キラー・エリート|(2011)映画のあらすじネタバレ結末は?

 

2011年に公開されたアクション映画です。

元SAS隊員によって執筆された小説を原作に、ジェイソン・ステイサム、ロバート・デ・ニーロ、クライブ・オーウェンという豪華な共演で実写化されました。

殺し屋から引退した男が捕らえられた元相棒を救うため、強敵に立ち向かっていきます。

 

今回は、キラー・エリート|(2011)映画のあらすじネタバレ結末は?について紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • 「キラー・エリート」の登場人物(キャスト一覧)
  • 「キラー・エリート」のあらすじネタバレ結末は?
  • 「キラー・エリート」の音楽、曲、サントラ
  • 「キラー・エリート」のまとめ

予告動画

 
映画『キラー・エリート』予告編

 

登場人物(キャスト一覧)

出典:映画.com

ダニー・ブライス(ジェイソン・ステイサム)

元殺し屋で、一年前に殺し屋家業から足を洗っている。

幼い頃から友人だった女性・アンと付き合い始める。

 

スパイク・ローガン(クライブ・オーウェン)

秘密結社である「フェザー・メン」の指示のもと、ダニーたちを狙っている元SASの精鋭。

 

ハンター(ロバート・デ・ニーロ)

殺し屋でダニーの元相棒。

依頼主である長老に逆らい拘束されてしまう。

あらすじネタバレ結末は?

ダニーの元に、実はターゲットの男がもぅ1人いたという連絡がはいります。

その男を殺すためパリに飛んだダニーでしたが、ダニーの動きを注視していたスパイクが現れ捕まってしまいます。

しかし次の瞬間、依頼人である長老と繋がっていた裏の人間によって、スパイクまでも捕まってしまうのでした。

そこで、隙をみて攻撃を開始したダニーは、戦いながら依頼人である長老の元へと急ぎますが、長老の元にすでに到着していたスパイクによって、長老は殺されます。

長老の金を受け取って出てきたスパイクとダニー、ハンターはそれぞれの場所へと戻っていくのでした。

音楽・曲・サントラ

映画のワンシーンで使われているのは、The Clashの『I Fought The Law』という1曲です。

1960年にアメリカのバンドThe Cricketsが発表した作品ですが、多くのアーティストにカバーされ、今回映画『キラー・エリート』に使用されていたのはThe Clashがカバーした楽曲になっています。

日本では、2000年に日産のCMで使われていたので”なんか聞いたことある”と耳に残っている方も多いのではないでしょうか。

まとめ

迫力のあるアクションシーンで好評なでジェイソン・ステイサムとロバート・デ・ニーロ。

そんな2人の共演ということもあって、見応えたっぷりの格闘シーンが盛りだくさんの作品になっているようですよ。

実は、実話が元になっているという驚きのストーリーを迫力満点のアクションと一緒に楽しんで見たいですね。

 

 

以上、キラー・エリート|(2011)映画のあらすじネタバレ結末は?についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました