魔女見習いをさがして|映画はつまらない?面白い?泣ける理由は?

 

おジャ魔女どれみ20周年記念に製作された作品「魔女見習いをさがして」

1999年に朝日放送・テレビ朝日系列で4年間にわたり放送された「おジャ魔女シリーズ」は当時の女児の9割が視聴していたというほどの圧倒的人気作品でした。
TVアニメ放送開始から20周年という今、完全新作として帰ってきました!

 

今回は、「魔女見習いをさがして」について紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • 映画『魔女見習いをさがして』の面白い理由は?

  • 映画『魔女見習いをさがして』のつまらない理由は?
  • 映画『魔女見習いをさがして』のまとめ
 
おジャ魔女どれみ20周年記念作品 映画『魔女見習いをさがして』特別映像~おジャ魔女トラベル!~

面白い理由は?

出典:Yahoo!ニュース

年齢や境遇の違う3人の出会い

この作品は教員志望の大学生のソラと、帰国子女の会社員ミレ、そしてフリーターのレイカの3人が出会ってともに旅をするうちに大人になって忘れてしまった大切なものを探すというお話になっています。

おジャ魔女どれみゆかりの地の飛騨高山や尾道、白川郷や京都・奈良などを旅するロードムービーのような姿が描かれているのですが、この作品は「おジャ魔女どれみ」世代に向けて「メタでもアナザーストーリーでもスピンオフでもない」という作りになっているのです。

子どものころにアニメを見て正義や挑戦する気持ちや仲間の大切さを学んだ大人が、大人になったら子どもの頃とは違う悩みを感じることもあります。
そんな大人になった「おジャ魔女どれみ」世代の大人たちに向けられたメッセージを感じ取って欲しいという作品なのです。

 

懐かしい「おジャ魔女どれみ」の世界感

メインメンバーの3人も「おジャ魔女どれみ」世代ということもあってかアニメ独特のギャグシーンもたびたび出てきます。そのテンポの良いノリがまた懐かしくも、ちょっとした気恥ずかしさを感じることもあると思います。それだけ「おジャ魔女どれみ」世代の子どもたちが大人になったのだなぁと感じさせる良いエッセンスになっているのかもしれません。
懐かしい「おジャ魔女どれみ」のテーマソングが流れたりするシーンでは少しほろりときてしまうかもしれません。

 

絵がとってもきれい!

「おジャ魔女どれみ」テイストのイラストはもちろん映画として美設もしっかりとしていて光と影、闇と光の対照的な見せ方が美しいのです。
「今様々なアニメ作品で美術としての挑戦が起きている」というアニメ評論家の意見がありますがこの「魔女見習いをさがして」でのストーリーがシビアな部分もあるので「どれみ」タッチを残して、美術が明るくなるように監督からオファーされて製作されているのです。

背景に関してもきちんとロケハンがなされており、各地の異なる空の色や、ディティールなどにもこだわって作られています。

つまらない理由は?

出典:映画「魔女見習いをさがして」公式

 

どれみたちはあまり出てこない?

本作は前述の通り「おジャ魔女どれみ」の続編というわけではなく、子どもの頃に「おジャ魔女どれみ」を見ていた女の子たちが大人になって出会いともにゆかりの地を旅していくというお話になっています。
ということは当然どれみちゃんたちが登場して活躍するようなストーリーにはなっていないので前情報なしで期待して見に行った方たちは少々ビックリされたようです。
テレビ放送していたファンタジーな世界感ではなくリアリティの中で生活している人たちにとってアニメとは?といったメッセージを含ませたストーリーになっているのですよね。

アニメとはただの娯楽ということだけではなくその人の大切な糧になりうるということなのです。

大人になるとアニメなんてこどもの物だから見ないという方もいるでしょうけど、こどものころに見ていたアニメに少なからず影響を受けているということもなくはないと思うのです。
例えば同世代の人と初対面で話す機会があるときに共通の話題として学校で流行っていたものや、当時見ていたテレビ番組などの話題になった時にアニメの話が出てくることもなくはないですよね。
子ども時代にどんな影響を受けていたのかはその時に触れていた映画や、テレビ番組やアニメ番組、本や漫画などの娯楽に触れてきたのか、そこからどんなものを感じたのかで変わってくると思うのです。

子ども向けの作品からも勇気や感動をもらえる素敵な作品はたくさんあります。
そんなものの一つにこの「おジャ魔女どれみ」シリーズからの「魔女見習いをさがして」なのだと思います。

子ども向け作品ではない

「おジャ魔女どれみ」世代の女性は子育て中の方も多いと思いますが、懐かしさからお子さんと一緒に「おジャ魔女どれみ」を見返して映画館に連れて行こうと考える方もいらっしゃると思います。
しかしこの「魔女見習いをさがして」は子ども向けのストーリーではなく、完全に“子どもだった”大人に向けた作品となっています。
なので知らずにどれみちゃんたちが活躍すると思って見に行くとなるとつまらないといった感想になってしまうかもしれないので要注意ということになります。

まとめ

おジャ魔女どれみ20周年記念作品 映画『魔女見習いをさがして』特別映像~おジャ魔女トラベル!~

いかがでしたか?

 

映画の中に尾道焼き(尾道のお好み焼き)や飛騨牛、ステーキや焼き肉、高山ラーメンやみそカツや鰻、ビールなど美味しそうな食べ物もたくさん出てくるのでお腹が空いてしまい、映画を見終わった後はどれみちゃんが大好きなステーキを食べに行きたくなりました!

こんなコラボもありました!
オリジナルコースターが貰えるそうです!

 

ハッピーラッキーみんなにとーどけ!

 

以上、魔女見習いをさがして|映画はつまらない?面白い?泣ける理由は?についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました