映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』あらすじと感想。公開日は?

この記事は約4分で読めます。

2019年12月、フランスの代表的な女優アンナ・カリーナが死去しました。

彼女は、ココ・シャネルに「アンナ・カリーナ」の名をもらい、フランス映画の革新的な運動“ヌーヴェル・ヴァーグ”の象徴となり、元夫ジャン=リュック・ゴダール監督の映画に数多く出演しました。
 ※ヌーヴェル・ヴァーグとは、1950年代後半に始まった低予算でロケ中心の映画製作運動。

自ら映画製作や歌手活動も行う精力的な生涯を79歳で閉じた彼女のドキュメンタリー映画が、日本で今年限りの公開となるので、紹介していきます。

「アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい」予告編

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』あらすじ

1940年9月22日、デンマークで生まれるも、すぐに父母の離婚によって祖母に預けられた。

しかし4歳のときに祖母が亡くなり、親権者や母のもとで暮らすも、家出を繰り返し孤独な少女時代を送ることに。

17歳になると、どこか遠くへ・・・と列車に乗って、たどり着いたフランスのパリが自分の居場所だと感じ、住むことにする。

彼女はスカウトされてモデルを始め、ココ・シャネルと出会い、「アンナ・カリーナ」と命名され、その後もトップモデルとして活躍。

ジャン=リュック・ゴダールに見初めらて女優デビューをし、それ以降も数々のゴダールの映画に出演。

ゴダール映画といえばアンナ・カリーナであり、ヌーヴェル・ヴァーグの象徴となった。

そして1972年、男社会であるフランスの映画界から抜け出し、「リアルな表現をしたい」という思いで脚本や監督、本人出演といった映画をニューヨークで撮影し、女性映画監督のパイオニアとなる。

魅惑的な歌声を生かし、歌手としても海外ツアーなどで日本でも積極的に活動した。

 

そんなアンナ・カリーナへ、40年に渡るパートナーのデニス・ベリー監督が映画館に彼女を招き、ラブレターとして彼女の軌跡をたどる映画を上映するドキュメンタリー。

彼女への思いと、それを観た彼女が見せる表情は・・・?

2.映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』感想・評価

“デニス・ベリー監督が万感の思いを込めて作り上げた、彼女へのラブレター(本人談)”と謳っているように、生前のアンナ・カリーナ本人へ、そのラブレターを上映できたことは、軌跡的だったのかもしれません。

まさか本作が完成してから彼女が亡くなってしまうとは、誰も予想しなかったでしょう。

アンナ・カリーナは80歳、ジャン=リュック・ゴダールが90歳という節目となる2020年に本作が追悼映画となるとは。

歴代の出演シーンが流れ、微笑んだり涙をするアンナ・カリーナ。

そんな彼女は目が大きく魅力的で、若いころはもちろん、年を重ねても変わらず美しい。

映画撮影中の彼女の貴重な映像も多数あります。

予告でも、ココ・シャネル、ジャン=リュック・ゴダール、セルジュ・ゲンズブール(フランスの音楽界の寵児)の映像があり、彼女が一目置かれる人物であることがわかります。

彼女を愛した映画ファンへの感謝の手紙でもあり、とても感慨深い作品だと思います。

55分という短い映画ですが、ドキュメンタリーになっているので、内容も入り込みやすく観やすいのではないでしょうか。

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』公開日は?

6月13日(土)にK’s cinemaで公開されるのを始め、全国でも順次公開予定となっています。

挿入されている映画や音楽などの権利上、本当は日本での上映はできなかった作品なのですが、今年限りということで日本での上映が決まりました。

下記の全国9か所のシアターでの上映なので、上映劇場をご確認ください。

都道府県 劇場名 公開日
東北
宮城 フォーラム仙台 7/24(金)
関東
東京 K’s cinema 6/13(土)
神奈川 横浜シネマリン 近日公開
栃木 宇都宮ヒカリ座 8/22(土)
中部
愛知 センチュリーシネマ 近日公開
長野 長野相生座ロキシー 7/18(土)
近畿
大阪 シネ・リーブル梅田 7/10(金)
京都 京都シネマ 近日公開
兵庫 元町映画館 近日公開

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』まとめ

フランス映画には馴染みがない人もいるでしょう。

映画をも芸術とするフランス映画は上品でありながら、少し独特かもしれません。

しかし、アンナ・カリーナというフランス映画の伝説的な女優が亡くなり、いま注目の映画になっているかと思います。

彼女のファンも、フランス映画に興味がある方も、一度観てみてはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました