ホテルローヤル|原作のネタバレ結末|映画のあらすじは?

ドラマ
出典:映画.com
ドラマ 邦画
この記事は約8分で読めます。

 

映画「ホテルローヤル」は2020年11月13日より劇場公開しています。

キャストは主演が波瑠さん、松山ケンイチさん、安田顕さんら。武正晴監督は『百円の恋』『全裸監督』の映画で有名な監督です。この映画は北海道の釧路が舞台となっています。湿原を背に佇むラブホテル経営者の一人娘である雅代からみた人間模様を描いています。

今回は、斬新な切り口の映画「ホテルローヤル」のあらすじと原作について紹介します。一部ネタバレ要素を含みますのでご了承ください。

 

この記事で分かること
  • 登場人物一覧
  • あらすじについて
  • 原作について

予告動画

登場人物(キャスト)一覧

出典:映画.com

田中雅代(波瑠)

ホテルローヤルの一人娘。雅代はラブホテルの娘であることに何かと引け目を感じていた。美術大学を目指すが受験に失敗してしまい、渋々家業を手伝うことになってしまう。

宮川聡史(松山ケンイチ)

アダルトグッズの製造販売業者の営業マンなことから、”えっち屋さん”と呼ばれている。性格は温和、既婚者で妻の言いつけも守っている。

田中大吉(安田顕)

雅代の父親で、ホテルローヤルを経営している。

 

映画のあらすじは?

出典:映画.com

あらすじ 【起】

物語は廃墟になったホテルローヤルから始まる。

一組のカップルである元ホッケー選手だった貴史(丞威)と美幸(冨手麻妙)。現在のこのホテルを訪れる。

最近カメラにハマっている貴史は、素人が撮った裸の写真を掲載する雑誌に投稿するため、美幸を被写体に夢中でシャッターを切る。

主人公の田中雅代(波瑠)は廃墟になったホテルローヤルを車の中から眺めていた。

あらすじ 【承】

雅代の車とすれ違う車…そこに乗っていたのは若き日の父と母の姿だった。時代はホテルローヤル開業当初に遡る。

雅代の父・田中大吉(安田顕)と母・るり子(夏川結衣)は、北海道釧路湿原の高台の地で、ラブホテルの経営者となった。若き日の大吉には夢があり、このホテルを「ホテルローヤル」と名付けた。

このホテルには非日常を求めて様々なカップルが訪れていた。そんな中一人娘の雅代は誕生し、成長していく。雅代は美大を目指すが受験に失敗してしまい、渋々ホテル経営を手伝うことに。アダルトグッズ会社の営業、宮川聡史(松山ケンイチへの恋心を胸に秘めながら、黙々と仕事をこなす日々を送っていた。

あらすじ 【転】

淡々とした日々の中、ある日一組のカップルにより心中事件が起こる。

この事件は連日マスコミの標的にされてしまう。それでもホテル経営は、1ヶ月ほどは週刊誌や写真雑誌の記者が「3号室(事件現場)」を訪れて持ち堪えていた。だが事件は風化してく中で、風評被害は残ってしまい、その後ホテルは客足が途絶えていく。

経営状態は悪化していき、ホテルローヤルの経営者である大吉が病を患い倒れてしまう。

自分がこのホテルの経営者になるなんて考えもしていなかった雅代だったが、父に代わって経営者となることを決意する。

このホテルを通して自分の人生とも向き合い始める雅代はどんな運命を辿るのか…。

 

原作はある?

出典:『ホテルローヤル』公式サイト

映画と同名小説『ホテルローヤル』が原作

著者は桜木柴乃さんです。この小説は第149回直木賞を受賞しています。

北海道釧路市の出身の桜木さん。自身が15歳の時に実家は釧路の町でラブホテルを開業しており、彼女も部屋の掃除などを手伝っていたそうです。

自身の経験がこの小説の主人公である田中雅代に投影されています。

また、桜木柴乃さんの小説『家族じまい』は、『ホテルローヤル』のその後を書いたと言われる小説です。『家族じまい』も第15回中央公論文芸賞受賞作品です。

 

原作のネタバレ結末は?

原作小説は短編ストーリー

原作小説の『ホテルローヤル』は短編ストーリーで構成されています。簡単にあらすじを紹介します。

小説『ホテルローヤル』のあらすじ(ストーリー)を結末まで分かりやすく解説しています。一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

第一話 【シャッターチャンス】

廃墟となったラブホテル現在の『ホテルローヤル』。ここを訪れた一組のカップルの物語。

元ホッケーのスター選手で怪我をして引退した木内貴史と、事務職の加賀屋美幸。カメラマンを目指す貴史から投稿ヌードの写真の撮影に誘われた美幸。

挫折の経験から新たな夢に酔いしれる貴史と、気乗りしないままの美幸。

二人の差がどんどん浮き彫りになる中、シャッター音だけが部屋に響いている。

第二話 【本日開店】

歓楽寺に嫁いだ設楽幹子の物語。

設楽幹子は歓楽寺に嫁入りし、檀家から十年に渡ってお布施をもらっていた。その見返りに一月に一度、肉体関係を持っていた。初めはただの奉仕のつもりだったが、佐野敏夫に代替わりをし、いつしか女性としての悦びを感じ始める。ある日、幹子は檀家の一人からホテルローヤルの社長が『本日開店』という言葉を遺して亡くなったことを聞かされ、引き取り手のない遺骨を託されることに…。

第三話 【えっち屋】

ホテルローヤルは廃業に追い込まれ、雅代はホテルの残務を処理することに。『えっち屋』と呼ばれるアダルト玩具販売の会社の営業・宮川聡史が、ホテルの備品を引き取りにくることから始まる物語。

宮川は妻には玩具を使ったことのないほど真面目な男である。

宮川に恋心を持つ雅代は、自分の新たな旅立ちに宮川を心中事件のあった「3号室(事件現場)」に連れ出す。

第四話 【バブルバス】

ホテルを訪れる夫婦の物語。

本間恵と夫の真一はこの日墓参りに向かった。だが住職に予定を忘れられ、財布から出る予定だった五千円が手元に残った。恵は帰る途中ホテルローヤルを見つける。恵は意を決してあそこに行こうと真一に提案する。お金に余裕のない恵たちにとって五千円が決して安い金額ではない。夫婦はホテルでの非日常を過ごすことで絆を深める。

第五話 【せんせぇ】

あることからホテルに入ってしまう高校教師と生徒の物語。

野島広之は高校の教師。ある日、妻の里沙が上司と関係を持っていることを知り、野島は複雑な心境の中にいた。そんな中、クラスの生徒・佐倉まりあに声を掛けられ、同じ電車に乗って道中を共にすることに。まりあは会話の中で、その甘ったるい声からは想像できないほどの壮絶なことを語りだす。ひょんなことから二人はホテルに入ることに…。

第六話 【星を見ていた】

ホテルで清掃員として働く女性の物語。

10歳年下で無職の夫を持ち、それでも慎ましく生きる山田ミコ。ある日、遠くで暮らす息子が殺人遺棄の疑いで逮捕されたと聞かされる。己を見失ったミコは帰り道に林の中へと入り込み、切り株に座り、ただただ星を見続けていた。ミコは探しに来た夫に何をしてたの?と聞かれ、「星をみてた」と答え、夫は「そうか」と答え、二人は家に帰っていく。

第七話 【ギフト】

若き日の雅代の父と母の物語。

第二話【本日開店】で亡くなった田中大吉が、ホテルローヤルを開業するまでのエピソード。

まだ雅代は誕生しておらず、若かりし頃の大吉とるり子には夢がありホテルローヤルの開業を決めた。

小説では現在の廃墟になったホテルローヤルから始まり、昔の時代へと遡っていく展開となっています。

映画と原作には違いがある

原作では『ホテルローヤル』を背景に物語がそれぞれ別れており、その内容は一話ずつ完結しています。また第一話は現在、第七話でホテルの開業時と時系列を遡って描かれています。

一方の映画では、『ホテルローヤル』を舞台の中心に、ここを訪れる登場人物のそれぞれのストーリーが描かれています。映画の結末でそれぞれの物語が重なり合っていきます。

原作と映画では時系列が違っています。映画のオリジナルストーリーもあるため、原作と映画ではラストも違っているようです。

内容はほぼ同じですが、小説と映画はそれぞれ違った作品として楽しめます。

 

まとめ

映画「ホテルローヤル」は、直木賞作家の桜木柴乃さんの『ホテルローヤル』が原作です。
非日常を求めホテルローヤルを訪れるカップルや、このホテルを開業した父の想いなど、主人公の雅代を通しての人間模様を描いています。
いろいろな経験を得て雅代の人生がどのように変化していくのかとても気になる作品です。

この映画は全編北海道の釧路がロケ地になっており、スクリーンには懐かしい雰囲気が漂う魅力的な町として映ります。
また、登場人物のそれぞれのストーリー、廃墟になったホテルのシーンなど…切なさを感じずにはいられません。
ぜひ劇場でご覧ください!
 
以上、「ホテルローヤル|原作のネタバレ結末|映画のあらすじは?」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました