ラーヤと龍の王国|トゥクトゥクのモデルとなった生き物は?王蟲やダンゴムシに似ている?

「ラーヤと龍の王国」日本版本予告【本当の魔法は、信じあう心編】

2021年3月12日から映画館やディズニー+のプレミアアクセスにて公開される待望のディズニー新作「ラーヤと龍の王国」

代々「龍の石」を守っている一族の娘ラーヤの戦いと成長を描いた作品で「ベイマックス」のドン・ホールと、「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダの2人の監督が送るファンタジーアドベンチャーとなっています。

今回は、ラーヤの相棒のトゥクトゥクという生き物や主題歌について紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • トゥクトゥクのモデルとなった生き物は何?
  • 主題歌は?

トゥクトゥクのモデルとなった生き物は何?

 トゥクトゥクのモデルの生き物を調べてみた

トゥクトゥクと聞くとまず思い浮かべたのはタイのバンコクなどの観光地に行くとみられる三輪自動車タクシーですが、この作品のトゥクトゥクはなにやら乗り物ではなく、生き物です。
丸っこくて硬そうな皮で包まれた見た目からダンゴムシやジブリ映画の「風の谷のナウシカ」の王蟲のようでもありますね。
しかし王蟲よりはハッキリとした目鼻立ちをしている…
なんなんでしょうか、この生き物?虫?アルマジロ?

調べてみるとラーヤと龍の王国のモデルとなった場所はまさしく東南アジアはタイやベトナムの熱帯雨林のようなのです。
だとするとトゥクトゥクという名前もやっぱりあの乗り物から来ているのかもしれません!

アルマジロについて調べてみると、分布は北アメリカ南部からアルゼンチンにかけて分布しているとありました。
あれ?東南アジアじゃないの?と思い、

「アルマジロ 東南アジア」

で調べてみるとセンザンコウという名前がヒットしました。

センザンコウという名前を聞いたことがなかったのですが、見てみると「アルマジロのようなウロコ状の鎧をまとったセンザンコウ」とありました。

と、いうことはトゥクトゥクのモデルはこのセンザンコウという生き物なのかもしれません。

 センザンコウについて


センザンコウ
という生き物について調べてみると、一見爬虫類にも見える見た目とは反し、実際は哺乳類なのだそうです。
30~85cmほどの大きさの生き物で、主食はアリ塚から長い舌を使ってアリを獲って食べるようです。
アリクイのような生き物なのでしょうね。

日本でも動物園などで飼育されているみたいなのですが、あまり注目してみたことがありませんでした。
もしかしたらそういう方も多いかもしれません。

実はこのセンザンコウという生き物、世界で最も密漁されているとされている生き物なのだそうです。
アジアとアフリカに分布しているようなのですが、既に絶滅の危機にあるそうです。

密漁の原因とされているのが、そのウロコや皮です。
中国やベトナムの珍しい薬の原料として使用されたり、皮も皮革製品として利用されるうえに、食肉としても重宝されているようです。

世界的にも有名な象牙などと同時に発見されることが多いそうで、国際的な犯罪組織の関与も指摘されるなど、国際的にも社会的にも大きな課題となっています。

仮にこの作品のトゥクトゥクのモデルの生き物がセンザンコウだとしたら、その名前と魅力が伝わることでセンザンコウの保護や密漁を減らすための活動ももっと知られていく事に意義があるのではないでしょうか?

主題歌は?

グラミー賞歌手のジェネイ・アイコに決まり!

ラーヤと龍の王国にもアナと雪の女王やモアナと伝説の海などにもあるように、ディズニー映画の醍醐味でもある主題歌があると思われ、どんな歌が流れるのかといった期待をよせる声もあります。
予告を見てもメロディのみでどんな歌なのかわからないと言った声もありましたが、ラーヤと龍の王国のサントラが2月26日から配信されていました!

歌うのは本年度グラミー賞にノミネートされたジェネイ・アイコが歌う「Lead the Way(リード・ザ・ウェイ)」だそうです。

アメリカ合衆国のロサンゼルスでアフリカ系とネイティブアメリカン、ドイツ系アメリカ人の父とスペイン系とドミニカ系の日系人の母のもとに生まれ、子どものころから音楽活動をしているR&Bシンガーだそうです。

以下の海外の公式のTwitterで歌が少しだけ聞けます!
かなりおしゃれで素敵な曲のようですね!

過去作にもあったように日本版では誰が歌うかなどの情報はわかりませんでした。
どなたか歌うのか楽しみですね!

 

 サントラの詳細

UNIVERSAL MUSIC JAPANから2021年2月26日よりデジタルで配信されています。

ラーヤと龍の王国(オリジナル・サウンドトラック) 

フォーマットデジタル配信
レーベルWalt Disney Records
発売元ユニバーサル ミュージック合同会社
発売国

日本

    1. リード・ザ・ウェイ(Lead the Way)
    2. プロローグ(Prologue) 
    3. 幼いラーヤとナマーリ(Young Raya and Namaari )
    4. 裏切り(Betrayed )
    5. 最後の龍を探して(Search for the Last Dragon)  
    6. 難破船の中へ(Into the Shipwreck)
    7. 龍の登場(Enter the Dragon)
    8. テイルからの逃走(Fleeing from Tail )
    9. ブーン船長(Captain Boun)
    10. タロンへの旅(Journey to Talon )
    11. シスーの泳ぎ(Sisu Swims )
    12. 龍の墓場(Dragon Graveyard )
    13. タロンからの脱出(Escape from Talon )
    14. ノイとオンギたち(Noi and the Ongis )
    15. 人々でいるのは大変(Being People Is Hard )
    16. スパインでの対決(Spine Showdown )
    17. 雨粒の向こうへ(Running on Raindrops )
    18. 襲撃の計画(Plans of Attack )
    19. きょうだいたち(Brothers and Sisters )
    20. 対面(The Meeting)
    21. ストーミング・ファング(Storming Fang )
    22. 迫るドルーン(The Druun Close In)
    23. 復活(Return)
    24. 新しい世界(The New World )

 

まとめ

「ラーヤと龍の王国」日本版本予告【本当の魔法は、信じあう心編】

いかがでしたか?

コロナ禍の影響で当初予定していた3月12日の公開日から3月5日に映画館とディズニー公式動画配信サービスのディズニー+でプレミアアクセスという形で分散させることで公開が早まることになったラーヤと龍の王国のトゥクトゥクや主題歌についてまとめてみました。

ラーヤと龍の王国の声優には東南アジア系として初の主演声優として映画「スターウォーズ」のシークエルトリロジーにローズ役で出演した俳優のケリー・マリー・トランに決まるなど注目を集めていますね!

私も公開を楽しみにしているので、公開されたらディズニー+の方で視聴したいと思っています。

是非お好きな方でご覧になってみてくださいね!

以上、ラーヤと龍の王国|トゥクトゥクのモデルとなった生き物は?王蟲やダンゴムシに似ている?についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました