映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』ネタバレあらすじと感想。

この記事は約5分で読めます。

2019年に公開されたアメリカのドラマ映画で、日本での公開は2020年6月です。

本作は、「ブルックリン」や「レディ・バード」で有名な女優シアーシャ・ローナンが主演を務めています。

1868年に発表されたルイーザ・メイ・オルコット著書の「若草物語」が原作となっていて、恋愛、人間ドラマを描いた成長ストーリーです。

 


出典:IMDb

・名作「若草物語」が原作!
・アカデミー賞6部門ノミネート!
・シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、エマ・ワトソン、他豪華なキャスト!

今回は、そんな『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』についての作品情報、キャスト、感想・評価なんかを紹介していこうと思います。

 

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』作品情報

 

製作年 2019年
上映時間 135分
原題 Little Woman
ジャンル ドラマ、恋愛、成長ストーリー
監督 グレタ・ガーウィグ
脚本 グレタ・ガーウィグ
キャスト シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、エマ・ワトソン、他

 

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』登場人物・キャスト

 

ジョー・マッチ(シアーシャ・ローナン)

四姉妹の次女。作家志望。活発な性格。

代表作:「レディ・バード」

エイミー・マッチ(フローレンス・ピュー)

四姉妹の四女。人懐っこく頑固。

代表作:「ミッドサマー」

エリザベス・マーチ(エリザ・スカンレン)

四姉妹の三女。内気で繊細。

メグ・マーチ(エマ・ワトソン)

四姉妹の長女。しっかり者。

代表作:「ハリーポッター」シリーズ

ミセス・マーチ(ローラ・ダーン)

四姉妹の母。

代表作:「マリッジストーリー」

マーチおばさん(メリル・ストリープ)

セオドア・ローレンス(ティモシー・シャラメ)

マーチ家の隣に住むローレンス家の一人息子。ジョーに思いを寄せる。

代表作:「君の名前で僕を読んで」

ミスター・ローレンス(クリス・クーパー

ジョン・ブルック(ジェームズ・ノートン)

フリードリヒ・ベア(ルイ・ガレル)

ミスター・ダッシュウッド(トレイシー・レッツ)

ミスター・マーチ(ボブ・オデンカーク)

ハンナ(ジェイン・ハウディシェル)

アニー・モハット(アビー・クイン)

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』予告動画

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』6月12日(金)全国順次ロードショー

四姉妹それぞれの生き方が描かれています。

何を幸せとするか、それは人それぞれですが四姉妹が成長とともにどう変化していくのか楽しみですね。

 

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』動画集

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』スペシャルインタビュー キャスト編
ティモシー・シャラメら”若草物語”キャストによる、こだわりのシーン解説。| VOGUE JAPAN
豪華キャストが語る舞台裏『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』6月12日(金)全国順次ロードショー 本年度アカデミー賞 受賞<衣装デザイン>6部門ノミネート

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』あらすじ

舞台は19世紀南北戦争時代、アメリカのマサチューセッツ州。

しっかり者の長女メグ、内気で繊細な三女ベス、人懐っこいが頑固な四女エイミー、そして主人公、活発で情熱家の次女ジョー。

決して裕福ではないものの四姉妹は楽しく過ごしていた。

しかし、彼女たちは大人になるにつれ厳しい現実に向き合うようになる。

女性が表現者として成功するには難しい時代に、ジョーは周りとぶつかりながらも小説家になるという夢を一途に追い続け執筆に励む。

結婚が幸せと信じる姉のメグ。病を抱えている心優しい妹ベス。お金が幸せと信じている妹エイミー。

 

ある日、ジョーは資産家のローレンス家の一人息子ローリー(セオドア・ローレンス)とパーティーで出会い、彼にだんだんと惹かれていく。
ローリーからプロポーズされるが小説家の夢のために断ってしまう。

自分で選んだ道だったものの、孤独を感じるジョー。

 

自分らしく生きるとは何か、四姉妹が出す答えは…

 


出典:IMDb

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』感想・評価

 

一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

 

原作とは違う場面や付け加えられた場面が出てきますが、原作に対してのリスペクトが十分に感じられます。

要点はそのままに現代らしいアレンジがされているなと感じました。

現在と過去を行ったり来たりする構成でそういったところも今までの若草物語とは一味違った作品となっていました。

本作の見どころの一つとして豪華なキャストがあげられると思います。

主人公ジョーを演じたシアーシャ・ローナンは25歳という若さで「賞レースの常連」とも呼ばれるほどの実力を持つ天才女優です。そんなシアーシャの演技には胸を撃たれました。また、個性豊かな四姉妹をそれぞれの女優さんが見事に演じられていてどのキャラクターも際立っていました。

ローリーもティモシー・シャラメが演じたことで、原作「若草物語」に近いローリーの永遠の少年感がとてもよく映し出されていたと思います。

そしてもう一つ注目したいのが今回アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞した、作品に出てくる衣装です。

時代背景やそれぞれのキャラクターや映画のトーン、世界観にマッチしていて、絶妙でとても魅力的でした。衣装も含めてディティールにこだわって作られていたことが伝わってきます。

 

『映画名』感想・評価のポイント
・今までにない新しい「若草物語」
・豪華な俳優陣のたしかな演技
・アカデミー賞衣装デザイン賞受賞の魅力的な衣装

 


出典:IMDb

 

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』まとめ

葛藤しながらも自分の幸せを自分の意志で選択して生きていくという姿は現代の私たちにも繋がる普遍的なテーマです。

輝きと愛に満ちた四姉妹がとても愛おしくなる作品でした。

これを見たら四姉妹の虜になること間違いなしです。

 


出典:IMDb

 

以上、ここまで『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のキャストやあらすじ、感想を紹介させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました