ハリー・ポッターとアズカバンの囚人|映画はつまらない?面白い?理由は?

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人ファンタジー
出典:IMDb
ファンタジー 未分類 洋画
この記事は約5分で読めます。

 

2002年に公開された、ハリーポッターシリーズ第三作目の『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』。

ホグワーツ魔法学校の3年生になったハリーは、今作ではアズカバンの囚人であったシリウス・ブラックと自分の関係や、シリウスと自身の父親ジェームズ・ポッターの関係も知ることとなり、闇の魔術から身を守るための魔法を特訓するなど、シリーズを通して、今作は特にハリーの今後につながる重要な変化点ともなっています。

そんな『アズカバンの囚人』は原作小説では特に人気のストーリーとなっており、原作ファンもそんな映画化にとても期待が集まっていました!

今回は、映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』は面白いのか?つまらないのか?についてそれぞれの意見をご紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」つまらない理由は?
  • 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」面白い理由は?
  • 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」つまらない?面白い?理由まとめ
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban Official Trailer #1 – (2004) HD

 

つまらない理由は?

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

出典:IMDb

第1作目・2作目との演出の違いに違和感?

・シリーズで毎回楽しみにしていたクィディッチの演出が減ってしまい残念だった

・映画が暗い!

・後半に話が詰め込まれすぎてわかりにくかった

 

1・2作目はクリン・コロンバス監督でしたが、今作からはアルフォンソ・キュアロン監督に交代しており、映画自体の雰囲気が変わったのを違和感に感じた方が多かったようです。

登場する人物たちの見せ方やキャラクターの性格など、前作とは異なる印象を受けたという人も。

監督の作品の表現の違いが現れたということでしょうか。

また、今作からだんだんとストーリーにダークな面が含まれて行きますが、その演出のためか、そもそもの画面自体が暗くて見にくかった!という意見が見られました。

ホグワーツといえば華やかな食堂やにぎやかな校舎を思い浮かべますが、今作ではホグワーツ以外の場所に行くシーンが多くありましたので、余計に暗さを感じてしまったのかもしれませんね。

また、後半では序盤からの伏線をハーマイオニーが持つ逆転時計によって一気に回収していきますから、複雑な展開になってしまったといえます。

原作との違いにガッカリ!

・原作の設定が省略されているところが多々ありガッカリ。

・そこを省略するなら前半カットしてほしいシーンがいくつもある!

 

原作の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は上下巻となっており、細かいながらもハリーやその父親たちの関係性など様々なストーリーが盛り込まれていました。

しかしながら、映画では尺の問題もあって省略された設定も多々。つまらない派の方の意見としては、原作ファンの期待にかなわなかったというものが全体的に多かったように思います。

特に憤慨されていたのは、重要なアイテムである『忍びの地図』の設定。原作では、ハリーの父親ジェームズ、シリウス、ルーピン、ピーターが作ったもの、という設定でした!

その他にも父たちの友情を知れるエピソードがいくつか省略されてしまっていました。

細かな設定がハリーの世界やルーツを深めているというだけあって、確かに原作ファンの方としては残念なカットと言えそうです・・・。

面白い理由は?

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

出典:IMDb

濃密なストーリー!

・シリウスやルーピンが悪と思いきや、ずっと傍に本当の悪人がいたなんて!

・時間をさかのぼる展開もあり、盛りだくさん

・大どんでん返しに興奮!

やはり面白かった派の意見としては、そのストーリー展開に大興奮だったというものが多く感じました!

敵だと思いきやルーピンもシリウスも実は味方で、本当の敵はスキャバーズとして生きていたピーターだったという、予想もつかない衝撃の展開も見ごたえ抜群と評価されていました。

シリウスの存在は今後のハリーにとっても大切な存在になりますし、今作で闇の魔術に対する防衛術を学び始まったハリーの成長を感じることもできましたから、やはりシリーズの中でも重要な作品であることがわかりますね!

 

作者が作品にこめた思いを感じた!

・無実だったヒッポグリフや狼人間など、実は置き換えれば現実世界で起きている差別と同じことだなと気が付けた。

作者のJKローリングは、実際に起きている差別などに対する偏見などを反映させたと語っています。ハリー達は無実を信じ、受け入れましたが、そこに作者がこめたかった思いを感じることが出来た人も沢山いたようです。

 

まとめ

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban Official Trailer #1 – (2004) HD

 

いかがでしたでしょうか。ハリーポッターシリーズの中でも特に人気と言える『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のつまらなかった派・面白かった派のそれぞれの意見についてまとめてきました。

ストーリーにはかなりの高評価がありつつも、原作ファンからの「つまらなかった(=もっと細かく設定を反映させてほしかった)」という意見が多かったのも印象的でしたね。

気になる方は、原作と映画、どちらもご覧になることをおすすめします!

 

以上、(ハリー・ポッターとアズカバンの囚人|映画はつまらない?面白い?理由は?)についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました