モンスターハンター|映画はつまらないしひどいと酷評?面白い?

『映画 モンスターハンター』予告(90秒)

映画「モンスターハンター」に、「つまらない」「おもしろくない」などの酷評が寄せられています。

「モンスターハンター」は、ミラ・ジョボビッチと、夫で監督のポール・WS・アンダーソンが手掛けた映画。

2人は「バイオハザード」シリーズで、大ヒットをおさめました。満を持して「モンスターハンター」の映画を発表したものの、評判はガタガタです。

ではなぜ、映画に酷評が寄せられたのでしょうか?映画「モンスターハンター」がつまらない理由について、探ってみました。

 

この記事で分かること
  • 映画「モンスターハンター」がつまらない理由
  • 映画「モンスターハンター」が面白い理由
  • 映画「モンスターハンター」の本当の評価

つまらないと言われる理由は?

映画「モンスターハンター」の興行収入は、全世界で3300万ドルを記録。日本円に直すと、33億円の興行収入となります。大コケです。

大爆死の理由は、単純に映画がつまらないからでしょう。ではなぜ「つまらない」のでしょうか?考えられる理由は4つあります。

 

モンハンらしくない

映画レビューを覗いてみると、「モンハンらしさがない」という意見が多く見られました、

モンスターハンターは、モンスターを狩るのが主なミッション。ターゲットになるモンスターは恐ろしいだけの存在ではなく、それぞれに生態系を持っています。

狩る側と狩られる側にわかれているものの、ハンターとモンスターは共存関係にあるのです。

しかし映画では、モンハンらしさは全て打ち消されていました。単にド派手なモンスターと戦うだけの映画で、モンスターへの愛情は全く感じられません。

「モンハン」の世界を映画で楽しみにしていた人にとっては、頭が痛い内容です。

 

内容が空っぽ

内容が空っぽだという意見も、多く見られました。

現実世界の人間が飛び込んだのは、モンスターが彷徨う新世界。新世界で突如モンスターに襲われながらも、命からがら逃げ出します。そうして出会ったのが、新世界のハンター達。ハンターと共に、モンスター退治をするのが大まかな流れです。

早い話が、モンスターが大暴れしているだけの映画。モンスターを通じて、訴えかけたいことが見えて来ないのです。

主人公は、ありない状況下にあります。ありえない状況下だからこそのドラマを出せば、評価は違っていたかもしれません。

 

キャストがしょぼい

キャストがしょぼいという意見も、見られました。

映画には、ミラ・ジョボビッチ、トニー・ジャー、T.I.、ロン・パールマンなどが出演。日本からは山崎紘菜が登場しました。

「バイオハザード」はヒットしたものの、以降は評価されていないミラ・ジョボビッチ。人気は「過去」のものになりつつあります。

トニー・ジャーは「ワイルド・スピード SKY MISSION」に出演し、それなりの知名度はあります。日本では「マッハ!!!!!!!!」が有名。ただハリウッドでの実績は、十分であるとは言い難いです。

実績面で突出していたのは、ロン・パールマンでしょう。映画「ヘルボーイ」で、主演を務めた俳優です。彼を主役に映画を制作していたら、違った評価になったかもしれません。

 

無駄にCGが多い

「無駄にCGが多く美術や特殊効果の粗さが目立っている」という意見も、見られました。

映画「モンスターハンター」にかけられた予算はおよそ66億円。ファンタジー映画にしては、かなりの低予算となっています。スケール大きく描くのなら、最低でも100億円は確保したい映画です。

低予算映画の部類に入るので、美術が荒くなってしまったのでしょう。映画制作における無茶振りのしわ寄せが、「モンスターハンター」に来てしまいました。

 

面白い?

散々な評判が集まる映画「モンスターハンター」。しかし映画レビューサイトを覗いてみると、言うほど悪い評判は出ていません。

映画.comでは3.1の評価。評価が2になっていたら、「つまらない」と認定しても問題はないでしょう。でも3以上の評価が付けられているので、「面白い」と感じている方もいらっしゃいます。

そこで映画「モンスターハンター」が面白いと感じる理由について、考察してみました。

 

期待以上の面白さ!

「モンスターハンターは期待以上に面白い!」と、レビューサイトで投稿されていました。

どのゲーム実写化映画でも、ファンの支持を得るのは難しいです。「モンスターハンター」以外にもゲーム原作の映画は多数ありますが、大半以上は散々な出来。ゲームファンにとっての「映画化」は、悪い予感しかしないのです。

だから「どうせ面白くないに決まっている」と、最初から決めつけている方も少なくありません。しかし想像していたよりも面白かったら、評価はがらりと変わるものです。

 

モンハン未プレイの人からは好評!

ファンタジー映画として面白かったと、映画レビューサイトに投稿している方もいらっしゃいました。投稿主は、ゲーム未プレイの人がほとんどです。

「モンスターハンターはモンスターを狩るゲーム」というのは、前もって知っていたはずです。ただ具体的なゲーム内容については、把握していない状態でしょう。

だからこそ「ゲームの実写映画化」ではなく、1本のファンタジー映画として観たと思われます。ミラ・ジョボビッチが、異世界に飛ばされてモンスターと戦う物語を純粋に楽しんでいた様子でした。

 

まとめ

MONSTER HUNTER – Official Trailer (HD)

 

映画「モンスターハンター」がつまらない理由は、ゲーム版を愛しているからでしょう。

ゲームから映画にシフトする際に大幅に内容が変わっており、ゲームファンにとっては不愉快です。

しかし「モンスターハンター」未プレイの人からは、「面白い」という評判も出ています。

何も考えずにフラットな状態で映画を見れば、楽しめるはずです。

 

以上、「モンスターハンター|映画はつまらないしひどいと酷評?面白い?」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました