STAND BY ME ドラえもん2|映画のあらすじネタバレ結末は?

 

2020年11月20日に公開されたアニメーション映画です。

2014年に公開され、大ヒットを記録した「STAND BY ME ドラえもん」の続編として制作され、原作でも人気のエピソード「おばあちゃの思い出」と「のび太の結婚前夜」を新しいストーリーとして描いています。

監督は前作同様、日本を代表する山崎貴さんが務め国民的アニメを見事な3Gアニメ映画として作り上げています。

 

今回は、STAND BY ME ドラえもん2|映画のあらすじネタバレ結末は?について紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • 「STAND BY ME ドラえもん2」の登場人物(声優)
  • 「STAND BY ME ドラえもん2」のあらすじ
  • 「STAND BY ME ドラえもん2」のネタバレ結末
  • 「STAND BY ME ドラえもん2」の主題歌・曲
  • 「STAND BY ME ドラえもん2」のまとめ

予告動画

『STAND BY ME ドラえもん 2』予告2

 

登場人物(声優)一覧

出典:テレビ朝日公式サイト

ドラえもん(水田わさび)

22世紀からやってきた猫型ロボット。

四次元ポケットから出すひみつ道具で、のび太を助け常に見守ってくれている。

 

のび太(大原めぐみ)

スポーツも勉強もできない、なまけもの。

人にやさしく、相手の気持ちを考えて動ける優しいハートをもっている。

 

大人のび太(妻夫木聡)

しずかちゃんと結婚するが、その不安から結婚式当日に現代に逃げ出してしまう。

 

おばあちゃん(宮本信子)

のび太が小さいころに亡くなった。

未来から来た小学生ののび太を見ても、一目でのび太本人だとわかってくれる。

 

ジャイアン(木村昴)

のび太の同級生のガキ大将。

普段は乱暴で友達から怖がられているが、いざという時は仲間を守る事の出来る友情に熱い男の子。

 

スネ夫(関智一)

のび太の同級生で、家が金持ちの男の子。

口が達者で世渡り上手な一面を持っている。

 

しずか(かがずゆみ)

のび太の同級生で、しっかり者のクラスのマドンナ。

のび太の優しい心に惹かれ、のび太と結婚する道を選ぶ。

あらすじは?

出典:映画.com

 

あらすじ

ある日、優しかったおばあちゃんとの思い出のつまった古いクマのぬいぐるみを見つけたのび太は、おばあちゃんに会いたいと思い立ち、ドラえもんの反対を押し切りタイムマシンで過去へ向かう。未来から突然やってきたのび太を信じて受け入れてくれたおばあちゃんの「あんたのお嫁さんをひと目見たくなっちゃった」という一言で、のび太はおばあちゃんに未来の結婚式を見せようと決意する。しかし、未来の結婚式当日、新郎のび太はしずかの前から逃げ出してしまい……。

引用:映画.com

ネタバレ結末は?

結婚式当日に戻る前に、タイムマシーンで一緒に自分が産まれた日を見に行った大人ののび太と子どもののび太は、パパとママの思いを感じ改めて気持ちを強くするのでした。

そして、大人ののび太を見送ったのび太はある場所へと急ぎます。

大人ののび太が、中断していた新郎の挨拶を無事済ませると会場の奥にはドラえもんとのび太、そしておばあちゃんがそっと見守っている姿があったのです。

そして、おばあちゃんを送り届けたのび太は、タイムマシーンで帰っている途中に”忘れん棒”が頭にあたりあばあちゃに再会してからの記憶がなくなってしまうのでした。

主題歌・曲は?

主題歌「虹」 菅田将暉

今回主題歌を担当するのは、俳優・歌手として活躍する菅田将暉さん。

すでに発売されている菅田将暉さんの楽曲「さよならエレジー」で、作詞・作曲を担当しプライベートでも親交のある石崎ひゅーいさんとの再タッグで作られた楽曲です。

「ウェディングソング」としてのオファーを受けてから、2人で試行錯誤しながら完成した「虹」は、映画「STAND BY MEドラえもん2」の世界観を見事に表した一曲となっています。

まとめ

『STAND BY ME ドラえもん 2』予告2

 

前作が「ドラ泣き」として多くの視聴者の涙を誘い話題になっただけに、続編として期待されている本作。

その中で、原作の中でも人気のあるストーリーを題材にしているということから、視聴前から「ドラ泣き」を覚悟して鑑賞している方も多くいるようです。

子どもも大人も楽しめるストーリーに、ハンカチ必須で映画館に行った方がよさそうですね。

 

 

以上、STAND BY ME ドラえもん2|映画のあらすじネタバレ結末は?についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました