100日間のシンプルライフ|映画のあらすじネタバレ結末は?原作は?

『100日間のシンプルライフ』特別映像〈感想コメント〉【12月4日(金)より絶賛公開中!】

 

自分を見つめ直したい人は必見!

超ミニマム生活を送ることになった男2人の運命は、どうなるのでしょうか?

ドイツ映画「100日間のシンプルライフ」は、物にあふれた現代社会に問いかける映画となっています。

内容は、そこまで小難しいものではありません。

映画を見れば、大切な何かを思い出すでしょう。

もしも、朝目が覚めたら周りにものがなく、素っ裸になっていたらどうするでしょうか?

実話が基になった映画「100日間のシンプルライフ」のあらすじ結末と、原作についてご紹介します。

 

この記事で分かること
  • 「100日間のシンプルライフ」のあらすじ
  • 「100日間のシンプルライフ」のネタバレ結末
  • 「100日間のシンプルライフ」の原作

登場人物(キャスト)一覧

出典:映画「100日間のシンプルライフ」公式サイト

パウル・コナスキー(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)

起業家。人工知能アプリ「NANA」の開発者。スマホ中毒。限定スニーカーに弱い。

トニー・カッツ(マティアス・シュヴァイクホファー)

パウルの幼馴染で共同経営者。野心家で独善的。外見重視で育毛剤と高級スーツが手放せない。

ルーシー(ミリアム・シュタイン))

夜な夜な倉庫に現れる不思議な女性。ファッションにこだわりがある。

 

あらすじは?

出典:映画「100日間のシンプルライフ」公式サイト

真冬のベルリンは氷点下温度。氷点下の中を素っ裸で走るのは、2人の男!

素っ裸になっちゃった理由は、ほんの些細ないざこざでした。

些細ないざこざがきっかけで始まった、2人の勝負。

勝負がもたらしたのは、人生で大切なものの存在でした。

ネタバレ結末は?

出典:jorudan.co.jp

パウルの行方は、すぐに見つかりました。

パウルは油漏れの酷い車に乗車したため、油漏れが道しるべとなりました。

油を辿ったトニーは、パウルと再会。2人が納得するまで話し合います。

本音をぶつけながら。お互いの心の中を全てさらけ出しました。

そして、2人は本当に大事なもの見つけます。

かくして、100日間のシンプルライフ勝負は2人の負けで決着。

お金は、社員全員に配られることになりました。

しかし社員に配られるお金は、1ユーロもありません。

アメリカのIT実業家は、2人には無断でNANAをリリース。完全に出し抜かれてしまったのです。

パウルとトニーは、会社と社員を失ってしまいます。

本当の意味で何もかも失った2人ですが、大切なものは手元に残っていました。

トニーには、ルーシーがいます。

パウルには技術がありました。持っている技術を使い、NANAに細工を施していたのです。

 

原作は?

出典:Amazon.co.jp

原作はフィンランドのドキュメンタリー映画「365日のシンプルライフ」です。

主人公は26歳の青年ペトリ。

23歳の頃に失恋したのをきっかけに、ありとあらゆる物を購入。

物で埋め尽くされた部屋は、彼にとって天国になるはずでした。

しかし物はたくさんあるも、なぜか心は満たされていません。

ではなぜ、心が満たされないのでしょうか?

原因を探るためにペトリがやったことは、365日のシンプルライフでした。

ルールは映画「100日間のシンプルライフ」とほぼ同じ。

着ている服や下着も含めて、周りにある物は全て倉庫に預けます。

1日1つだけ倉庫から取り出し、生活するというものです。

当初は順調だったシンプルライフ。

しかし10日目から何が必要になるのか、わからなくなりました。

そして365日後、シンプルライフで得られたのは物を持つことの責任と恋人でした。

 

まとめ

『100日間のシンプルライフ』本編映像

コンビニや量販店にいけば、大抵の物は手に入ります。

生活になくてはならない物もあるでしょうが、必要のない物が売られているのも事実。

必要ないとわかっていても物を手にしてしまう理由は、心に大きな穴が開いてしまっているからかもしれません。

「100日間のシンプルライフ」は、ぽっかりと開いた穴に気づかせてくれる映画です。

 
以上、「100日間のシンプルライフ|映画のあらすじネタバレ結末は?原作は?」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました