スポンサーリンク

泣く子はいねぇが|映画のロケ地場所は男鹿市?主題歌のMV撮影も秋田?

ドラマ
出典:映画.com
この記事は約7分で読めます。

 

2020年11月20日から劇場公開されている映画「泣く子はいねぇが」

秋田県の男鹿市でこの映画の製作発表がありました。監督の佐藤快磨さんは秋田県のご出身、この映画のために”佐藤監督を応援する会”が発足され、男鹿市は撮影に全面協力しています。この映画の8割が秋田県で撮影されているそうです。

 

今回は、秋田の魅力も伝わる映画「泣く子はいねぇが」のロケ地、また、この映画とリンクしている主題歌『春』についてもご紹介します。

 

この記事で分かること
  • 映画『泣く子はいねぇが』のロケ地撮影場所について
  • 映画『泣く子はいねぇが』の主題歌のMV撮影場所

<STORY>

後藤たすく(仲野太賀)には娘が誕生するが父親の自覚が持てず、妻のことね(吉岡里帆)は苛立っていた。そんな中で、たすくは例年の伝統行事”ナマハゲ”に参加する。ことねとの『酒を飲まずに帰る』という約束を破り泥酔いし、ナマハゲのお面をつけたまま夜の街に出てしまう。その姿は、たまたま居合わせたTV局により全国放送されていた。たすくは地元を追われ上京し、2年の歳月が流れるが、東京にも居場所を見つけられずにいた。ことねと娘が気になるたすくは、親友の志波亮介(寛一郎)から近況を聞かされ、愚行を反省し、地元に戻ることを決意するが…

 

スポンサーリンク

ロケ地撮影場所は?

出典:映画.com

秋田県男鹿市|映画の主な撮影場所

主人公の地元である男鹿市は秋田県の西部に位置しています。男鹿半島のほとんどを占め、三方を日本海に囲まれた町です。

男鹿市では今年の1月10日、映画「泣く子はいねぇが(仮)」の製作発表が行われました。会見場には菅原市長も同席し、『世界に向けてなまはげのすばらしさを伝えるきっかけになる。応援の輪を広げたい』と述べられていました。

ここでは主人公のたすくと娘を抱いている妻のことねのシーンが撮影されています。

この場所は男鹿市の国道101号線、ビデオレンタル店のゲオ・男鹿店付近の道路です。

たすくと母親のせつこ(余貴美子)のシーンで登場する場所です。

男鹿水族館GAOは、国内では初のホッキョクグマが初産の子供の自然生育に成功した水族館です。日本海側の東北地方では唯一、ホッキョクグマの展示が見られることもあり、男鹿市の人気観光スポットです。

今年の1月にナマハゲ映画として男鹿市でエキストラも募集していました。

男鹿市の伝統行事である『男鹿(おが)のナマハゲ』は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。また”来訪神・仮装の神々”の一つとしてユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

他にも男鹿市のいろいろな場所でこの映画の撮影は行われています。また、この映画でナマハゲには重要な役割があります。

 

秋田県秋田市|秋田県立大学

シーンの詳細は分かりませんが、映画の撮影は秋田市内にある秋田県立大学のキャンパスやあきた港のセリオンタワー、潟上市も映画の撮影場所となっています。

 

東京都|たすくが上京するシーン

主人公のたすくは地元から逃げるように上京します。東京都内でも撮影され、エキストラの募集もあったようです。
 

主題歌「春」のMV撮影

MVの撮影場所はたすくの実家

この映画の主題歌「春」のMV撮影場所は、映画のロケ地である秋田・男鹿半島にて、映画の主人公・たすくの実家として描かれた場所で行われています。MVの監督はこの映画の佐藤快磨さん、撮影は月永雄太さんが担当しています。

MV内には終始テレビ画面が映し出されていますが、この映像は、実際に男鹿市で40年前に撮られたホームビデオの映像が使用されています。

 

主題歌「春」に込められた想い

主題歌「春」はミュージシャンである折坂悠太さんがこの映画のために書き下ろしました。

「どうだろう。男鹿の土の中で眠る種や幼虫は、芽吹き、這い出す自らの行く末を考えるか。ただ今を、今だと思い、うごめき、もだえているのではないだろうか。この映画は土の中を映す。芽吹く希望を今は知らない、あいつと私。それを映す。エンドロールの先に来る季節を思いながら、音を添えさせてもらいました。」

折坂さんは主題歌「春」についての想いをこのように語っています。

主演を務める仲野太賀さんは元々折坂さんのファンでした。そして、仲野さんにはこの映画と折坂さんの楽曲の世界観がリンクしたのでしょう。仲野さんの強い推薦により、この映画の主題歌が生まれるきっかけとなったようです。

折坂さんは幼少期をロシアやイランで過ごされており、いろいろな楽器に触れていたそうです。

主題歌「春」の中でも多様な楽器を使用しており、折坂さんのバックボーンも感じられる楽曲です。

 

エンドロールの「春」で映画「泣く子はいねぇが」は完成する

折坂さんと佐藤監督とのやり取りを経て、主題歌「春」は完成しています。

佐藤監督:「エンドロールに『春』が流れたとき、登場人物たちのそれからを思わず想像していました。不甲斐ないですが、『春』で映画『泣く子はいねぇが』は完成したのだと、そのとき初めて分かりました」

仲野太賀さん:「折坂悠太さんの歌声がエンドロールで流れた時、鳥肌が立ちました。僕自身が折坂さんの歌に勇気づけられたように、僕が演じた頼りない男の人生もまた、この歌によって前に進む事ができるんだと思いました」

この楽曲は、映画の世界観を大事に作られています。映画のエンドロールに流れる『春』も含めての作品となっています。

 

まとめ

 

映画「泣く子はいねぇが」は、秋田県男鹿市の全面協力により撮影が行われており、撮影場所も男鹿市を中心に、秋田市や潟上市でも行われていました。また、たすくが上京するシーンは都内でも撮影されているようです。主題歌「春」のMV撮影場所は、映画の主人公・たすくの実家として描かれた場所。ミュージシャンである折坂悠太さんが、この映画のために書き下ろした楽曲です。

この映画からは秋田県男鹿市のいろいろな表情が垣間見れることでしょう。また、映画とリンクする主題歌「春」にも注目したい作品です。

ぜひ、映画の鑑賞の際はエンドロールに流れる『春』までご覧ください。

 

以上、泣く子はいねぇが|映画のロケ地場所は男鹿市?主題歌のMV撮影も秋田?についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ドラマ 邦画
スポンサーリンク
ランキング
全般ランキングにほんブログ村
U-NEXT
見逃し配信バナー

・無料お試し期間が業界最長の31日間
・無料お試し期間の初回登録で600ポイント付与
・お試し期間終了後も継続すると毎月1,200ポイントが付与される
・登録、解約の手続きが簡単
・無料見放題動画の配信数が業界最多
・最新作がレンタル解禁日にいち早く配信される(一部例外あり)
・動画に加えて雑誌や漫画も読み放題多数
・他の動画配信サービスが取り扱っていない大人向け作品が豊富
・スマートテレビ、Fire TV、Chromecast、PlayStation4に対応
・倍速再生やダウンロードによるオフライン再生が可能
・1つの契約で4回線の登録が可能(家族や友達とシェア可)

TSUTAYAディスカス/TV
TSUTAYA DISCAS

◆概要
・無料期間は30日間
・無料トライアルポイント1100ポイント
・月額2659円(税込)
・無料トライアル期間の解約可能

◆TSUTAYA DISCASのメリット
・DVDを借りに行く・返す必要がない
・延滞料金が0円
・ジブリ作品が見れるのはTSUTAディスカスのみ

◆TSUTAYA DISCASのデメリット
・レンタル作品の配送時間がある
・無料期間中は新作レンタル不可

music.jp
music.jp

◆music.jpの概要
・月額1,958円(税込)

◆music.jpのメリット
・30日間無料
・無料期間内は1,600円分ポイントプレゼント
・期間終了後も毎月3,000円分ポイントプレゼント
・835万点以上の音楽、動画、電子書籍が楽しめる
・ダウンロード可能
・スマホ、タブレット、TVで視聴可能
・毎月割引クーポンがもらえる

◆music.jpのデメリット
・購入・レンタルが中心
・動画ポイントは付与された月しか使えない

ムービーライク

コメント

タイトルとURLをコピーしました