海辺のエトランゼ|映画のネタバレあらすじ結末は?感想レビューも!

出典::アニメイトタイムズ
この記事は約7分で読めます。

 

小説家を目指す橋本駿(声:村田太志)と
高校生の知花実央(声:松岡禎丞)が沖縄を舞台に繰り広げる、
心が洗われるような純愛を描いた『海辺のエトランゼ』

 

原作者は、イラストレーターとしても活躍する紀伊カンナさんです。本作では監修・キャラクターデザインも担当しています。

2020年9月11日から、現在絶賛公開中です!

 

本作は男性同士の恋愛、”ボーイズラブ(BL)”をテーマにしていて、主人公たちの葛藤や成長、お互いを想う純粋な気持ちを描いている作品です。

 

昨今では同性愛を題材にした映画やドラマ、漫画なども増えており、若い女性を中心に人気が広まっています。

BL作品は「好き」という気持ちを深く考えさせられる作品が多く、
ハッピーな場面の裏にある辛さや切なさをリアルに表現している点も魅力の一つです。

 

「自分は男が好きなんだ」と告白し、実家を飛び出した駿と、

幼いころに両親を亡くし、”可哀想な子”だと世間から思われるのが嫌になった実央。

そんな二人がどのようにして距離を縮め、どのようにしてお互いの過去や葛藤を乗り越えていくのか。

原作を見ていない方も、原作ファンの方も、この映画の内容が気になりますよね!

 

今回は、映画『海辺のエトランゼ』のネタバレ・結末と、映画を観た人の感想・レビューを詳しく見ていきたいと思います!

是非、最後までご覧ください。

 

 
この記事で分かること

・『海辺のエトランゼ』の内容と結末
・SNSでの反応は絶賛の嵐…?!
・続編『春風のエトランゼ』への期待も!

映画『海辺のエトランゼ』本予告(60秒)

海辺のエトランゼ|あらすじネタバレ結末は?

出典:映画.com

 

起:ふたりの出会い

小説家を目指す主人公・橋本駿が住むのは、沖縄の離島。

自分がゲイであることを婚約者と両親に告げ、逃げるようにしてこの地にやってきました。

 

そんなある日訪れた海岸で、物憂げな表情で海を見つめる一人の少年・知花実央を見かけ、声をかけます。

実央は両親を亡くし、親戚の家に引き取られてやってきたと言います。

周囲が自分を”可哀想”という目で見ることを嘆いていた実央に対し駿は、

違うよ!単純に話してみたくて―――ただの下心だよ。

と言うのでした。

そして次第に2人は仲良くなっていきます。

徐々に実央への想いを募らせる駿ですが、ゲイではない実央。
距離は縮まるものの発展はしないまま、突然別れがやってきてしまいます。

 

承:別れと再会は突然に…

実央が本島の施設に預けられてしまったことが、別れの原因でした。

はやく大人になりたい。

そう言って、去ってしまう実央。

 

駿は実央への気持ちを捨てきれぬまま、月日が経ちます。

再び実央が離島に帰ってくるときには、3年が経っていました。

そして―――

俺、駿のこと好きだよ。だから駿も、好きになってよ。

少し大人になった実央は、帰ってくると笑顔でこう言いました。

 

やっとの思いで心が通じ合い嬉しい反面、戸惑ってしまう駿。

後ろめたくなってしまうのには、理由がありました。

 

転:トラウマを乗り越えた先には…?

駿は高校時代、好きになった同級生に告白した結果、
ゲイである自分を受け入れてもらえず、拒絶されてしまった過去を持っていたのです。

”実央は自分を選ぶより、女の子を好きになったほうが幸せになれるのではないか”。そんな思いがこみ上げます。

 

ですが当の本人である実央は、

大丈夫。男が好きでもおかしくないよ。

と言い、駿をトラウマから脱出させてくれるのでした。

 

そして、晴れて恋人となった駿と実央。

しかし2人前に突然、桜子という一人の女性が現れます。

その女性は駿の幼馴染であり、”元婚約者”でした――。

 

結:舞台は北海道へ

―――連れ戻しに来たのよ。

桜子は、両親と疎遠になった駿に、彼の父親が病気になったことを告げます。

ですが結婚式をぶち壊しにし、「ゲイだ」とまで告げた両親や桜子に対して気まずい駿は、実家のある北海道に帰ることを躊躇してしまいます。

 

そこで、家族を失った悲しみを知っている実央は駿に言いました。

家族がいなくなるって、悲しいよ。だから駿にはそんな思いしないでほしい。

こうして駿は、再び実央に背中を押してもらい、北海道に帰ることを決断したのでした――。

 

 

海辺のエトランゼ|感想レビューは?

https://twitter.com/etranger_anime/status/1307529919866400768?s=20
 
キャラクターデザインが原作者本人であるということから、原作ファンからの期待も大きい本作。
BL作品なので少しハードルが高い…と思われがちですが、実際はどうなのでしょうか?
 
『海辺のエトランゼ』感想・レビューまとめ

・映像が綺麗すぎる。世界観が原作そのまま!
・ファンでも、原作を知らなくても楽しめる!
・BLへの偏見をとっぱらってくれる

 

とにかく画が綺麗!原作愛が伝わる

観た人のレビューで一番見られたのは「美しい」「綺麗」という言葉でした。
細かな色づかいや鮮やかな描写は、予告映像からでも伝わりますね!

 

原作ファンからも高評価だった様子。制作陣の原作への愛を感じられるほどの出来だったようです!

 

このBLは、女性だけのものではない!

https://twitter.com/hagurekutusita/status/1307584419117461504?s=20

親子で観に行ったという方も。従来のBL作品を観るときのような気まずさやぎこちなさをなくして、”純愛”ストーリーとして楽しめるようです!

 

夫婦で観た!という方もいらっしゃいました。

 

BLは女性がターゲットと言われることが多い中、男性からも人気があるようです!
真っすぐでピュアな主人公2人だからこそ、男女問わず虜になるのかもしれません。

 

BL要素は強い…?

アニメ映画であるがゆえ、BL色が強いかどうか気になる方も多いのではないでしょうか?

そのような描写が全く無いということはありませんが、口コミを見ている限りでは、過激ではなかったと感じる方が多い印象です。

 

ボーイズラブの”ラブ”に焦点が当てられているといった意見も。
同性愛のお話である以前に、「人を好きになる」ことを描いた作品ということでしょうか。

 

続編希望の声多数!

60分という短い時間に、物足りなさを感じてしまった人も。是非続編も作っていただきたいです!

 

ここまで続編を楽しみにされる作品もそう多くはないと思いました!

 

海辺のエトランゼ|映画のネタバレあらすじ結末は?感想レビューも!のまとめ

映画『海辺のエトランゼ』ロングPV

いかがでしたでしょうか?

 

橋本駿の声優を務めた村田太志さんは、本作の特別映像付き上映会の舞台挨拶にて
原作の続編である「春風のエトランゼ」のアニメ化についても言及し、

やりたいです!(舞台となる)北海道まで行きたいですね!

と発言しています。

SNSなどの感想でも続編希望の声が多かったことに加え、主役の声優お二人がやる気とあれば、早くも続編公開を期待してしまいますね…!

 

今回本作を手掛けたアニメレーベルは、フジテレビの「BLUE LYNX」です。

爽やかな絵のタッチや儚く美しい世界観が特徴で、従来あるBLの固定概念を打ち破るような作品を生み出しています。

2021年には、今年8月に公開した映画「ギヴン」の舞台化公演も決定していますので、是非そちらもチェックしてみてくださいね!

 

以上、「海辺のエトランゼ|映画のネタバレあらすじ結末は?感想レビューも!」についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました