映画WAVES/ウェイブスの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?

この記事は約8分で読めます。

今年2020年4月、アメリカ発の映画スタジオA24の最新作品「WAVES(ウェイブス)」が公開されました。


出典:テアトル サンク

 

A24といえば、「レディ・バード」や「荒野にて」、最近の作品では「ミッドサマー」などを生み出した、斬新かつアーティスティックなヒット作品を数多く手掛けている唯一無二の映画スタジオです。日本では特にここ数年で急速にその名が広がってきています。

 

そんなA24による最新作「WAVES」は、「ミュージカルを超えた”プレイリスト・ムービー”」というキャッチコピーを謳っています。

 

とある兄妹に起きたできごとを通して、若者たちの抱える苦悩や、家族の愛の物語が色鮮やかに描かれているこの作品。その主役とも呼べるのは、ずばり「豪華アーティスト陣が手掛ける31の名曲である」と制作側も言い切っています。

 

そもそもの脚本が、トレイ・エドワード・シュルツ監督が作った楽曲のプレイリストを元に書かれているということで、「ある意味でミュージカルのような作品」と彼自身も語っているそうです。

 

 

今回この記事では、映画WAVES/ウェイブスの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?について紹介していきたいと思います。

 

WAVES/ウェイブスの曲は?


出典:phantom-film.com

 

ここでは「WAVES」の中で使われている楽曲について紹介していきます。

 

流れる曲の歌詞が登場人物の気持ちを反映しているシーンも多く見られますが、監督は「時には音楽がセリフの代わりに登場人物の心の声を伝える」とも話しています。

作品の背景だけに留まらず、物語自体を大きく動かし左右していく、そんな楽曲たちはどんなラインナップなのでしょうか?

以下が劇中歌のリストです。

 

曲名 アーティスト名
FloriDada Animal Collective
Be Above It (Erol Arkan Rework) Tame Impala
Be Above It Tame Impala
Be Above It – Live Tame Impala
Mitsubishi Sony Frank Ocean
What a Difference a Day Makes Dinah Washington
La Linda Luna Kelvin Harrison Jr.
Lvl A$AP Rocky (as A$AP Rocky)
Rushes Frank Ocean
Backseat Freestyle Kendrick Lamar
America The Shoes
Focus H.E.R.
IFHY Tyler the Creator (as Tyler, the Creator) feat. Pharrell Williams
Surf Solar Fuck Buttons
Love Is a Losing Game Amy Winehouse
I Am a God Kanye West
U-Rite (Louis Futon Remix) They (as THEY.)
U-Rite They (as THEY.)
Ghost! Kid Cudi
The Stars in His Head (Dark Lights Remix) Colin Stetson
Moonlight Serenade Glenn Miller and His Orchestra (as The Glenn Miller Orchestra)
Loch Raven (Live) Animal Collective
How Great Chance the Rapper featuring Jay Electronica, My Cousin Nicole
Sideways Frank Ocean
Florida Frank Ocean
Rushes (Bass Guitar Layer) Frank Ocean
Bluish Animal Collective
Pretty Little Birds SZA feat. Isaiah Rashad
Seigfried Frank Ocean
True Love Waits Radiohead
Sound & Color Alabama Shakes
 
ケンドリック・ラマー、カニエ・ウエスト、そして中にはグレン・ミラーオーケストラによる不朽の名曲まで…!と思ったらレディオヘッドの名前もある、という振り幅の大きい、豪華なサウンドトラックとなっています。
 
その中でも、6曲という使用数の多さから、監督のフランク・オーシャンに対する強い想いも読み取れますね。
 
 
 
さて、楽曲によって作り手の想いがダイレクトに反映されているこの作品。次に実際に見た方々の口コミについて見ていきましょう。

WAVES/ウェイブスの曲についての口コミ評判は?


出典:phantom-film.com

 

ここでは、「WAVES」を見た方々の楽曲に対する口コミ・評判を見ていきましょう。

 

言葉が少ない映画で心の状態を表現してくれる楽曲。

エンドロールの「Sound & Color」。

Animal Collectiveの楽曲にも注目!

音楽によって感情を持っていかれてしまいます。

 

 

エンドロールで流れる「Sound & Color」がまさにこの映画を象徴しているように、色彩と音楽によって、見ている人は感情を強烈に揺り動かされます。

 

私自身も経験のあることなのですが、元々自分の好きな曲がとても印象に残る映画のワンシーンに使われていると、途端に曲の映像イメージがそのシーンに上書きされてしまうのです。

「WAVES」という映画は、そんな体験をたくさんの人にさせてしまうかもしれません。

映画WAVES/ウェイブスの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?まとめ

 

 

ここまでで映画WAVES/ウェイブスの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

使用されている楽曲のジャンルが多様なために幅広い層の音楽ファンから注目を集めている「WAVES」。

描かれている家族の愛の物語をもちろん噛みしめつつも、この作品通して知ったアーティストの作品を掘り下げていったりするのも素敵かもしれません!

 

以上、映画WAVES/ウェイブスの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?について紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました