スポンサーリンク

ザ・ターゲット|映画のあらすじネタバレ結末は?チャーリー・シーン出演

アクション
出典:ぴあ映画生活
この記事は約7分で読めます。

「ザ・ターゲット」(原題: Shadow Conspiracy )は1997年に公開されたアメリカ映画です。

監督は、日本でも人気のアクション映画、シルヴェスター・スタローンが主演した『ランボー/怒りの脱出』 や『コブラ』などを手掛けたジョージ・パン・コスマトスで、「ザ・ターゲット」はコスマトス監督にとって最後の作品となっています。また、この映画の主演はチャーリー・シーン。アメリカの俳優で日本でも有名ですね。

今回は、約20年前に制作されたアクション映画「ザ・ターゲット」のあらすじと見どころについて紹介します。ネタバレ要素が含まれますのでご了承ください。また、観た方の感想や評価も参考にしてみてください!

 

映画「ザ・ターゲット」を見逃した方やもういちど見たい方は、music.jpTSUTAYA TVで視聴が可能です。(20年12月時点)

>>今すぐ映画「ザ・ターゲット」を視聴する!

 

この記事で分かること
  • 「ザ・ターゲット」あらすじ
  • 「ザ・ターゲット」ネタバレ結末
  • 「ザ・ターゲット」見どころ
  • この映画の感想と評価
スポンサーリンク

予告動画

主な登場人物(キャスト)一覧

出典:VideoMarket

ボビー・ビショップ(チャーリー・シーン)

大統領の補佐官、事件をきっかけに大きな陰謀に巻き込まれていく主人公

ユーリ・ポチェンコ教授(セオドア・ビケル)

ビショップの大学時代の恩師、大きな陰謀について知ってしまい命を狙われることに

ジェイク・コンラッド(ドナルド・サザーランド)

大統領の首席補佐官でビショップが一番信頼している上司

アマンダ・ギブンズ(リンダ・ハミルトン)

ワシントン・ヘラルド紙の新聞記者、事件に繋がる記事を書いていた人物

フランク・ライデル(テリー・オクィン)

ワシントン・ヘラルド紙の新聞記者、アマンダの上司

エージェント(スティーブン・ラング)

国家機関所属の謀報員

大統領(サム・ウォーターストン)

サクソン副大統領(ベン・ギャザラ)

 

あらすじは?

出典:楽天TV

 

「ザ・ターゲット」のあらすじ(ストーリー)を結末まで分かりやすく解説しています。一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

あらすじ 【起】

ポチェンコ教授はワーキングチームで別荘を訪れていた。そこである陰謀を知ることとなった。ポチェンコ教授は、そのことをいち早く伝えるべく、教え子で大統領補佐官のビショップに連絡を取ろうとするが、そこにエージェントが乱入し、チームのメンバーは次々と射殺されてしまう。ポチェンコ教授はなんとか脱出に成功する。だが、別荘に遺体処理に現れたのは警察部隊だった。

一方、ビショップはバスケットの試合を楽しんでいたが、緊急でホワイトハウスに呼び出される。ビショップが作った大統領の演説原稿がヘラルド新聞社に情報漏洩したという内容だった。ビショップは機転をきかせ演説は無事成功するが、ここにはある陰謀が関わっていた。

あらすじ 【承】

ポチェンコ教授はビショップに連絡を取り、二人は会うことになる。だが、エージェントの狙撃により”政府内に陰謀がある。政府の最上層部に反逆者がいるはずだ”という言葉を残し、ポチェンコ教授は息絶える。ビショップは、自分の命も狙うエージェントから必死で逃げながら、上司である大統領首席補佐官・コンラッドに連絡を取る。コンラッドはすぐに警備員を向かわせたが、待ち合わせ場所にエージェントが現れ、ビショップの救出は失敗に終わる。その後、エージェントから逃げきれたビショップは、再びコンラッドに連絡し、ポチェンコ教授から聞いた言葉を伝える。

大統領は『ビショップを救出し、極秘で真相を掴め』と官僚たちに指示する。

ビショップは以前、”影の政府”という記事を読んだことを思い出し、ヘラルド新聞社のライデルに連絡を取る。その記事を書いたのは同新聞社のアマンダという女性だった。会うことになった二人はヘラルド社へ向かう。だが、ヘラルド社にいたライデルは既に殺されていた。その場所には警備員を装ったエージェントがいたのだ。ビショップはアマンダとともにその場から逃げ切る。

自分の携帯が盗聴されていたことに気づいたビショップは携帯電話を川に投げ捨てた。そして、アマンダにより、ポチェンコ教授が政府の汚職や陰謀を、あるプログラムにより暴こうとしていたことを知った。

あらすじ 【転】

ビショップはポチェンコ教授とライデルを殺した容疑者にされていた。そして、エージェントはなおもビショップの命を狙っている。

ビショップとアマンダはホワイトハウスに侵入することに成功し、コンラッドのIDでパソコンにログインすると、ポチェンコ教授の殺害を指示した人物はコンラッドだったことを知る。

コンラッドは計画の打ち合わせをするためホワイトハウスに現れた。気づかれぬよう後をつけると、その内容は大統領の暗殺計画だった。政府を監視するチームに所属していたポチェンコ教授も、この計画を知ってしまったがため殺されていたのだ。

現大統領は、行き詰まったアメリカに新風を送り込むべく、近々大胆な政策の決断を下そうとしていた。自分たちの利権のため、副大統領やコンラッドを含む政府中枢のメンバーは党派や組織を超えて結託していた。

大統領の暗殺計画はチャリティー会場で12時…ビショップとアマンダはチャリティー会場へと急ぐ。

 

ネタバレ結末は?

出典:tv-movie.wark.info

あらすじ 【結末】

大統領の演説会場とあって警備は厳重にされていた。その上、ビショップは容疑者として警戒されている。殺し屋は大きなプレゼントを手にすでに会場の中、やがて大統領も到着する。演説時間の12時になる時、会場の入り口でアマンダはわざと金属探知機に引っかかると大暴れし、会場は混乱する。その隙にビショップは会場の中へと入っていく。

エージェントは時間に合わせてリモコンを操作し、持っていたプレゼントの中からヘリを飛ばす。機関銃が搭載されたヘリが乱射し始める中、ビショップは大統領を守りながら、エージェントを射殺していく。そして、カーテンの裏に隠れていたコンラッドは自らの頭を撃ちぬき、一連の事件は終わりを迎えた。

ビショップは大統領の筆頭補佐官の地位を断り、ポチェンコ教授の意思を継ぐことを決めた。

 

感想、評価は?

チャーリー・シーン出演のアクション映画

『いつも体当たりの手抜きをしない演技でファンを魅了する』

チャーリー・シーンのアクションシーン全開のこの映画は、ファンならば見逃せません!

チャーリー・シーンは、映画『プラトーン』で注目され、その後ヒット作にも恵まれスター俳優となりました。

私生活ではスキャンダルなどもあり破天荒なイメージもありますが、難病のチャリティー活動でALS基金に寄付するなどの活動も行っているそうです。

 

最強コンビが”影の陰謀”に立ち向かう

ビショップとアマンダ二人の最強コンビが”影の陰謀”に立ち向かうアクションシーン

映画『ターミネーター』でお馴染みのリンダ・ハミルトン。

他の作品と比べるとアクションシーンは少なめですが、彼女の魅力である意思の強さを感じる演技は相変わらず、この映画では見事にサポート役に徹しています。

 

この映画の評価

昔みたら面白かったのかな…

誰が黒幕かすぐわかる映画

スティーブン ラングのターミネーターみたいな殺し屋も良いし、明らかに怪しいドナルド サザーランドも良い

この映画に対しての評価は厳しめの意見が多く感じられました。手の込んでいない、スリルと痛快なアクション映画が好きな方にお勧めしたい作品です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

映画「ザ・ターゲット」は、最強コンビが大きな陰謀に立ち向かうノンストップアクション映画です。主演の若かりしチャーリーシーンとリンダ・ハミルトンにも注目です。

わかりやすい内容のこの映画、ぜひご覧ください!

 
以上、「ザ・ターゲット|映画のあらすじネタバレ結末は?チャーリー・シーン出演」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

アクション 洋画
スポンサーリンク
ランキング
全般ランキングにほんブログ村
U-NEXT
見逃し配信バナー

・無料お試し期間が業界最長の31日間
・無料お試し期間の初回登録で600ポイント付与
・お試し期間終了後も継続すると毎月1,200ポイントが付与される
・登録、解約の手続きが簡単
・無料見放題動画の配信数が業界最多
・最新作がレンタル解禁日にいち早く配信される(一部例外あり)
・動画に加えて雑誌や漫画も読み放題多数
・他の動画配信サービスが取り扱っていない大人向け作品が豊富
・スマートテレビ、Fire TV、Chromecast、PlayStation4に対応
・倍速再生やダウンロードによるオフライン再生が可能
・1つの契約で4回線の登録が可能(家族や友達とシェア可)

ムービーライク

コメント

タイトルとURLをコピーしました