オーシャンズ8登場人物ダニーオーシャン死亡か?キャスト含め解説。

この記事は約8分で読めます。

2018年公開のアメリカ合衆国で制作された『オーシャンズ8』。

ゲイリー・ロスが監督で主人公を演じるのは『しあわせの隠れ場所』でも有名な女優サンドラ・ブロックです。


出典:IMDb

 

 

過去に3作公開されたオーシャンズシリーズですが、オーシャンズ8ではどんなことが描かれているのか、また前作までの人物は登場するのか、いろいろと気になるところがありますよね。

 

ここでは、オーシャンズ8の気になる情報を一つずつ解説していこうと思います。

 

・ダニー・オーシャンは死んでいた?
・キャストは美人揃い!
・オーシャンズ8は人の名前が由来?

オーシャンズ8の登場人物ダニーオーシャン死亡か?


出典:IMDb

 

『オーシャンズ8』でダニー・オーシャンはすでに死んでしまっているらしいということが映画冒頭で明かされます。

デビーは本当に死んだのかダニーの死について気にかけていますが、死因が語られることはありません。

 

 

本作の主人公でダニー・オーシャンの妹のデビー・オーシャン。

かつての恋人ベッカーにはめられ、刑務所に入ったデビーが5年の刑期を終えて刑務所から出てくるというところから話が始まります。

おそらくデビーが刑務所に入っていた5年という月日でダニーが亡くなったという疑惑が生まれたのだと思います。

しかし、『オーシャンズ』全シリーズに登場するダニーの恩師ルーベンは「ダニーは山から手を引いてほしいと言っていた。」とデビーに伝えるだけでダニーの生死については明言しません。

そのためダニーが死んでいるのか生きているのかは迷宮入りです。

 

 

もしかしたらどこかで生きているかもしれない、という期待をさせてくれる演出は個人的にはダニーっぽくていいなとも思いましたが、真相は気になるところです。

 

冒頭でダニーは死んでしまっていると表記しましたが、正確には死んでいるような描写のみで実際に死んでいるかは明かされず不明ということでした。

 

実は『オーシャンズ13』の公開直後、制作のティーブン・ソダーバーグが「ジョージ・クルーニーはこの作品を最後にダニー・オーシャン役を卒業したいと言っているため『オーシャンズ14』が制作されることはないだろう。」といった趣旨の発言をしています。

私たちにダニーの死の真相が語られる日は来るのでしょうか。

 

そんなオーシャンズ8のキャストについて解説していきます。

オーシャンズ8の登場人物(キャスト)は?


出典:IMDb

 

ここでは、オーシャンズ8の登場人物(キャスト)をまとめていきます♪

オーシャンズ8の登場人物(キャスト)一覧表

登場人物名 キャスト名 吹き替え声優名
デビー・オーシャン サンドラ・ブロック 本田貴子
ルー・ミラー ケイト・ブランシェット 塩田朋子
ダフネ・クルーガー アン・ハサウェイ 甲斐田裕子
アミータ ミンディ・カリング 釘宮理恵
タミー サラ・ポールソン 園崎美恵
コンスタンス オークワフィナ 杉浦慶子
ナイン・ボール リアーナ 村中知
ローズ・ワイル ヘレナ・ボナム=カーター 高乃麗
クロード・ベッカー リチャード・アーミティッジ 大塚昭夫
ジョン・フレイジャー ジェームズ・コーデン かぬか光明
ペネロペ・スターン ダコタ・ファニング 大津愛理
ルーベン・ティシュコフ エリオット・グールド 富田耕生

 

 

続いて主要キャストについて詳しく紹介します。

デビー・オーシャン/サンドラ・ブロック(本田貴子)

 

 

伝説の強盗ダニー・オーシャンの妹。オーシャンズ8のリーダー。元恋人クロードにはめられて絵画詐欺の罪で服役するが仮出所を許される。自分をはめたクロードを恨んでいる。

 

サンドラ・ブロック:1964年7月26日生まれ。55歳。『しあわせの隠れ場所』でアカデミー賞主演女優賞受賞。愛称「サンディー」。

ルー・ミラー/ケイト・ブランシェット(塩田朋子)

 

 

デビーの元相棒。現在はバーを経営している。デビーに誘われてオーシャンズ8の一員となる。デビーの強盗計画がクロードへの復讐も兼ねていることを知り、計画に支障がないか心配している。

 

ケイト・ブランシェット:1969年5月14日生まれ。51歳。『ブルージャスミン』でアカデミー賞主演女優賞受賞。

ダフネ・クルーガー/アン・ハサウェイ(甲斐田裕子)

 

 

最も人気で影響力の強いハリウッド女優。プライドが高くわがままな一方で、情緒不安定な一面もある。ファッションの祭典メットガラのホスト。メットガラではダイヤモンドのネックレス「テューサン」を着けることになる。

 

アン・ハサウェイ:1982年11月12日生まれ。37歳。『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞助演女優賞受賞。

アミータ/ミンディ・カリング(釘宮理恵)

 

 

凄腕のジュエリー職人。経済的な理由で実家暮らしをしている。口うるさい母から結婚を急かされており、現在婚活中。

 

ミンディ・カリング:1979年6月24日生まれ。41歳。『シュガー・ラッシュ』や『怪盗グルーの月泥棒 3D』では声優も務める。

タミー/サラ・ポールソン(園崎未恵)

 

 

デビーの友人。元盗品売買のプロ。家庭に入り一児の母として平和に暮らしていたが、デビーにスカウトされ現役復帰する。優れたビジネススキルとコミュニケーション能力をもつ。

 

サラ・ポールソン:1974年12月17日生まれ。45歳。『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』でエミー賞主演女優賞ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞
 
 
以上、オーシャンズ8の登場人物(キャスト)を紹介しました!
 

いかがでしたか?

 

主役級の女優さんが多くとても豪華です。全員が揃った時の画は迫力がありそうです。

 

 

では次に、『オーシャンズ8』とは何かということについて説明します。

 

そもそも、オーシャンズ8ってなに?


出典:IMDb

 

ここでは、そもそも、オーシャンズ8ってなに?について説明します♪

 

 

結論から言うと、『オーシャンズ8』は「窃盗集団『オーシャンズ』8人ここに参上!」という意味で捉えるとしっくりくるのではないかと思います。

 

 

そもそも『オーシャンズ8』の原題は『Ocean’s Eight』です。
 
「オーシャンズ」は「Ocean’s」のカタカナ表記ということになります。
 
「Ocean」には「大洋」という意味がありますが、ここでの意味は少し違います。
 
『オーシャンズ8』は犯罪集団の窃盗を描いた映画ですが、この犯罪集団のリーダーの名前がデビー・オーシャンなのです。
 
したがって、「オーシャンズ」は「デビー・オーシャンの~」という意味です。
そしてこの犯罪組織は8人で構成されているため『オーシャンズ8』ということです。
 

 

ここでは『オーシャンズ8』を「窃盗集団『オーシャンズ』8人ここに参上!」という表現にしましたが、一つの意訳に過ぎないので人によって様々な解釈があると思います。映画を見た後で自分なりの解釈を見つけてみるのも面白そうです。

 

 

 

そもそも、オーシャンズ8ってなに?のまとめ
・「オーシャン」は「大洋」という意味ではなく主人公の名前!
・オーシャンたち8人のことを表している!
 
それでは最後に全体を通してのまとめです。

オーシャンズ8の登場人物ダニーオーシャンズ死亡か?のまとめ


出典:IMDb

 

ここまで、オーシャンズ8の登場人物ダニーオーシャンズ死亡か?について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ダニーの死について詳しく明かされることはなかったが、それらしい理由は見つかりました。

主人公はダニーの妹役でサンドラ・ブロックが演じるということでした。

 

 

ダニーの死の真相は明かされることはあるのでしょうか。

それにしても本当に豪華なキャストですね。

しかも美女揃い。

こんな美女たちの窃盗集団なんて見ているだけでワクワクします。

 

 

本作は、かっこいい女性を見たい方必見です。

気になった方は是非『オーシャンズ8』ご覧ください。

 

以上、オーシャンズ8登場人物ダニーオーシャン死亡か?キャスト含め解説。でした!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました