君の膵臓をたべたい丨ネタバレあらすじラスト結末の解説!見どころも

この記事は約7分で読めます。

 

佐野よるさんの「泣ける小説」として話題になったベストセラー小説の実写映画化です。「キミスイ」の流行語を生みました。

 

僕はクラスの人気者の桜良が重い膵臓の病気にかかっていることを偶然知ってしまいます。他の誰も知らない秘密を共有し、初めはそっけない僕ですが、だんだん心を開いていきます。

 

タイトルからだけでは予想しにく映画ですが、どのようなお話なのでしょうか。

 

「君の膵臓を食べたいのネタバレあらすじラスト結末の解説!見どころも」を紹介していきます。

 

「君の膵臓をたべたい」予告

 

『君の膵臓を食べたい』作品情報

製作年 2017年
上映時間 1時間55分
ジャンル ロマンスドラマ映画
監督 月川翔
原作 吉野よる

『君の膵臓を食べたい』主な登場人物(キャスト)

出典:映画.com

僕:志賀春樹(北村匠海)

主人公です。人との関わりには興味がなく、小説を読むのが好きです。ある日、病院で山内桜良の「共病文庫」を拾います。桜良との交流を通して、人を認めることや人と関わりを持つ努力を始めます。

山内桜良(浜辺美波)

膵臓の病気をかかえる高校2年生です。僕のクラスメイトです。よく笑い、明るい、表情豊かな女の子です。僕と会ったころは余命1年になっていました。病気になったことを恨まないと決め、日記のタイトルを「闘病日記」とはせず、「共病文庫」と名付けます。病気のことは、家族と僕しか知りません。

現在の僕(小栗旬)

12年後の僕で、高校の国語教師です。母校に赴任後、図書館の蔵書整理を頼まれたことから、桜良との出来事を思い出していきます。

滝本恭子(北川景子)

桜良のクラスメイトで友達です。桜良を心配するあまり、桜良と僕が仲良くすることを警戒しています。桜良の死後、僕と友達になります。

 

 

『君の膵臓を食べたい』あらすじ解説(ネタバレあり)

一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

出典:映画.com

 

 

起:桜良の病気

僕は母校で国語の教師をしていますが、教師には向いていないと感じ、「辞職届」を机の引き出しにしまっています。

図書館で図書整理をしている時に、図書委員の生徒がいて「この図書分類表を作ったのは先生でしょ」と聞かれ、12年前の桜良の事を思い出します。

 

12年前、病院の待合室で、僕は「共病文庫」と書かれている日記を拾います。その中には「あと数年で膵臓の病気で死ぬ」と書かれていました。「それ、私の」と言われ僕が振り向くと、クラスメイトの人気者の桜良がいました。

 

ある日の放課後に僕が図書館で本の整理をしていると、桜良が来て手伝ってくれます。

桜良は、

君の膵臓を食べたい。昔の人はどこか悪いところがあると、動物のその部分を食べた。

と僕に話します。そして、他人に興味がない僕に、これを読むようにと「星の王子様」の本を貸してくれます。

僕が図書の分類を間違えている桜良にそのことを注意すると「こっちの方が宝探しみたいで楽しい」と、桜良は言います。

ひとの死はいつかわからない。ひとの1日の価値は同じ。」そして、「残りの少ない人生の手伝いをさせる」と僕に言います。

 

承:桜良からのお願い

日曜日、僕は桜良とスイ―ツ店で会います。桜良は病気の事は僕以外には話していないと明かします。僕が家に帰ると、これからも仲良くしてと桜良からメールが来ます。

 

 

桜良は、連休にどこか遠くに行こうと僕に言います。

2人は電車に乗り、桜良は「死ぬまでにやりたい事のリスト」を作ります。

桜良のやりたい事の1つの、「男の子とお泊り」をすることになり、桜良は「真実か挑戦」ゲームをやろうと提案します。

桜良は僕に、

私が死んだら膵臓食べていいよ。ひとに食べてもらうと魂がその人の中で生き続けるんだって。

と言います。

 

 

僕が登校すると、カバンの外ポケットに入れていた、桜良から借りていた本がなくなっていることに気がつきました。

転:「死ぬまでにしたい事」の最後の1つと約束

僕は桜良に来てと呼び出され、家に行くと、桜良が「やりたい事のリスト」の最後の1つの「恋人でない男の子といけないことをする」を実行すると言い、僕に抱きつきます。

僕は、「ふざけんなよ」と桜良を押し倒し、家から飛び出しました。

桜良の家の前に、学級委員長で桜良の元彼の隆弘が立っていて、何をしていたのかと僕をなぐり、僕がなくしていた「星の王子様」を投げつけます。

 

 

僕は、桜良が入院したと聞きすぐ病院にかけつけました。

桜良は僕に恭子と仲良くなれるように、僕に「僕と友達になってください」と言う練習を何度もさせます。

桜良は、自分が死んだら僕だけに共病文庫を読ませてあげると言い、2人は指切りをして約束します。

桜良は、明日退院できると僕にメールで知らせます。

次の日、僕が待ち合わせのスイ―ツ店で桜良を待っていると、桜良から自分の事をほめて欲しいとメールが来たので、どう返事をしようか迷って「君の膵臓を食べたい」と返します。ところが、桜良は来ませんでした。

結末・ラスト:突然のお別れ

僕は帰る途中、ビルの大型モニターで「通り魔に刺され、山内桜良さんが死亡。」というニュースを見て愕然とします。

僕は桜良が亡くなってしばらくしてから桜良の家に行き、そこで、共病文庫を読みます。

共病文庫には、僕の気を引こうと図書の分類をわざと間違えたことや、死ぬまでにやりたいことリスト、病気が怖かったこと、最後の一時退院が決まったこと、そして最後に「今日は体調がよくて今から行くぞ」ということが書かれてありました。

僕は号泣しました。

12年経った現在、恭子とクラスメイトだった一晴との結婚式の招待状を受け取っていた僕ですが、ずっと返事を出せずにいました。

図書館では、生徒が図書カードを見つけたと、僕に見せました。そこにはスマイルが書かれていて、僕は桜良からのメッセージだと気づきました。僕はいそいで書庫を探して桜良の「星の王子様」の本を見つけます。その本の中には、僕と恭子への2通の手紙がありました。

そのころ、結婚式場では恭子が準備をしていました。

急いで結婚式場に向かった僕は、恭子宛ての手紙を渡します。その手紙には「私のなかよし君と仲良くして」と書いてありました。僕は「僕と友達になってください」と恭子にお願いし、恭子は「はい」と答えて泣きました。

僕への手紙には、僕がやっと手紙をみつけたこと、桜良が誰とも関わらず1人でいる僕に憧れていたこと、僕がたくさんの人と心を通わせて欲しいこと、桜良の分まで生きること、そして、「私はやっぱり、君の膵臓を食べたい」とかいてありました。

僕は辞職届を破ります。

『君の膵臓を食べたい』見どころ解説

出典:映画.com

僕の変化。最後には感動!

天真爛漫で明るく、クラスの人気者の桜良と関わることになり、人嫌いで人と関わることが苦手だった僕が、だんだん他人にも心を開いていくようになります。

最後には、たくさんの人と心を通わせようと、辞職届を破ります。そんな僕の変化が面白いです。

実は、私は初め桜良が苦手でした。しかし、桜良は純粋で一所懸命に生きていることがわかるようになり、私も僕と同じように、惹かれていくようになっていました。

最後にはあの手紙に感動し、私も人生を悔いのないように生きていきたいと、思いました。

衝撃の結末!

桜良は病気で亡くなるんだと疑わなかったのですが、まさかの通り魔でした。これにはすごい衝撃を受けました。

病気とは関係なく死んでしまうなんて、本当に人生何が起こるかわかりません。

 

不思議なタイトルの意味

映画を観終わると、初めのタイトルの意味・イメージはがらっと変わります。

お互い相手の事をかけがえのない存在だと気づいていきます。桜良は僕のことが憧れだったし、僕は桜良の明るい性格に惹かれていきます。そのお互いの表現の言葉が「君の膵臓を食べたい」になっていきます。

 

『君の膵臓を食べたい』まとめ

映画 「君の膵臓をたべたい」 歌 「Mr. Children – 祈り ~ 涙の軌道」
 
 
 
初めはあまり期待していなかった映画でしたが、裏切られました。とても面白く、気づかされることがたくさんありました。
 
桜良の言葉はとても素敵でした。
私が一番好きな言葉は、
 1日の価値はみな同じ
です。
 
死期が迫っていても、今生きていることが大切なのだと思います。今日を充実して生きていくために、もし明日死ぬとわかっていたとしても夢を持ちたいと思いました。
 
 
以上、「君の膵臓を食べたいのネタバレあらすじラスト結末の解説!見どころも」についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] 関連記事まとめ 君の膵臓を食べたいのネタバレあらすじラスト結末の解説!見どころも…s… https://sabostudio.jp/archives/8166sabostudio.jp https://sabostudio.jp/archives/7948sabostudio.jp […]

  2. […] 君の膵臓をたべたい丨ネタバレあらすじラスト結末の解説!見どころも…s… […]

  3. […] 君の膵臓をたべたい丨ネタバレあらすじラスト結末の解説!見どころも…s… […]

タイトルとURLをコピーしました