12ラウンド|映画は面白い?つまらない?理由は?

アクション
出典元:映画情報サイト
アクション スリラー 洋画
この記事は約6分で読めます。

 

2009年に公開された、レニー・ハーリン監督のアクション映画「12ラウンド」は、恋人を殺された男・マイケルが、自分を捕まえた刑事・ダニーに対して復讐する姿を描いた物語です。

その復讐劇はただ暗く重たくてつまらないものなのか、スリルがあってアクションも格好良くて面白いものなのか、「12ラウンド」を観ようか悩んでいる人は特に知っておきたい情報ですよね。

今回は、映画「12ラウンド」は面白いのかつまらないものかについて紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • 「12ラウンド」の予告動画
  • 「12ラウンド」の面白い理由
  • 「12ラウンド」のつまらない理由
12 Rounds | Trailer | 20th Century FOX

面白い理由は?

出典元:映画情報サイト

血沸き肉踊るB級感あふれるアクションシーンが面白い

この映画はジョン・シナ演じるダニーが、エイダン・ギレン演じるマイルズに電話で12のミッションを与えられ、人質に取られた恋人のモリーは勿論、街の人々に危害が及ばないように奔走していく話です。

ダニーが12のミッションをクリアしながら、仕掛けられた罠と爆弾を解除していくドキドキハラハラするアクションシーンが面白い、という評価が多く挙がっていました。

カーチェイスや、エレベーターやヘリコプターからの脱出劇とスリルがあり、テンポのいいアクションシーンが次々と起こることから、観る人を飽きさせない面白さと興奮を味わえるのでしょう。

路面電車に車を差し込んで止める鉄と鉄のぶつかり合い、物語のラストシーンにあるダニーとマイルズの殴り合いによる肉と肉のぶつかり合い、そうした血が沸き肉踊るB級アクション映画っぽいところが、ファンにとってはたまらないようです。

プロレスラー主演の映画だが、しっかりした作りになっていて凄い

ジョン・シナという、アメリカの「WWE」のプロレスラーが主演の映画なのに、監督がレニー・ハーリンとあってしっかりした作りになっていて驚いた、凄いなと思ったという評価も多く挙がっていました。

特にジョン・シナの表情が良く、相棒の最期を描いたシーンには絶望するダニーに感情移入して辛い気持ちになり、ダニーの心を弄ぶようなゲームを仕掛けていくマイルズにはダニー同様、怒りが込み上げたというほどでした。

観ている人も主人公と同じ感情を抱いてしまうほどの、ジョン・シナの演技力とアクションが凄くて格好良かったというファンが多かったですね。

逆恨みともいえるマイルズの復讐劇を、「ダイ・ハード2」を手掛けたアクション映画監督「レニー・ハーリン」が手掛けたからこそしっかりとした作りで大迫力のアクションシーンを生むことができて、これに大満足したファンもいて、それが高評価の理由なのでしょう。

最後まで楽しめるストーリーになっていて面白い

一見ただのマイルズの復讐劇かと思いきや、大物強盗犯らしくちゃっかりとミッションの裏で、証券印刷局の一時保管庫に隠した1億ドルのお金を盗み出しているところがあって面白いです。

それにマイルズが仕掛けた綿密で巧妙なミッションと罠がある脅迫テロゲームによる、スピード感のある展開とド派手でスリル満点のアクションがあるこの映画は、最後まで楽しめるから面白いという高評価もありました。

つまらない理由は?

出典元:映画情報サイト

まずヒロイン役が可愛くない

主人公の恋人で、本作のヒロインであるモリー・ポーターを演じている女優「アシュレイ・スコット」が、そもそも可愛くない・地味なヒロインだということで、つまらないと低評価にしたファンもいました。

むしろ、マイルズの死んだ恋人、エリカ・ケッセンを演じている女優「テイラー・コール」の方が美人で可愛かったという意見が多かったです。

主人公と敵の戦いやストーリーは勿論大事ですが、ヒロインも物語を盛り上げる重要な役なので、ヒロインを演じる女優が観る人の好みに合うかどうかも、映画の評価に関わってくるようですね。

後手に回ってばかりの主人公たちの、ドタバタ感にイライラしてしまう

この映画では、マイルズが自分を捕まえようと必死なFBIと、モリーを取り戻そうと頑張るダニーを嘲笑うかのように、常に先を見越したミッションと罠を仕掛けていきます。

あらかじめ仕掛けた罠ばかりなので、ダニーたち警察が後手に回ってしまうのは仕方ないのですが、それでも結局ミッションを先に見つけて回避することはおろか、彼が1億ドルを強盗した後に真の目的に気づく形になってしまうのです。

こんな後手に回ってばかりいる主人公たちが、ドタバタと翻弄されているところを見て、もう少し何とか出来ないものかとやきもきするファンが多くいました。

マイルズの復讐の動機がずれている

この映画を観てつまらなかったなと低評価を挙げるファンの中で、悪役のマイルズの復讐の動機がずれているのではないかという声が多く挙がっています。

マイルズの復讐する理由は、恋人のエリカを殺されたからなのですが、そもそも彼女は逃げた際に別の車にはねられて死んでしまったので、ダニーが殺したわけではないのです。

むしろ、復讐する相手は彼女を車ではねた運転手なのではないか、車を飛び出して逃げた際に他の車がいないか確認しなかった、エリカの不注意が原因なのではないかという意見が多く挙がっていました。

マイルズの完全な逆恨みによる復讐、こうした矛盾点に気づいたファンは思わず「うーん」と首をひねって低評価にしたのでしょう。

まとめ

12 Rounds | Trailer | 20th Century FOX

 

さて、映画「12ラウンド」が面白いのかつまらないのか、その理由についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

B級アクション映画のように、血が沸き肉躍る鉄と鉄、肉と肉のぶつかり合いが生み出すド派手なアクションシーンや、スピード感ある展開が面白いと高評価でしたね。

一方で、ヒロイン役の女優に対する好みによるものや、悪役の復讐の動機がずれているといった矛盾点から思わず低評価にしてしまったファンもいました。

この記事を読んで、面白い理由とつまらない理由の両方を知った皆さんが、実際にこの映画をどう評価するのかは映画を観てお確かめください。

 

以上、12ラウンド|映画は面白い?つまらない?理由は?についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました