映画山猫は眠らない6のキャスト解説!ネタバレ口コミ感想も

この記事は約6分で読めます。

出典:IMDb

2016年制作のスナイパーアクション映画。テロ組織から天然ガス施設・パイプラインを守る。戦闘に無人戦闘機ドローンが使われ、どんな展開が繰り広げられるのか。人気アクションシリーズの第6弾

今回の作品は、どんな方々が出演されていて、みんながどんな評価をしているのでしょうか。

そんな映画『山猫は眠らない6 裏切りの銃撃』のキャスト解説、みんなの感想について紹介していきたいと思います。

映画山猫は眠らない6のキャスト解説

出典:IMDb

まず最初に、映画『山猫は眠らない6 裏切りの銃撃』に出演されている方々を紹介していきたいと思います。

チャド・マイケル・コリンズ

本名:Chad Michael Collins

生年月日:1979年9月22日

役名:ブランドン・ベケット

経歴:アメリカ合衆国の俳優。『山猫は眠らない4 復活の銃弾』、『山猫は眠らない5 反逆の銃痕』、『山猫は眠らない7 狙撃手の血統』、『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』に出演。

役柄:主人公。伝説の狙撃手であるトーマス・ベケットを父に持つ。今回の作品では、狙撃失敗から始まり、いろいろな人と出会い、スナイパーとして成長していきます。

出典:IMDb

 

ビリー・ゼイン

本名:Billy Zane

生年月日:1966年2月24日

役名:リチャード・ミラー

経歴:アメリカ合衆国の俳優。『タイタニック』、『山猫は眠らない』、『山猫は眠らない4 復活の銃弾』、『山猫は眠らない7 狙撃手の血統』などに出演。

役柄:主人公の父であるトーマス・ベケットのかつての相棒。狙撃に失敗したブランドンに「この世界ではチャンスは一度きりだ。次はない」と告げます。

 

出典:IMDb

 

デニス・ヘイスバート

本名:Dennis Haysbert

生年月日:1954年6月2日

役名:大佐

経歴:アメリカ合衆国の俳優。カリフォルニア州出身。『メジャーリーグ』シリーズなどに出演。

役柄:主人公の上司。軍事ドローンの指示をする。ハッカーによりドローンから情報が漏れていることを進言されますが、しりぞけます。

出典:IMDb

 

ステファニー・ヴォクト

本名:Stephanie Vogt

生年月日:1975年8月12日

役名:ロビン・スレイター

経歴:アメリカ合衆国の女優。ネブラスカ州出身。

役柄:天然ガスを運ぶパイプラインとガス施設の警護の指揮をとります。

出典:IMDb

ドミニク・マフハム

本名:Dominic Mafham

生年月日:1968年3月11日

役名:ビッドウェル少佐

経歴:英国の俳優。

役柄:ブランドンが狙撃されそうになっているところを助けます。また、ブランドンに「時に良心は任務の妨げになる。良心をすてなければならないこともある」と伝えます。

出典:IMDb

次項で本作品についてみんなの評価を紹介していきたいと思います。

映画山猫は眠らない6のネタバレ口コミ感想

出典:IMDb

一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

本作品『山猫は眠らない6 裏切りの銃撃』のストーリー、演出/脚本、キャラクターについてみんなの評価を紹介していきたいと思います。

ストーリー

今回は、天才狙撃手の息子ブランドンがテロリストを撃ちまくります派手な銃撃戦が見られるのでしょうか。

今回のストーリーは、天然ガスを運ぶパイプラインとそのガス施設をテロリストから守る任務に従事しています。テロリストから無事に施設を守れるのでしょうか。

演出/脚本

良くしゃべる人は殺される。これは、アクション映画の鉄則かもしれません。

キャラクター

今回ブランドンは、無人戦闘機ドローンの情報が、ハッカーの手により漏れていることを上官に報告しますがハッキングは不可能だとしてしりぞけられてしまいます。上官は、最新の武器を使っていると問題があったとしても簡単には認めたくないのでしょうか。また、ブランドンは、作品の冒頭で狙撃に失敗してしまいます。そのことを気にしていますが、いろいろな人と出会い、スナイパーとしての成長していきます。

最後に本記事の内容についてまとめていきたいと思います。

まとめ

ここまで映画『山猫は眠らない6 裏切りの銃撃』のキャスト解説、ネタバレ口コミ感想について、紹介してきました。

キャストは以下のとおりとなります。

ブランドン・ベケット
狙撃の失敗からいろいろな人と交流することで、スナイパーとして成長していきます。

リチャード・ミラー
狙撃に失敗したブランドンに「この世界ではチャンスは一度きりだ。次はない」と告げます。

大佐
ドローンについてブランドンと口論となります。

ロビン・スレイター
天然ガスを運ぶパイプラインとガス施設の警護の指揮をとります。

ビッドウェル少佐
ブランドンに「時に良心は任務の妨げになる。良心をすてなければならないこともある」と伝え、励まします。

作品の冒頭でブランドンは、狙撃に失敗します。その失敗を気にしていましたが、いろいろな人と出会い、スナイパーとして成長する姿が見られる作品となっています。また、味方の情報が漏れていることについて、上官と口論になります。チーム一丸となってパイプラインとそのガス施設をテロリストから守るため、テロリストたちを撃ちまくります。今回も派手な銃撃戦が見られそうです。

ブランドンの成長する姿を見ていると、今後の作品にも期待してしまいます。

以上、「映画山猫は眠らない6のキャスト解説!ネタバレ口コミ感想も」についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました