星の子|映画はつまらない?面白い?何が言いたい?終わり方に不満

星の子
出典:ザ・テレビジョン
この記事は約7分で読めます。

 

2020年10月9日公開の映画『星の子』。

原作は今村夏子さんの同名小説で、芥川賞候補にもなったことから、原作ファンも数多い物語です。映画の公開を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?

 

主人公は、「星の子」という新興宗教に深い信仰を抱いている両親に育てられた、中学3年生になるちひろ。

幼いころ、病弱だったちひろのことを救ったのは、新興宗教団体からもらった特別な水でした。
その水が娘を救ってくれたことから、信仰にのめりこんでいってしまった両親。

しかしちひろは、成長につれて、家族と過ごす自分の世界を疑いはじめるのでした。

 

何を信じるべきなのか?
葛藤する少女の心を描くヒューマンドラマです。

 

今回は、映画『星の子』は面白いのか?つまらないのか?についての感想、評価、口コミ、そして宗教にはまってしまった両親に注目してまとめていきます!

 

・映画『星の子』は面白いのか、つまらないのか
・映画『星の子』岡田将生さん演じる南先生の役柄、演技力に対する評価口コミ
・映画『星の子』芦田愛菜さんの演技力
・映画『星の子』終わり方に関する評価口コミ
この記事で分かること

星の子|映画はつまらない?面白い?理由は?

試写会ではかなりの高評価!

 

映画の一般公開前に、試写会ですでに『星の子』を観た方たちの感想を調べてみました。

 

  1. 自分では普通だと思っていた日常が、他の人から見たら普通ではないのかもしれない。
    それに気が付いてしまったちひろの複雑な心境の変化を見事に演じていた!
  2. 新興宗教を善とも悪とも描いていない塩梅が上手だった
  3. 教師に抱く恋心など、中学生らしい一面にほほえましさも。
    等身大の中学生の女の子だということが感じられた。

 

かなり高評価だったということがわかりますね。

一番多いのは、芦田愛菜さんの演技力に対する評価でした。

 

日本は、諸外国と比べると「宗教」への重みはそれほどなく、「無宗教」である人が沢山います。(私も、クリスマスはお祝いしますし、初詣にも行きます!)

だからこそ、あやしげな宗教にはまっている人をみると、拒否感や不信感を抱いてしまうのだと思っています。

 

そんな、ある意味日本人ならではの感情を切り取っていると言えるのがこの作品だと思いました。

原作を大事に作成された映画だと評価している方もいましたので、原作ファンの方も納得の作品となっているのではないでしょうか?

 

つまらなかった派の意見は?

 

圧倒的に高評価を集めている『星の子』ですが、一部反対意見もありました。

 

  1. 終わり方に納得がいかなかった
  2. 物語の起伏が少なく、あっさりと終わってしまった

 

というもの。

 

映画では、この家族の結論的なものは出てきません。
観終わった後に余韻を残す、考えさせられる終わり方になっていますので、気になってしまう方もやはりいらっしゃったようです。

確かに、結末まではっきりとこの目で見たいという気持ちもわかります・・・!

 

ちなみに、映画は原作に忠実に作成されているそうですので、残念ながら原作でその後を知ることもできません。
あくまでその後は観た人の想像に任せる、という終わり方は、沢山の方と思わずお互いの感想を共有したくなってしまいますね。

 

岡田将生の演技力に対する口コミ・評価は?

 

南先生を演じた岡田将生さん。

どうやらクズ教師+イケメンという組み合わせは高評価だったようです。

 

 

星の子|芦田愛菜の演技に対する口コミ・評価・感想

 

子役から女優への成長を感じた!

 

試写会の感想でも多くの方が語っていた通り、ちひろを演じた芦田愛菜さんの演技力が高く評価されています!

子役の頃から、幼いながらも完璧な言葉遣いや、もらい泣きしそうになるような涙を流す演技など、素晴らしい実力を持つ芦田愛菜さん。

2020年に16歳になり、どんどん日本を代表する「女優」としての階段を上っているように思います。

複雑な役柄をこなすことができるのは、やっぱり子役の頃からの経験の積み重ねが活かされているからなのでしょうか。

これからの活躍にもとても期待の女優さんですね!

 

「ヤバい」両親の行動を信じたいという気持ちが切実で涙

 

今作では、両親への思いと、自分が抱いてしまった違和感への葛藤に心が揺れ動いている様子を見事に演じています。

両親は、宗教こそが自分の命を救ってくれたと信じていて、当然それは、ちひろへの愛情があるがゆえ。

そんな両親の思いを知っているからこそ、何を信じたらいいのか?悩み、涙します。

 

ちなみに両親は、外で、神聖だとするお水を浸した布を頭にのせて何やら祈って儀式をしていたり、いつもお揃いの緑のジャージを着ていたりと、確かに何も知らない人が遭遇したら避けてしまいそうな怪しさがあります・・・。

それでも、愛情をもって育ててくれた両親だからこそ、否定することができないのでした。

そんな複雑な辛い気持ちを芦田愛菜さんが見事に演じており、その演技に引き込まれたという方も多数いらっしゃいました。

 

星の子|映画の終わり方に対する評価・口コミは?

 

  1. モヤモヤする
  2. 嘘でしょ?っていう終わり方
  3. ちーちゃんこの後どうなるんだろう
  4. この人生で一番ビビる終わり方

 

星の子|映画はつまらない?面白い?岡田将生の演技の評価口コミは?のまとめ

芦田愛菜『星の子』予告編

 

いかがでしたでしょうか。

 

既に圧倒的な高評価を受ける映画『星の子』。
女優の道を歩む芦田愛菜さんの成長を感じられる、代表作ともいえるような映画になっていることがわかりましたね!

日本と馴染みが無いようですが、実は新興宗教団体というものは皆さんの想像以上に沢山日本に存在しています。

自分たちと違うから一律で「悪」ではなく、様々な考え方があることを受け入れられるようになりたいと考えさせられる内容になっています。

是非ご覧になってみてくださいね。

 

以上、星の子|映画はつまらない?面白い?宗教にハマる親がヤバい?についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメント

  1. […] 関連記事まとめ 星の子|映画はつまらない?面白い?宗教にハマる親がヤバい?…sabostudio… […]

  2. […] 星の子|映画の結末ネタバレあらすじは?芦田愛菜出演!…sabostudio.jp 星の子|映画はつまらない?面白い?宗教にハマる親がヤバい?…sabostudio… […]

  3. […]   関連記事まとめ 星の子|映画は実話?宗教のモデルはある?原作著者の今川夏子とは?…sabostudio.jp 星の子|映画の結末ネタバレあらすじは?芦田愛菜出演!…sabostudio.jp 星の子|映画はつまらない?面白い?何が言いたい?終わり方に不満…sabo… […]

タイトルとURLをコピーしました