新解釈・三國志|ロケ地撮影場所は千葉や静岡富士山?聖地巡礼に!

 
2020年12月11日公開予定の映画、「新解釈・三國志」
主題歌は福山雅治さんの「革命」。

福田雄一監督は「コメディの奇才」と称されるほど、コメディ作品を数多く生み出しています。

映画では「銀魂」シリーズや「今日から俺は!劇場版」などがあり、デビュー作は「大洗にも星はふるなり」(2009)です。
ドラマは「33分探偵」や「今日から俺は」「聖☆おにいさん」などがあります。

主演の大泉洋さんは、福田雄一監督作品には初参加となります。
福田雄一監督は大泉洋さんのファンで、大泉洋さんが出演してくれなかったらこの映画を撮る必要はない、と決めていたようです。

 

「三国志」とは、中国の後漢・三国時代(184~280)の歴史がまとめられている書物のことです。
ちなみに「三国志」は「キングダム」の400年後のお話だそうです。

「三国志」の舞台は中国ですが、ロケ地撮影場所も中国なのでしょうか?気になるところです。

本記事では、映画「新解釈・三國志」のロケ地、撮影場所や目撃情報、口コミなんかを紹介していきます!

 

この記事で分かること
  • 映画「新解釈・三國志」のロケ地、撮影場所
  • 映画「新解釈・三國志」の目撃情報、口コミ
  • 映画「新解釈・三國志」のエキストラ情報

新解釈・三國志|ロケ地、撮影場所

千葉県 鋸南町|元名採石場跡地

 

鋸南町の採石場の跡地で撮影されています。
ここでは、兵士による合戦のシーンが撮影されました。

この採石場跡地は戦隊ものや数々の映画・ドラマ、爆破シーンで使用されている所です。

 

名称元名採石場跡地
住所千葉県安房郡鋸南町元名
このロケ地が使われた
他の作品

PV
 ・エレファントカシマシ「ワインディングロード」

静岡県 裾野市|兵士による合戦シーン

鋸南町の採石場の跡地で撮影されています。
ここでは、兵士による合戦のシーンが撮影されました。

この採石場跡地は戦隊ものや数々の映画・ドラマ、爆破シーンで使用されている所です。

 

 

福田雄一監督の5月9日のツイ―トにある富士山は、裾野市からみた富士山です。

ここでも兵士による合戦シーンの撮影がありました。

 

 

映画「キングダム」と同じロケ地撮影場所です。
ということは、裾野市須山十里木の富士山資料館の近くであると思われます。

 

富士山資料館 アクセス

自動車東名高速裾野インターチェンジから国道469号経由して約20分
公共交通JR御殿場駅から富士急静岡バス遊園地ぐりんば行きなどで45分。バス停は別荘地管理事務所下車 徒歩約1分。

 

先ほどの千葉県と同じように、裾野市は「富士すそのフィルム・コミッション」という、映画やテレビのロケーション撮影の支援活動を行っています。
豊かな自然や美しい街並み、歴史ある建造物、日常生活の場などをロケーション場所として提供し、撮影がスムーズに進むように支援してくれています。

 

裾野市で撮影された他の作品
  • 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」
  • ドラマ「神の舌を持つ男」

静岡県 富士宮市|ふもとっぱらキャンプ場、朝霧高原

アクセス

自動車新東名高速航路の新富士インターチェンジ下車 
約35分
電車JR新富士駅下車 富士五合目方面行きのバス 朝霧グリーンパーク停留所下車 
徒歩約20分

 

富士五湖の一つである本栖湖から20分ほどの場所で、近隣には道の駅「朝霧高原」や「白糸の滝」があります。

このキャンプ場はとにかく広いです。広すぎてどこにテントを張ろうか迷ってしまいます。
そして、どこからも富士山が見えます。

まさにキャンパーの聖地です。

 

静岡県は、富士山が見える景色がとても壮大で素敵ですね。
大昔からこの台地があったかと思うと、偉大すぎていろいろな悩みがちっぽけに思えますね!

 

新解釈・三國志|ロケ地の目撃情報、口コミ

朝霧高原では、大規模な撮影隊が目撃されています。
「曹」と書かれた旗が目撃されているので、三国志ではないでしょうか。

採石場や広い自然豊かな場所での撮影が多かったからか、あまりたくさんの目撃情報は得られませんでした。

 

どのシーンだったのかよくわかりませんが、後で何か気付いたのでしょうね。

 

 

4~5月にたくさんのエキストラも募集したようです。
貴重な体験ができて、参加できた方ラッキーですね!

福田雄一監督の映画の撮影現場は、笑いの絶えない楽しそうな感じです。
エキストラでの参加でも、ちょっと福田組の気分が味わえたのではと思います。

新解釈・三國志|エキストラ募集の内容

募集期間2019年4~5月
撮影場所首都圏、裾野市エリア

新解釈・三國志|まとめ

【2020年公開】映画『新解釈・三國志』大泉洋×福田雄一 コメントムービー

本記事では、ロケ地撮影場所について紹介してきました。

まとめると、

  • 千葉県 鋸南町
  • 静岡県 裾野市
  • 静岡県 富士宮市

などでのロケがあったようです。

 

この「新解釈・三國志」の映画は、三国志を知らなくても楽しめるようです。
でも、知っていたらもっと楽しめるそうです。

私は歴史は苦手で、「三国志」は全くわかりませんが、この映画をきっかけに、ちょっと知りたいなと思いはじめています。

改めて、映画のチカラってすごいなと思います。

 

「三国志」は、謎の部分が多くいろんな解釈の仕方があるとのことです。
福田雄一監督は「三国志」をどういうふうに解釈したのか、とても楽しみですね。

 

以上、「新解釈・三國志|ロケ地撮影場所は千葉や静岡富士山?目撃情報や口コミも」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] 新解釈・三國志|ロケ地撮&#2… […]

タイトルとURLをコピーしました