わたしを離さないで|映画の結末ネタバレあらすじは?キャリー・マリガン出演

出典:映画.com
この記事は約7分で読めます。

 

2011年に公開された映画『わたしを離さないで』は、人の命の在り方や死生観、クローン技術などについて考えさせられる衝撃の作品として注目を浴びました。

穏やかな子どもたちの生活から始まりますが、その後彼女たちを待ち受けている運命について知ったとき、あなたもきっと鳥肌が立つことと思います。

日本でも、同原作をもとに2016年にドラマ化され話題になりました。

今回はこの映画のあらすじから結末まで、そして見どころについて紹介していきます!

ぜひ参考にしてくださいね。

 

この記事で分かること

・『わたしを離さないで』作品情報と登場人物紹介

・『わたしを離さないで』あらすじ結末

・『わたしを離さないで』見どころ

わたしを離さないで丨予告動画

映画『わたしを離さないで』予告編

わたしを離さないで丨作品情報

タイトル わたしを離さないで
原題 Never Let Me Go
日本公開日 2010年10月28日
上映時間 105分
ジャンル ドラマ映画
監督 マーク・ロマネク
脚本 アレックス・ガーランド
製作 アンドリュー・マクドナルド
製作総指揮

アレックス・ガーランド

製作国 イギリス、アメリカ合衆国
配給 20世紀フォックス、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ

わたしを離さないで丨主な登場人物(キャスト)

出典:Yahoo!

キャシー(キャリー・マリガン)

主人公。ヘールシャム学園で育つ。トミーに惹かれている。

ルース(キーラ・ナイトレイ)

キャシーの親友。キャシーとトミーが惹かれあっているのを知りつつトミーに急接近し、付き合い始める。

トミー(アンドリュー・ガーフィールド)

ヘールシャム学園で育つ。癇癪をもっており、いじめられることもある。気にかけてくれるキャシーを大切に思っている。

 

わたしを離さないで丨ネタバレあらすじ(ストーリー解説)

出典:映画.com

『わたしを離さないで』のあらすじ(ストーリー)を結末まで分かりやすく解説しています。一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

わたしを離さないで丨あらすじ 【起】

近未来。医療技術が進歩し、世界の平均年齢は100歳を超えていました。

キャシールーストミーの3人は、全寮制のヘールシャム学園で育っていました。学園は外とは完全に隔離されており、3人やそこで暮らす他の生徒たちは、外の世界を一切知りません。

学園は緑に囲まれており、子どもたちは、「外の世界は危険」だということ、そして「喧嘩をして逃げだした子が死体で見つかった」という噂を信じて疑うことがありませんでした。

ある日、新任教師としてルーシー先生が学園に赴任してきました。

生徒たちもルーシー先生を受け入れていましたが、ルーシー先生は子どもたちに、子どもたちは臓器提供をさせられるために生かされていること、臓器提供の果てには3、4回の手術で命を終えることになるということを話しました。

キャシー達は、臓器提供をさせられるために造られたクローンだったのです。

ルーシー先生は翌日、学校をやめたと校長先生が報告しました。

癇癪もちであるトミーはいじめの対象にされていましたが、キャシーはトミーに惹かれていました。トミーもまた、自分を気にかけてくれるキャシーのことを大切に想っていました。

しかし、キャシーの親友であるルースがトミーに急接近し、その後二人は付き合い始めます。キャシーは遠くから見守ることしか出来ませんでした。

わたしを離さないで丨あらすじ 【承】

そのうち3人は18歳となり、ほかの学園の生徒たちと、コテージと呼ばれる施設で、臓器提供へ向けた共同生活を送ることになりました。

ここでは、終了センターと呼ばれる施設に移った臓器提供後の生徒を世話する「介護人」になることも選ぶことができました。

とはいえ、介護人になったからといって臓器提供を逃れることはできません。

そんな中、真実の恋をしている同士なら、臓器提供開始までの猶予期間が与えられるという噂を知ることになりました。

ヘールシャム学園では、マダムと呼ばれる人物に子ども達が作成したアート作品をみせるギャラリーという時間がありました。あれこそが、真実の恋を伝える方法なのではないかと考えます。

今もトミーを想っていたキャシーでしたが、トミーはルースと恋人同士。キャシーは二人と離れ、介護人の仕事に就くためにコテージを去ることにしました。

わたしを離さないで丨あらすじ 【転】

10年後。介護人の仕事をこなすキャシーは、提供者たちの名簿の中にルースの名前を見つけました。

すでに2回の臓器提供を行っており、次の提供で最後になるかもしれないということを知ったキャシー。心配になったキャシーは、ルースに会いに行きました。

2人は再開し、トミーに会いに行くことを提案します。

トミーとも再開を果たした3人。トミーもすでに何度か提供を行っており、かなりやつれていました。

3人は海辺へ向かいます。

そこでルースは、キャシーとトミーが惹かれあっているのを知りながらも2人の仲を引き裂いたことを謝り、マダムの住所が書かれた紙を渡しました。

2人こそが、愛し合っていることを証明して、猶予期間をもらうべきだと伝えたのです。

そして次の提供の際、ルースは「終了」したのでした。

わたしを離さないで丨あらすじ 【結末・ラスト(ネタバレ)】

キャシーとトミーは結ばれました。

マダムのもとに向かった2人は、自分たちは愛し合っていることを伝え、絵画を見せてそれを証明しようとします。

その場に現れたのはかつてのヘールシャム学園の校長。2人は校長とマダムから、猶予期間などは存在しないと告げられました。

トミーは絶望し、帰り道で泣き叫びます。キャシーも、黙って抱きしめることしかできませんでした。

やがてトミーも次の臓器提供によって死を迎え、キャシーにも臓器提供開始の通達が届きます。

ヘールシャム学園での生活を思い出し、臓器提供者と自分たちの違いとはなんなのだろうと自問し、物語は終わります。

わたしを離さないで丨見どころ

出典:映画.com

まるでドキュメンタリーのような展開

何も知らず学園で育ち、唐突に自分たちの運命を知ったキャシー達。運命から逃げ出そうとはせず、真実の愛の証明によってもらえるという猶予期間に希望を持ちます。

そんな管理しつくされた子ども時代から大人になるまでが描かれており、時には3人のリアルな青春まで描かれており、まるでドキュメンタリードラマのよう。

救われて終わるエンドではないところに、映画が終わった後深く考えさせられてしまいます。

命とは何か?現代の私たちへも響くメッセージ

誰かの命を救うために臓器提供のための人間をクローン技術を使って生み出す。

技術がどんどん進歩していく中で、こんな未来が本当にやってきてしまうのでは?とすら思ってしまうこの作品。

人が作ったクローンなら許されるのでしょうか?でも、クローンだったとしても感情ある人間には違いありません。

命とは何なのか?私たちがとるべき選択肢とはなんなのか?一つ一つのシーンで考えさせられてしまうこのテーマこそが、この映画の見どころの一つといえると思います!

わたしを離さないで丨ネタバレあらすじ、見どころのまとめ

映画『わたしを離さないで』予告編
いかがでしたでしょうか。
命について考えさせられる衝撃作。しかし、もしかすると同じ未来が近づいてきているのではないかと思ってしまう怖さがありました。
 
以上、「わたしを離さないで|ネタバレあらすじ結末は?」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました