凶悪犯がM.F.Pからパトカーを奪って逃走します。

警官達はナイトライダーに翻弄され、追跡は難航しますが、M.F.Pの敏腕警官であるマックスが、その並み外れたドライビングテクニックで追い詰め、ナイトライダーはその末にハンドル操作を誤り事故死します。

 

仕事は順調、そしてマックスは美しい妻のジェシーとまだ幼い息子のスプローグとの3人暮らし、順風満帆な日々を送っていると思われました。

しかし特殊警察という仕事の中で、マックスはある悩みを抱えていました。

自分の運転技術が高い事は、横行する犯罪を制裁するのに大きな力となる。しかし、パトカーをとばして敵をこらしめる、やっている事は暴走族と同じではないかと、自分の中にある正義と悪の定義に曖昧さを感じる事が多々ありました。

承:親友の死、マックスの苦悩

そんな中ある時、ナイトライダーが死んだ事が知れ渡り、仲間であるトーカッター率いる「アウトライダー」という暴走族チームがマックスの街を襲撃に来ます。

アウトライダーのメンバーの一人ジョニーは、現場でドラッグを使用し朦朧としていたところを、駆けつけたマックスとジムに発見されます。そこには爆破された車、暴行され倒れている女性がいたことから、ジョニーは暴行罪の容疑で逮捕されました。

しかし事情聴取の結果、犯行を行った証拠が十分ではなかった為に、ジョニーは釈放されます。

 

街の治安はさらに悪くなり、夜間の外出禁止令まで出されたまた別の日のこと。ジムの乗る車がジョニー達によって襲撃された上に火をつけられ炎上。焼けただれ、遺体となって病院に運び込まれた親友の姿を目の当たりにしたマックスは、激しい怒りを覚えます。

マックスは、この怒りと怨嗟が自分自身を良からぬ方向へ突き動かすような不安に襲われ、警察官を辞めようと思い立ち辞表を出します。

M.F.Pの隊長であるフィフィは、精鋭の人材であるマックスを失いたくない想いから彼を引き止め、辞職の話は一旦置き、1ヶ月の休暇をとることをマックスに勧めるのです。

転:最愛の家族をも奪われ、復讐の鬼と化す「マッド・マックス」

フィフィの提案通り休暇をとり、家族と数週間の旅行に出かけたマックスは、その先で彼にとって人生最悪の事態に遭ってしまうのです。

トーカッターの一味が現れ、マックス達家族は急いで友人の牧場へと逃げ出しますが、その途中トーカッターはスプローグをさらい、ついには轢き殺し、その上ジェシーにも多数の内臓損傷、全身打撲というまでの重傷を負わせます。

 

親友と最愛の息子の命を奪われ、妻にもひどい重症を負わされ、マックスの悲しみと怒りは絶頂に達します。自分の中の正義感、憎しみを抱く事への恐怖はもはや全て吹き飛び、トーカッターを恨む心が彼を本来の姿から「mad(狂った)Max」へと変えてしまいました。マックスは復讐の鬼と化するのです。

結末・ラスト:果たされた復讐

M.F.Pから最新鋭の改造パトカー「インターセプター」を用意し、マックスは妻子・親友の敵討ちへと乗り出しました。

 

マックスはアウトライダーのメンバー達を一人ずつ抹殺しながら、ついに妻子の仇であるトーカッターへの復讐に迫ります。

途中銃撃され足を負傷し、また片腕を轢かれるなど満身創痍の中、恨みの一心で追跡を続け、ついにトーカッターは運転を誤らせ、大型トラックとの正面衝突によって即死します。

 

そして後日、現場でジョニーを見つけたマックスは、親友を殺した彼にも復讐を果たします。

ガソリンが漏れ出している車に手錠でジョニーをつなぎ、そのそばにはノコギリ、少し離れた場所にはライターを置きました。

爆死か、手首を切り落とすかを選択しろと言い残し、命乞いをするジョニーに構わずマックスはその場を立ち去ります。

 

しばらくしてジョニーがつながれた車は爆発を起こし、燃えさかる炎を背にマックスはインターセプターで走り去っていきました。

 

 

 

 

以上が映画「マッドマックス」のあらすじです。

正義の為に暴走族達を制裁してきた一人の警察官が、復讐心にかられて冷酷な鬼となっていく様子を描くこの作品。

ラストは救いようのない悲しみと喪失感に包まれ、やりきれない想いが重くのしかかる展開です。

映画マッドマックスの見どころは?

出典:Yahoo!映画

さて、では映画「マッドマックス」をご覧になった方々は、どのような部分に見どころを感じ、どんな感想を持ったでしょうか?

ここでは色々な声をまとめながら、改めてこの作品の見どころを探っていきたいと思います。

 

名車達のカーチェイス!

 

まずはやはりアクション映画、カーチェイスシーンは大きな見どころですよね。暴走族と特殊警官のアクションがメインなので、特にバイクに乗る人にはたまらないのではないでしょうか。

ジョージ・ミラー監督は天才

 

「ベイブ」などでも知られるジョージ・ミラー監督の代表作でもあるこの映画。その内容も評価され、この後もシリーズとして、2015年の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」まで計4作公開されています。ちなみに続編の噂もあるとのことで、今後も楽しみですね!

 

 

いかがでしたでしょうか。

個人的には、単なるアクション映画に留まらず、不条理の中で誰にでも起こり得る人間の闇の部分を描いたその重厚なストーリー展開も、大きな見どころになっていると思います。

映画マッドマックスのラスト結末ネタバレ!あらすじと見どころも解説・まとめ

 
以上、ここまでで映画マッドマックスのラスト結末ネタバレ・あらすじや見どころについてご紹介しました。
 
1979年の古い映画ですが、今見返してみてもストーリー、アクション共に引き込まれていくような魅力の溢れる名作だと思います。
 
この記事を読んで少しでも興味を持って頂けたら、ぜひ見てみてくださいね!
 
 
 
以上、映画マッドマックスのラスト結末ネタバレ!あらすじと見どころも解説についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました