望み|映画の結末ネタバレあらすじは?堤真一、石田ゆりこ出演!

出典:映画.com
この記事は約7分で読めます。

 

「クローズド・ノート」「検察側の罪人」などで知られる雫井脩介の小説を原作にしたサスペンスドラマ。

幸せな生活を送っていたはずの夫婦が、息子が殺人事件への関与を疑われたことで家族が窮地に立たされていく
堤真一さん、石田ゆり子さんが主演を務める。

 

ある殺人事件により、息子が被害者なのか、加害者なのか葛藤する夫婦の姿を描いた本作品ですが、その結末が大変気になります。

 

そんな本作品のネタバレあらすじ、見どころ、みんなの評価を紹介したいと思います。

 

この記事で分かること

・息子が殺人事件に関与したことで葛藤する夫婦の結末。

・豪華キャストの演技に注目。

・葛藤する夫婦に共感。考えさせられる作品になっています。

望み丨予告動画

『望み』特報予告

望み丨作品情報

タイトル 望み
日本公開日 2020年10月09日
上映時間 108分
ジャンル サスペンス
監督 堤幸彦
脚本 奥寺佐渡子
製作 堀内大示、楮本昌裕、松木圭市、鈴木一夫、飯田雅裕、五十嵐淳之
製作国 日本
配給 KADOKAWA

望み丨主な登場人物(キャスト)

出典:映画.com

石川一登(堤真一)

一級建築士。自分で設計した家に暮らしている。息子の無実を信じて苦悩する。

石川貴代美(石田ゆり子)

一登の妻で、規士と雅の母。フリーの校正者。息子の行方を心配している。

石川規士(岡田健史)

高校一年生。怪我を負い、サッカー部を退部。事件に関与している可能性があるとして、殺人犯の疑いをかけられている。殺人事件が発生した時期に行方が分からなくなっている。

石川雅(清原果耶)

中学三年生。一流の学校を目指して勉強に励んでいる。

 

望み丨ネタバレあらすじ(ストーリー解説)

出典:映画.com

望みのあらすじ(ストーリー)を結末まで分かりやすく解説しています。一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

あらすじ 【起】

一級建築士の石川一登と妻・貴代美、息子・規士、高校受験を控えた娘・雅と、穏やかに暮らしていました。規士は、サッカーを怪我であきらめてから夜遊びが増えていました。

一登は、規士に将来のために努力するように諭しましたが、無口な規士の反応はありません。貴代美は規士の優しさ、誠実さを信じ、静かに見守っていました。

しかしある日、貴代美は規士の部屋から、切り出しナイフのパッケージを見つけ、一登に相談します。規士がそれを高校で使うこともないし、部屋で何かを作っている様子もありません。ナイフは、机の引き出しの中にありました。規士に友人関係などを質問しても、はっきりと答えず、自分の部屋に閉じこもってしまいました。

 

あらすじ 【承】

それから少し経った土曜の夜に規士は出かけ、次の日の昼になっても帰ってきませんでした。貴代美は心配になり、規士にメールを送ると、規士から「悪いけど、いろいろあってまだ帰れない。でも、心配しなくていいから。またメールする」と返信がありました。電話をかけますが規士は出ず、留守番電話になってしまいます。雅が帰ってきたため、規士に連絡するよう頼むと、メールの返事がなく、電話をしても電源を切っていることを雅から告げられます。

一登は、規士のことを放っておくように言います。

 

あらすじ 【転】

3人で外食へ向かう途中、パトカーのサイレンが鳴っていました。数名の少年が車から逃げ出し、トランクから10代の少年の遺体が発見された事件があったことを知ります。

規士との関連を心配した一登は警察署に電話をし、息子が昨晩から帰ってきていないことを相談しますが、警察はすぐに動けないため、少し様子を見てはどうかとアドバイスされます。

翌朝、新聞に被害者の身元が載っており、高校一年生の倉橋与志彦という人物でした。規士が被害者ではなかったことに安心しますが、「ヨシヒコ」という言葉を規士の電話で聞いたと雅が言うので、貴代美は不安になります。

 

あらすじ 【結末・ラスト(ネタバレ)】

一登はマスコミに追われ、疲れきっていきました。おまけに得意先の高山建設の社長の高山から、事件を理由に仕事は受けられないと通告されてしまいます。
なぜなら被害者の倉橋与志彦は、左官業者・花塚塗装の社長の孫だからです。
一登が設計した家のほとんどは、高山建設、花塚塗装に任せたものになり、両社に仕事を引き受けてもらえなくなると一登の仕事は進みません。
そんな中、規士は死体となって発見されます。
そこで事件の発端となった事情、犯人、規士との関係性などを聞きました。
つまり規士は倉橋与志彦殺害の犯人などではなかったのです。
規士の葬儀が終わったあと、宮崎という人物が挨拶してきました。
宮崎の話によると、事件の一週間ほど前、規士は宮崎のもとを訪れ、選手としては
諦めたが、リハビリの専門家になりたいと告げたそうです。
一登は規士に「やりたいことを探せ」と言ったことを思い出します。
何の反応を示さなかった規士でしたが、その言葉は確かに届いていました。
フリージャーナリストに加害者への怒りを尋ねられた貴代美でしたが、怒りはないとし、規士が加害者だったらと考えると息子に助けられたと語るのでした。

 

望み丨見どころ

出典:映画.com

息子が事件に巻き込まれた夫婦の葛藤はいかに?

事件に巻き込まれてしまった息子に対する夫婦の考えの違いに注目。息子が殺人事件の被害者なのか、加害者なのかという心の葛藤がよく表現されています。息子の無実を信じる父親と加害者でもいいから生きていてほしいという願う母親との衝突。究極の2択を突きつけられた家族は、どのような結末を迎えるのか見どころです。

 

キャストが豪華

石川一登役で堤真一さん、貴代美役で石田ゆり子さん、規士役で岡田健史さん、雅役で清原果耶さん、寺沼役で加藤雅也さん、扶美子役で市毛良枝さん、内藤役で松田翔太さん、高山役で竜雷太さんが出演するなど豪華キャストの演技に注目です。

 

望み丨感想・評価

出典:映画.com

石田ゆり子さん名演技!!!

石田ゆり子さんの演技がよかったようです。母親の葛藤する気持ちがよく表れていたようです。

自分の子供を信じれますか???

この映画を通して自分の子供を本当に信じれるのか考えさせられる作品になっているようです。

 

待つのって苦しい。。。

自分の子供が加害者なのか、被害者なのか葛藤する時間は流れが遅く、心が揺れる作品になっているようです。

 

望み丨ネタバレあらすじ、見どころ、感想・評価のまとめ

『望み』本予告

 

幸せな生活を送っていたはずの夫婦が、息子の殺人事件への関与を疑われたことで家族が窮地に立たされていきます。
 
堤真一さん、石田ゆり子さんが主演を務める本作品ですが、葛藤する夫婦に見ている人も共感し、一緒に葛藤する作品になっています。
 
また、共演されている方も豪華なキャストで見どころの1つになっています。
結末を迎えるにあたり、安堵なのか、落胆なのかを何とも言えない最後となっています。
 
 
以上、「望み|映画の結末ネタバレあらすじは?堤真一、石田ゆりこ出演!」についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメント

  1. […] 望み|映画の結末ネタバレあらすじは?堤真一、石田ゆりこ出演!…sabostu… […]

タイトルとURLをコピーしました