るろうに剣心|映画の歴代主題歌は?最終章もワンオクロック?

佐藤健主演!映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」本予告

 

映画「るろうに剣心 最終章The Final」がいよいよ4月23日に公開されます。かつて暗殺者として生きてきた緋村剣心が「もう二度と人斬りはしない」と心に誓い、自身の過去と闘いながら生きていこうとする物語もついに完結です。

映画「るろうに剣心」シリーズの主題歌といえば、ONE OK ROCK(ワンオクロック 以下ワンオク)です。1作目からずっと映画のエンディングに曲を提供し続けています。映画の感動をさらに高める挿入歌は映画に欠かせません。

今回は、ワンオクが担当した「るろうに剣心」の歴代&最新作のエンディング曲をご紹介します。

この記事で分かること
  • 「るろうに剣心」映画の歴代主題歌は
  • 「るろうに剣心」最終章の主題歌は?

「るろうに剣心」歴代主題歌は?

ワンオクは2005年にデビューした4人組のバンドです。メンバーは以下の通り。

Taka(ボーカル)
Toru(ギター)
Ryota(ベース)
Tomoya(ドラムス)

ボーカルTakaの伸びやかで圧倒的な歌唱力と、英語の歌詞が多めのまるで洋楽の様な曲で、海外ファンのハートもがっちりつかんでいます。

それでは、「るろうに剣心」とともに歩んできたワンオクのエンディング曲を振り返ってみましょう。

 1作目「るろうに剣心」The Beginning

ONE OK ROCK – The Beginning [Official Music Video]

記念すべき1作目の主題歌のタイトルは”The Beginning”。映画のシリーズのスタートと剣心の旅のはじまりにふさわしいタイトルです。歌詞は9割が英語でまるで洋楽のような楽曲です。

剣心役の佐藤健さんとワンオクのボーカルTakaさんは親友。「るろうに剣心」とのタイアップが決まり、Takaさんはこの映画にかける佐藤健さんの情熱を思い出しながら曲を作ったそう。何曲か提供した中で”The beginning”に決まりました。

歌詞には、剣心の人斬りとして生きてきた過去への葛藤や、薫と出会い変わっていく心、薫という守るべき存在を得た剣心が再び立ち上がり、新しい人生を切り開いていこうとする様子が描かれています。

 2作目「京都大火編」 Mighty Long Fall

ONE OK ROCK – Mighty Long Fall [Official Music Video]

1作目をはるかにしのぐスケールで製作された2作目「京都大火編」の主題歌は”Mighty Long Fall(マイティー・ロング・フォール)”です。直訳すると「強くて長い落下」。「奈落」のことです。

「京都大火編」といえば、かつて剣心とともに暗殺者として雇われていた志々雄の復讐劇です。志々雄は剣心が人斬りをやめたあとを継いで暗殺者として暗躍していましたが、仲間に裏切られて体を切り刻まれてしまいます。なんとか一命をとりとめると、志々雄は自分を使い捨てにした明治政府を転覆して国を手に入れようと陰謀を企むーという壮絶なストーリーです。

”Mighty Long Fall”はそんなダークで不穏な世界観とぴったり合った一曲です。タイトルもしかり、ミュージックビデオでは大きな穴に落ちていく人々や何かを壊そうとする人が登場し、ワンオクのメンバーのいる地面以外はすべて崩れ落ちていく様子が描かれています。

サビ部分は、

”Don’t go it’s a mighty long fall
(行くな そっちは奈落の底だ)
When you thought love was the top
(愛に勝つものは無いのだと思うとき)
Oh no it’s a wake up call
(なんてことだ 警告が鳴っている)”

と、まるで剣心から志々雄へのメッセージか、はたまた剣心の自分自身へのメッセージのような歌詞ですね。

3作目「伝説の最期編」Heartache

ONE OK ROCK – Heartache [Studio Jam Session]

3作目の主題歌は”Heartache”です。意味は「心の痛み」で、とくに愛する人を失った痛みのことを言います。これまでとはうってかわって違うバラード曲であり、しんみりとした切ない雰囲気です。

「伝説の最期編」では、「京都大火編」から続く志々雄との激闘にいよいよ決着がつきます。伊藤博文が「幕末の亡霊とともに抜刀斎は死んだ」と志々雄の死を宣言し脅威は去ったことを告げます。剣心も愛する薫との穏やかな日々を取り戻し、映画は終わります。

”Heartache”では

”僕の心を唯一満たして去ってゆく君が
僕の心に唯一触れられる事ができた君は
Oh baby
もういないよ もう何もないよ”

など、「会いたくてももう二度と会えない人への想い」が切々込められた歌詞が印象的です。

これはかつて剣心が愛した雪代巴への想いでもあり、戦いで大切な人を失った全ての人の心を歌っているようです。

最終章の主題歌は?

ONE OK ROCK: Renegades [OFFICIAL VIDEO]

 

「最終章The Final」の主題歌は”Renegades”、意味は「背教者、脱党者、裏切り者」です。

「最終章The Final」のみどころは、剣心を倒そうと企む縁(新田真剣友)の闘いです。縁は剣心のかつての妻巴(有村架純)の弟であり、姉を殺された復讐のために剣心の前にあらわれます。これまでも自分の人斬りとしての過去と闘ってきた剣心ですが、過去と決別し生まれ変わるため、最後の闘いに挑みます。

歌詞も
”Take a deep breath close your eyes and get ready to fly”
(深呼吸をして目を閉じろ 飛ぶ準備をするんだ)

”I’m not afraid
(僕は恐れない)
To tear it down and build it up again”
(それを破ってもう一度作るんだ)

など、「今自分を縛っているものを打ち破って運命を変えよう」とする決意があらわれた曲になっています。

まとめ

佐藤健主演!映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」本予告

1作目 The Beginning
2作目 Mighty Long Fall
3作目   Heartache
最新作   Renegades

2部作として公開される「最終章」では、今回の第一部に続き第二部でもワンオクが主題歌を担当することが決まっています。映画の世界観を表現してきたワンオクロックの曲を聞き返して、「るろうの剣心」の世界にもう一度はまってみましょう!
 
以上、「るろうに剣心|歴代映画の主題歌は?最終章もワンオクロック?」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました