エアポート’75|映画はパロディ?『大空港』の続編?

出典:amazon
この記事は約5分で読めます。

 

小型飛行機との衝突によって操縦不能になってしまった大型旅客機の恐怖と決死の救出劇を描いた1974年に制作された航空パニック映画。

主演はチャールトン・ヘストン、監督はジャック・スマイト。

本作品が続編映画になっているって知ってました?
また、本作品の内容がネタとして使われているパロディ映画が存在するって知ってました?

 

そんな映画『エアポート’75』についてのパロディ映画の存在、本作品が続編となった作品について紹介していきたいと思います。

 

この記事で分かること

・映画『エアポート’75』の作品情報

・映画『エアポート’75』題材にしたパロディ映画は存在するの?

・映画『エアポート’75』は、映画『大空港』の続編って知ってました?

エアポート’75|パロディ?

出典:IMDb

映画『エアポート’75』の作品情報

タイトル エアポート’75
原題 Airport 1975
日本公開日 年月日
上映時間 107分
ジャンル 航空パニック映画
監督 ジャック・スマイト
脚本 ドン・インガルス
製作 ウイリアム・フライ
製作総指揮 ジェニングス・ラング
製作国 アメリカ合衆国
配給 ユニバーサル映画
キャスト アラン・マードック(チャールトン・ヘストン)
ナンシー・プライア(カレン・ブラック)
スティシー(エフレム・ジンバリスト・Jr)
ヘレン・パトローニ(スーザン・クラーク)
シスター・ルース (ヘレン・レディ)

映画『エアポート’75』のあらすじ

409便はロサンゼルスへ向かう予定だったが、濃霧のためソルトレイクシティへ向け着陸の態勢に入った。

その時に心臓発作で操縦士を失った自家用ビーチクラフト機が409便の機首に衝突し、操縦室の一部が大破。ユリアス副操縦士(ロイ・シネス)は機外へ放り出され、航空機関士のジュリオ(エリック・エストラーダ)は即死、スティシー機長は重傷を負った。

操縦士たちを失った409便は、ナンシーの手に委ねられた。事態を知った副社長のパトローニ(ジョージ・ケネディ)は、ナンシーの恋人で元747機の教官だったマードック(チャールトン・ヘストン)と共に、120人の乗客乗員を救うべく作戦を立てる。

 

パロディ映画の存在は?

『ケンタッキー・フライド・ムービー』で注目を集め、近年では『裸の銃を持つ男』などを手掛け、コメディ界に君臨し続けるトリオ“ZAZ”が、食中毒の発生したジェット機内のパニックをパロディ満載で描いたコメディ映画に『フライングハイ』という作品があります。

その作品の中で『JAWS/ジョーズ』に始まり『エアポート’75』など数々の作品がネタとして使われております。

 

エアポート’75|『大空港』の続編だった?

出典:IMDb

映画「大空港」(1970)の続編。。。

本作品の映画『エアポート’75』は、映画『大空港』(1970)の続編となっておりますが、前作では、人間ドラマを重点に置いていた作品となっておりますが、本作品ではジャンボ機の救出劇が中心に描かれた内容の作品となっています。

1970年代のパニック映画ブームを形作った重要な作品の一つとなっていることには間違いありません。

 

実は、『大空港』の原作者は、続編を考えてなかった。。。

映画『大空港』の原作者であるアーサー・ヘイリーは、続編が作られることなど思ってもいませんでしたが、『大空港』が映画化された際の契約書を再度確認したところ、続編の制作が可能な契約となっていたそうです。

したがって、ストーリーにヘイリーは全く関与しておらず、本作品は、映画オリジナルの内容となっているようです。

 

前作とは舞台も登場人物も異なっていた。。。

続編といっても、舞台となる空港も登場人物もまったく異なっており、ただ一人ジョージ・ケネディ演ずるジョー・パトローニのみが前作に引き続いて登場しているのみでした。

 

エアポート’75丨まとめ

小型飛行機との衝突によって操縦不能になってしまった大型旅客機の恐怖と決死の救出劇を描いた航空パニック映画である本作品ですが、パロディ映画の題材に使われており、映画『フライングハイ』という作品の中でネタとして使われておりました

また、本作品の映画『エアポート’75』は、映画『大空港』(1970)の続編映画となっておりますが、舞台となる空港も登場人物もまったく異なっている作品となっており、かつ、『大空港』の原作者であるアーサー・ヘイリーは、続編が作られることなどまったく考えていなかったため、映画『エアポート’75』は、完全な映画オリジナルの内容となっております。

唯一、ジョージ・ケネディ演ずるジョー・パトローニが前作に引き続いて登場しているのみとなっています。

映画『エアポート’75』に続いて、映画『大空港』、映画『フライングハイ』も見たくなってしまいました。

 

以上、「エアポート’75|映画はパロディ?『大空港』の続編?」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] エアポート'75|映画はパロディ?『大空港』の続編?…sabostudio.jp Airport 1975 Official Trailer #1 – Charlton Heston Movie (1974) […]

タイトルとURLをコピーしました