映画ぐらんぶる丨VAMOSダンスの曲(音楽)とは?歌手は誰?

この記事は約8分で読めます。

 

主人公・北原伊織(竜星涼)は、友情に恋にと、憧れのキラキラキャンパスライフを夢みる男子大学生。

離島の大学に進学したことをきっかけに引っ越し、叔父の古手川登志夫が営むダイビングショップ「GRAND BLUE(グランブルー)」に下宿することに。

 

しかしオリエンテーションの日の朝目覚めると、

なぜか大学の講堂前で真っ裸。記憶もなくなっていたのです!

 

混乱する中、同じく全裸のアニメオタク・今村耕平(犬飼貴丈)と出会い、二人で記憶を遡ると、インカレサークル「Peek a Boo(ピーカブー)」にたどり着きます。

 

そこは、屈強で筋肉質な暑苦しい男だらけのダイビングサークルでした。

お酒が大好きで、謎の「VAMOSダンス」を踊る彼ら。

 

そして北原たちは、自分たちがピーカブーに入部していたことに気づくのです。

一体彼らのキャンパスライフはどうなってしまうのか――――?!

 

 

大人気ダイビング漫画の『ぐらんぶる』を実写化。
今話題の若手俳優陣が織りなす、ほぼ”裸”の超ハイテンション青春コメディです!

 

2008年に『ハンサム☆スーツ』でデビューした英勉監督が手掛け、人気ドラマの脚本も多く担当する宇田学さんが脚本を務めます。

 

2020年8月7日(金)から公開しており、現在大ヒット上映中です!

 

今回は、劇中で登場する「VAMOSダンス」について、曲や振付、歌手は誰なのか?SNSの反応などについて詳しく見ていきます!

是非、最後までご覧ください。

 

 

映画『ぐらんぶる』予告 2020年8月7日(金)公開

『ぐらんぶる』VAMOSダンスの曲(音楽)とは?

VAMOSダンスの曲名は?

 

Bebe!Bebe!とノリノリの音楽で始まるVAMOSダンス。

曲名については、エンドロールにて「VAMOS」と表記されているものの、現時点で音源の発表等はされていません。

 

今後、実写版『ぐらんぶる』のサウンドトラックやDVDが発売されれば、曲名や歌詞などもチェックすることができます。

続報を楽しみに待ちましょう!

 

VAMOSダンスの曲は誰の音楽?

 

一度聴いたら耳に残るメロディで、思わずマネして踊りたくなってしまう「VAMOS」を作曲したのは、

音楽プロデュースユニット「THE SIGNALIGHTS(ザ・シグナルライツ)」Akira SunsetさんとAPAZZIさんです!

 

お二人はこれまで数多くのアーティストに楽曲提供をしており、

古手川千紗役で出演している与田祐希さん所属の乃木坂46の楽曲にも、作曲や編曲などで携わっています。

共同制作した乃木坂46のシングル「今、話したい誰かがいる」は、

年間オリコントップ10入りを果たすなど、ファンの中でもおなじみな様子。

 

AkiraさんとAPAZZIさんが作曲していると聞いて映画の良さをさらに感じた方も多いのではないでしょうか。

 

VAMOSの意味は?

 

一番重要な「VAMOS」の意味ですが、

VAMOSはスペイン語・ポルトガル語で「行こう」という意味で、英語圏でもよく使われている単語です。

英語の「Let’s go」や「Come on」といった言葉と同じような意味になります。

 

サッカーの試合中などでも声援で「Vamos!」と使われることがよくあるので、サッカーファンの方であれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

普通に「Let’s go」と言うよりも勢いがあり、

「さあ行くぞ!」という気持ちになりますよね。

夏の海辺で青春を駆け抜ける、『ぐらんぶる』のイメージにぴったりです!

 

VAMOSダンスとは?

竜星涼&犬飼貴丈が悲鳴!イカれた高嶋政宏が迫り来る…禁断の映像解禁! 映画『ぐらんぶる』本編映像

 

そもそも「VAMOSダンス」とは、

マッチョな先輩が多数在籍する劇中のインカレサークル「ピーカブー」の飲み会で、恒例となっている踊りのことです。

 

ダイビングとお酒をこよなく愛するマッチョたちは、毎晩飲み、毎晩踊り、主人公である北原や今村を巻き込んでいきます。

 

本編映像では、北原・今村がマッチョな先輩たちから逃れようとしていたとき

北原の叔父である古手川登志夫が現れて突然服を脱ぎ、「VAMOSダンス」を踊りだすという、なんとも衝撃的な場面が。

 

踊り出した登志夫に北原も今村も「キャーーーー!!」と悲鳴を上げています。

まさに”禁断”の映像ですね。

 

VAMOSダンスの振付担当は?

 

ニュージーランドの民族舞踊であるハカにも似た「VAMOS」ダンスの踊り出しは、

海パン一丁の男たちをさらに男らしく見せる力強い動きが特徴です。

初心者でも簡単に覚えられる踊りで、見ているだけで楽しい気持ちになります!

 

「VAMOS」ダンスの振付を担当したのは、

アメリカ・ロサンゼルスに拠点を置くRHYTHM&MAYAさんです。

 

お二人は海外アーティストの振付やバックダンサー、専属ダンサーを務めており、

ウィル・スミスやグエンステファニーなど、名だたる海外アーティストと活動した経験を持っています。

 

公式ツイッターでは、主演を務める竜星涼さんと犬飼貴丈さんの「VAMOSダンス」に合わせて

RHYTHMさんらダンスチームの皆さんによる振付解説が付いた動画がアップされています!

是非『ぐらんぶる』のノリを思い出しながら、一緒に踊ってみてはいかがでしょうか?

 

 

では次に、そんな映画を盛り上げてくれる「VAMOSダンス」に対してのSNSでの反応をまとめていきたいと思います!

 

『ぐらんぶる』VAMOSダンスの曲に対するSNSでの反応は?

出典:映画.com

 

『ぐらんぶる』は井上堅二原作・吉岡公威作画の漫画です。

スキューバダイビングを題材にした漫画はあまりありませんが、

2020年8月現在の時点で15巻発売されており、累計発行部数は440万部越えを記録する大人気コミックスとなっています!

 

「VAMOSダンス」は原作にはない演出なので、原作ファンの方の感想も交えながらまとめていきます!

 

曲への反応は?

何度でも聴きたくなる曲。早くサウンドトラックが出てほしいですね!

 

「VAMOS」に似ている洋楽もあるようです。終わった後にはどうしても聴きたくなってしまう曲ですね!

 

原作ファンの反応は?

「VAMOS」も新しい要素として受け入れられているようです!

 

期待以上の実写化との声も!原作にもVAMOSがあったのではと思うほど。

 

映画『ぐらんぶる』VAMOSダンスの曲に関する口コミまとめ

・ハマる!何度でも聴きたくなる。
・頭から離れない!踊りたくなる!
・原作以上の出来!VAMOSがあってより面白い

 

 

『ぐらんぶる』VAMOSダンスの曲(音楽)とは?歌手は誰?のまとめ

映画『ぐらんぶる』夏の欲望オールイン動画 2020年8月7日(金)公開

 

スキューバダイビングよりも、お酒を飲むシーンの方が多いとも言われる今作。

 

英勉監督は撮影後のインタビューで、

 

「男子ってバカねっ」て映画を作ろうと思ったんですが、

「男子ってバカ!ほんとバカ!クズ!」って映画になっちゃいました。

 

と語っています。

色んな意味で、ハジけた作品なのかもしれませんね!

 

是非『ぐらんぶる』で笑って、「VAMOSダンス」を踊って、夏を満喫してみてはいかがでしょうか?

 

以上、映画ぐらんぶる丨VAMOSダンスの曲(音楽)とは?歌手は誰?」についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] 映画ぐらんぶる丨VAMOSダンスの曲(音楽)とは?歌手は誰?…sabostudio.jp https://sabostudio.jp/archives/7716sabostudio.jp 映画『ぐらんぶる』予告 […]

  2. […] 映画ぐらんぶる丨VAMOSダンスの曲(音楽)とは?歌手は誰?…sabostudio.jp […]

タイトルとURLをコピーしました