リプレイスメント・キラー丨映画の感想まとめ!チョウ・ユンファの評価は?

出典:IMDb
この記事は約5分で読めます。

香港のトップスター、チョウ・ユンファがハリウッド映画の初主演をつとめたことで有名な映画『リプレイスメント・キラー』。

激しいガンアクションに映えた彼の二丁拳銃に痺れた方もいたのではないでしょうか?

今回は、映画『リプレイスメント・キラー』の感想、そしてチョウ・ユンファの評価についてまとめました!ぜひ参考にしてくださいね!

 
この記事で分かること

・チョウ・ユンファの持ち味を生かしたガンアクションに興奮!

・ミラ・ソルヴィノの好演が華を添えていたと評判に!

・ファンも気が付いた「ジョン・ウーアクション」による圧巻の演出!

 

関連記事まとめ

https://sabostudio.jp/archives/記事ID

リプレイスメント・キラー丨予告動画

リプレイスメント・キラー (字幕) - 予告編

リプレイスメント・キラー丨感想まとめ【キャラクターやキャスト】

出典:IMDb

チョウ・ユンファといえば『二丁拳銃』!

主人公である凄腕の殺し屋、ジョン・リーを演じたのは香港の人気俳優、チョウ・ユンファさんです。

アジア国際映画祭で主演男優賞を受賞した経験も持つチョウ・ユンファさん。黄金期と言われた1986年から1987年には、なんと主演作が17作品もあったというスターです。

記念すべきハリウッド映画処女作ではありましたが、今作では今まで積み上げてきたガンアクションの実力が十分に生かせるような演出・脚本になっていたと思います!

チョウ・ユンファといえば二丁拳銃!とファンが言うように、今作でもガンアクションシーンは必見です。90分の映画ながら、とにかく銃撃戦シーンが多いので、迫力満点です。

ちなみに余談ですが、チョウ・ユンファさんはかつて「香港の小林旭」とも呼ばれていたそうです。

ですが、最近の映画感想などをみてみると、「劇団ひとりさんにしか見えない!」といった声が多数でした!世代の違いでしょうか?面白い見方だなぁと思わず笑ってしまいました。

ミラ・ソルヴィノの存在感

ジョン・リーを助け、やがて相棒のようになっていくヒロイン、メグ・コバーンを演じたのはアメリカの女優ミラ・ソルヴィノさん。

アクションシーンが目立つ『リプレイスメント・キラー』に華を添えていました。実際SNS上の感想を観てみると、

・ミラ・ソルヴィノが観たくてマフィア映画を初めて見てみた

・ミラが銃を撃つ姿がかっこいい!

といった声が多数。

マフィア映画というとなんとなく男性人気が高くて手に取りにくい・・・という女性の方もいらっしゃるかもしれませんが、ミラ演じるメグが果敢に戦う姿は一見の価値ありです。

ただし、ロマンス要素は今作には無いのでご注意を!

リプレイスメント・キラー丨感想まとめ【演出や脚本】

出典:IMDb

あふれる「ジョン・ウー」テイスト

『リプレイスメント・キラー』はアントワーン・フークア監督による作品ですが、製作総指揮をつとめたのがジョン・ウーさんでした。

ジョン・ウーさんは香港の映画監督・脚本家であり、有名な作品には、『男たちの挽歌』『ミッションインポッシブル2』があります。

『男たちの挽歌』は主演のチョウ・ユンファさんの代表作でもあり、シリーズ物なので、チョウ・ユンファ×ジョン・ウーのコンビは実はファン達にとっては有名なのです!

ジョン・ウーアクション」とも言われる、独特の演出は『リプレイスメント・キラー』にも沢山使われていましたので、ジョン・ウー監督が関わっていて納得した、という意見も多数でした。

有名なジョン・ウーアクションは

・ロングコートをきて二丁拳銃を放つガンアクション

・カット割りとスローモーションを使ったスタイリッシュな演出

・戦闘中に白い鳩が飛ぶ (『リプレイスメントキラー』では飛びませんでした。笑)

等々。

確かに、『リプレイスメント・キラー』にもかなり使われていた演出ですよね!

「ハリウッドでもユンファの役柄はこういう感じなんだ・・・と思ったら、ジョン・ウーがいた」なんて声もありましたよ!

興味がある方はぜひ他の作品も観てみてくださいね。

リプレイスメント・キラー丨感想まとめ【ストーリーやテーマ】

出典:IMDb

ストーリーを飾るガンアクション

暗殺者が逆に追われることになり、組織と戦うことになる・・・ある意味マフィア映画の王道的ストーリーかもしれませんが、そのストーリーを激しいガンアクション&ジョン・ウーアクションが彩っているように思いました。とにかく銃を撃ちまくります。

ハリウッドデビュー前から息の合っていた監督・主演コンビだからこそのクオリティなのかもしれません。

人間味ある登場人物たち

主人公のジョン・リーが戦わざるを得ない背景には、人質にとられている大事な家族がいました。ただ銃を撃ちまくるだけの映画ではなく、登場人物たちの背景などから、人間味を感じられるストーリー設定になっているのも魅力だと思います。

メグの存在もその一つではないでしょうか。だんだんとジョン・リーと打ち解けて相棒になっていき、お互いの背を合わせて銃を構える姿に興奮します!

リプレイスメント・キラー丨感想まとめ

リプレイスメント・キラー (字幕) - 予告編

ここまで、映画『リプレイスメント・キラー』の感想について、キャストや演出・脚本、ストーリーに焦点をしぼってまとめてきました!

ガンアクションや、ジョン・ウーさんによる演出が好きな方には是非ともおすすめしたい作品です。感想が参考になれば嬉しいです!

以上、リプレイスメント・キラー丨映画の感想まとめ!チョウ・ユンファの評価は?についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

関連記事まとめ

https://sabostudio.jp/archives/記事ID

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました