映画『ジャングル・ブック』(2016)ネタバレあらすじと感想。

この記事は約4分で読めます。

ラドヤード・キプリングによるディズニーアニメの名作「ジャングル・ブック」の実写映画版。2016年に公開されたアメリカ映画です。

出典:IMDb

人間の男の子の赤ん坊がジャングルに残され、オオカミの元で暮らし成長する物語。一家族として幸せに暮らす中で、人間を憎むトラが現れジャングルを追い出されてしまいます。少年が下した決断、そしてその後の結末は…。

※この先ネタバレがございます。

1.『ジャングル・ブック』あらすじ

とあるジャングルで暮らすオオカミの群れの中に一人の人間の男の子がいました。その少年の名はモーグリ。モーグリは幼い頃にジャングルで黒豹のバギーラに拾われ、オオカミの群れで愛情を受け暮らしていました。オオカミの群れのリーダーであるアキーラは群れの一員としてモーグリにも他の狼たちと共に「ジャングルの掟」を教えました。そんな中、モーグリは仲間たちとどうしてこんなに違うのだろうと悩み始めていました。

ある日ジャングルに乾季が訪れ、貴重な水飲み場の川にジャングルに住む動物たちが集まっていたのですが動物たちは警戒し始めます。森の乱暴者であり、動物たちに怖れられているトラのシア・カーンがやってきました。モーグリの匂いを嗅ぎつけたシア・カーンは、「人間がどんなひどいことをしたのか思い出せ」と言い、「必ずモーグリを殺す、邪魔する者は許さない」そう宣言したのです。

狼たちは「モーグリがいると群れが危険にさらされる」と協議します。母親同然のラクシャやアキーラはかばいましたが、自分がいると狼たちに迷惑がかかると思い、モーグリは群れから離れることを決意します。アキーラとラクシャに別れを告げ、人間の世界に帰るよう伝えたバキーラと共にモーグリは旅立ちました。

森を出て草原に出たバギーラとモーグリに突然シア・カーンが襲い掛かってきました。モーグリを逃がすためバギーラが反撃をしますが、振り払われてしまいシア・カーンに追われるモーグリ。ヌーの群れのおかげで無事逃げきることができたモーグリでした。

モーグリを見失ってしまったシア・カーンは狼の群れに姿を現し、「人間の世界に戻ったのだからこれ以上争う必要はない」いうアキーラに賛同したそぶりを見せるシア・カーンでしたが、油断したアキーラを崖から突き落としてしまうのです。そして狼たちにはモーグリを連れてくるよう命じました。

一方崖路を歩くヌーの背中に乗っていたモーグリ。土砂くずれによりがけが崩れ川に投げ出されてしまいました。川岸に泳ぎ着き森の中を歩くモーグリは大きなニシキ蛇のカーに出会います。まるで催眠術化のような甘い言葉をモーグリに囁くカーは、モーグリの過去について語り始めます。

”赤い花”(動物たちは火をそう呼ぶ)を手にしジャングルに訪れたモーグリの父親はシア・カーンにより殺されてしまいました。その時できた火傷により人間を憎むようになったシア・カーン。バキーラはたまたま通りかかり、一人ぼっちだった赤ん坊を拾ったのでした。食べるために催眠術をかけたカーはモーグリを丸のみしようとしましたが、そこへクマのバルーが姿を現し、モーグリは無事助かります。

冬ごもりのため栄養が必要なバルーは貸しができたと言い、高いところにある蜂蜜を取るよう伝え、モーグリは知恵を使い見事蜂の巣を落とすことを成功させました。人間の世界に戻ろうとするモーグリにここで冬まで一緒に暮らさないかとバルーはモーグリを引き止めます。村をみた瞬間後ずさりしてしまったモーグリは、バルーと暮らすことに承諾しました。

それからモーグリはすっかりバルーとも仲良くなり蜂の巣収穫や川遊びなど楽しく過ごしていました。しかしある日、赤い花でジャングルを支配しようと企む猿の王に誘拐されてしまうモーグリ。そんなモーグリをバルーと合流したバギーラが助け出し解放されたモーグリの元へ行きますが、シア・カーンによりアキーラが殺された事実を猿の王により聞かされたモーグリはバギーらへどうして教えてくれなかったんだと問い詰めます。

そしてモーグリはシア・カーンと戦うために、人間の村の入り口にある日が掲げられている松明を手にし、シア・カーンに立ち向かいました。「やはりこいつは人間か」とあざ笑うシア・カーン。モーガンの持った松明により散った火粉より広がった火がジャングルを燃やしており、仲間たちはその光景を恐れていました。「ここは僕の家だ。僕はジャングルを守る」と言い川に火を捨てシア・カーンと戦い、火の海へモーガンは身を投げシア・カーンをおびき寄せ、人間として戦った結果シア・カーンを倒したモーグリ。

その後、モーグリは人間の元へ戻ることなくジャングルの中で幸せに暮らすのでした。

2.『ジャングル・ブック』感想・評価

ディズニー作品として勿論知っていた作品でしたが、やはりアニメーションでみるものと、実写でみるのとでは違うお話の様な気がするほど雰囲気が一変します。そこも面白いなと感じました。アニメーション以上に動物のシーンは迫力を感じました。

3.『ジャングル・ブック』まとめ

子供は勿論。大人でも楽しめるお話です。

自分たちと違う生き物であっても同じように扱い、特別扱いもせず平等に愛する。そんな素晴らしいことができるのは普通だと難しいかもしれませんが、動物と人間の関係性がこの作品のようだといいなと羨ましく思う素敵なお話で、是非親子で見てほしい映画でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました