ハンナ|映画のネタバレあらすじと感想・評価と考察

映画『ハンナ』予告編

物語のヒロインはハンナ、16歳の少女です。

ハンナは普通の青春を謳歌するような女の子ではありません。

極寒の山奥の地で、冷酷な暗殺者になるべく育てられたのです。

幼い頃から父親であるエリックに戦闘技術を叩き込まれ、何ヶ国語もの言語を習得しました。

そして成長したハンナの戦闘能力は元CIAのエリックを超えていました。

16歳になったハンナは外の世界に出る決意をします。

そんな時、ハンナはエリックからある事を忠告をされますが…。

映画『ハンナ』ネタバレあらすじは?

あらすじ

元CIA工作員との父との生活の中で、並外れた格闘テクニックを身に付けた少女・ハンナ。ついにヨーロッパで任務に就いた彼女を、かつての父の同僚が阻む……。シアーシャ・ローナン主演のサスペンス・アクション。

引用:TSUTAYA

結末(ネタバレ)

 

ソフィー一家はマリッサとアイザックスに事情聴取され、まだ幼いマイルズがパパに会いにグリムの家に行くと明かしてしまいました。

ハンナがついにグリムの家にたどり着くと、マリッサ達が来て、Mr.グリムは捕まってしまいます。

そこで指揮しているのが本物のマリッサだと知るのです。

あの子はまだエリックを本物の父だと信じてるのよという話をきいてしまいます。

一旦逃げたハンナはインターネットで自分の事やエリックの事を調べると、

ハンナがCIAで拘束された時の異常な検査結果や父親だと思ってたエリックがヨハンナの殺害犯として報道された事を知ってしまいます。

祖母の家にでハンナはエリックと再会し、エリックを問いつめます。

胎児の時に筋力などを操作されて完璧な兵士を作るガリンカ計画があり、ハンナもその胎児の1人だった事、その計画はマリッサが考えたもので今は破棄されている事を知ります。

 

激情するハンナに血の繋がりはなくとも本物の娘だと思っているとエリックは伝えます。

そこにマリッサ達が現れ、エリックはハンナを逃がし戦いますが、最後はマリッサに撃たれてしまいます。

ハンナはグリムの家に逃げるとマリッサがやって来て運命の戦いが始まります。

ハンナが森で矢を放つと、マリッサに撃たれてしまいますが、急所ではなかった為マリッサを追います。

「心臓外しちゃった。」

と言うとマリッサから銃を奪い、撃ち殺すのです。

映画『ハンナ』感想・評価と考察

映画『ハンナ』のネタバレあらすじいかがでしたか?ハンナはマリッサに勝ちましたね!

この映画は好き嫌い別れるかと思います。私はもう1回みたらもう充分かなと思いました。
なのであえて嫌い派をまとめたいと思います。

 

内容薄っ…
まあズバリ二流ですね。内容が薄いことなんのその・・・

なんかよくわからないし、結局父はなにがしたかったのか謎

外に出たい動機は母親に会いにということだと思ってたら違ったのね。
マリッサを殺すこと?
最初にハンナがマリッサ殺してれば、何故か海を泳いで渡ってきた父親とあの変な場所で再会する。
マリッサが殺されてなかったのであんな逃亡劇になったが、そもそもどういうつもりだったのか?

引用 映画.com

簡単にこの映画に対して低評価の意見を抜粋しました。

まとめて一言で言えば、

設定がぼんやり!話がよくわからない。

 

まず最初に思ったのは設定や背景がわかりづらいと思いました。情報が小出しなので、わかりづらいです。予備知識なしで観てしまうとしっくり来ないでしょう。

いきなり物語の始まりにスイッチを押したらマリッサに居場所がばれると言われても、マリッサって誰よって思いませんか?

マリッサがヨハンナを殺害するシーンの回想場面があるのですが、それを最初にやってたら、もう少しわかりやすくなったのかもしれませんね。
過去にこんな事があったから、今はこういうになってるって言って欲しい!その方が状況がわかりやすいですね。

予告編で全ては殺された母の復讐のためと言ってる割には、そうだったの?くらいにしか思えなかったです。何のために外に出たかったの?なんで戦ったの?大事なところなのに伝わって来ないのが残念です。いまいち盛り上がりに欠けるというかしっくりこない映画だと思いました。

暗殺者として育てられた少女と言われてましたが、そこもはっきりしてません。マリッサたちに狙われて自分の身を守るために戦闘技術を教えたなら、何か違うような気がします。

キャストが綺麗で豪華で予告編は魅力的なのに、話はよくわからなくてつまらない映画だと思いました。

まとめ

 映画「ハンナ」は暗殺者になるべく育てられた少女が、外の世界に出て母を殺したマリッサと戦う物語です。CIAに追われる逃亡劇中、初めての友達ができたり、初めてのデートをしたり、普通の年頃の女の子には当たり前でも、森でサバイバルで生きてきた少女にはなかった経験をします。

 しかしながら、父親だと思ってきたエリックは養父であり、自分は完璧な兵士にするために、胎児の時に筋力を操作された異常な人間であると知ってしまいます。エリックはマリッサに殺されてしまいますが、ハンナはマリッサとの最終決戦でマリッサを撃ってエンディングです。

 みなさんはこの映画をどう思いますか?

先ほどは否定的な意見ばかり言ってしまいましたが、エンディングの後に一人残されたハンナがどのように生きていくのかと考えてしまいました。家族を亡くし、自分は普通の人間ではない、異常な人間、化け物なんだと思いながら生きていくのは大変でしょうね。

ハンナはますます強い女性として生きるのでしょうか。

あなたにとってハンナとは、どんな女性でしょうか?

もしよかったら、あらすじをもう一度ご覧になってから見ていただけると、また違う感想が生まれるかもしれませんね。

 

 

以上、映画『ハンナ』ネタバレあらすじと感想・評価と考察についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました