スポンサーリンク

バックトゥザフューチャー|ドクの愛犬アインシュタインの犬種は?

SF
出典:YAHOO!JAPAN映画
この記事は約5分で読めます。

 

『バックトゥザフューチャー』は1985年に公開されたアメリカ映画。当時大ヒットし、その後もシリーズ化されているSFアドベンチャー作品です。

主人公は高校生のマーティ・マクフライ。年の離れた親友で科学者のドクは、タイムマシーン“デロリアン”の開発に成功します。しかし、このタイムマシンの燃料のプルトニウムを狙った、リビアの過激派により襲撃事件が起きてしまいます。凶弾に倒れるドクを見て、マーティはデロリアンに乗って逃げるしか手立てがありませんでした。

この映画はタイムマシーン“デロリアン”で1955年の時代へと向かうことから始まる物語です。

本作では科学者ドクが飼っている愛犬が登場します。映画のシーンにも欠かせない存在のかわいいワンちゃん!

 

今回は、『バックトゥザフューチャー』に登場するかわいいワンちゃんたちを詳しく紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • 『バックトゥザフューチャー』のドクの愛犬・アンシュタインの登場シーン、演じた犬、犬種
  • 『バックトゥザフューチャー』のドクの愛犬・コペルニクスの登場シーン、演じた犬
 
スポンサーリンク

ドクの愛犬|アインシュタインとは?

ドクの愛犬・アインシュタイン

本作のテーマ、タイムマシーンを開発したドクは科学者です。ドクはかの有名な物理学者であるアルバート・アインシュタインを尊敬していました。そのため、飼うことなった犬の名前を“アインシュタイン”と名付けたとされています。

では、このかわいいアインシュタインはどこで登場するのでしょうか。

アインシュタインの登場シーン

アインシュタインは、夜の駐車場で初のタイムスリップ実験を行うシーンで登場します。

ドクは開発したデロリアンをコンテナから降ろし、アインシュタインを乗せます。このことから世界で初めてのタイムトラベラーとも言われています。

ちょっと戸惑っている様にも見えますが、おとなしく車に乗ってしまうアインシュタインがかわい過ぎです。冷静に考えると、俳優犬がこんなに落ち着けるものかと感じてしまいます。実はこのシーン、タイムマシーンに乗り込む時は本物ですが、座席に座っているシーンでは、人が犬のぬいぐるみを着ての撮影だったそうです。そう聞かされても分からないほど犬に見えますよね。

 

アインシュタイン役を演じた犬、犬種は?

アインシュタイン役のワンちゃんは“タイガー”という名前です。

犬なのにトラなんだとツッコミたくなりますが。タイガーは、映画公開当初から高齢だったため、残念ながら最初の作品のみの登場でした。

タイガーのような、尨毛(むくげ)で毛がふさふさと垂れている犬は、日本では“ムク犬”として親しまれています。

タイガーの犬種は明らかにはされておらず、ミックス犬とされています。

専門家の考察からは、“カロリアン・シープドッグ” “ピカルディ・シープドッグ” “ブリアード” “ポーリッシュ・ローランド・シープドッグ(ビアーデッド・コリーの基礎犬)” “ソフトコーテッド・ウィートン・テリア”など複数の候補犬が挙げられています。

海外で映画出演する動物の中には保護犬なども活躍しています。動物を引き取って俳優犬などとして育てる活動は積極的に行われており、海外の映画にはミックス犬が多く登場します。

 

ドクの愛犬|コペルニクスとは?

タイムスリップした先で登場する犬

この映画のタイムトラベル先は1955年。ドクは愛犬家らしく、30年前の時代にも犬を飼っています。まるでアインシュタインがミニチュアになったような、かわいい子犬が登場します。

このドクの愛犬の名前は“コペルニクス”と名付けています。当時主流だった天動説を覆し、地動説を唱えた天文学者のニコラウス・コペルニクスからの命名でした。ドクはいずれの愛犬にも敬愛する科学者の名前を付けています。

コペルニクス役のワンちゃんは“フレディー”という名前です。

コペルニクスもアインシュタインと同じように、その後はドクの相棒として活躍しています。

 

バックトゥザフューチャー・ザ・ライド

ユニバーサルスタジオジャパンのアトラクションには以前、バックトゥザフューチャー・ザ・ライドがありました。開園当初からの大人気のアトラクションでしたが、残念ながら2016年5月31日にクローズしています。

アトラクションの内容はドクが開発したデロリアンに乗車するというものでした。ゲストはこのデロリアンに乗り込み、球状型のスクリーンに映像が映し出されるとタイムスリップする冒険の始まりです。この映像の中にはドクの愛犬も登場しています。このワンちゃんはアインシュタインだと思っている人が多いようですが、実はコペルニクスだったようです。

 

まとめ

 

いかがでしたか。映画『バックトゥザフューチャー』に登場する科学者のドク。彼は愛犬家で現代の1985年での愛犬の名前はアンシュタインです。アンシュタインは、世界で初めてタイムトラベラーした動物とされ、俳優犬の名前はタイガーというワンちゃんでした。高齢犬だったこともあり最初の作品のみに出演しています。

そして、タイムスリップした先の1955年に登場したドクの愛犬の名前はコペルニクス。コペルニクス役の俳優犬はフレディーという名前のワンちゃんでした。フレディーはシリーズ作品すべてに出演しており、大活躍しています。

二匹とも犬種は明らかにされてはいませんが、ミックス犬とされています。日本でも“ムク犬”として親しまれています。この映画ではかわいい二匹のワンちゃんが大活躍しています。また、他にも動物たちが登場します。

ぜひ、映画を鑑賞して確認してみてください。

 

以上、バックトゥザフューチャー|ドクの愛犬アインシュタインの犬種は?についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

SF アドベンチャー 洋画
スポンサーリンク
ランキング
全般ランキングにほんブログ村
U-NEXT
見逃し配信バナー

・無料お試し期間が業界最長の31日間
・無料お試し期間の初回登録で600ポイント付与
・お試し期間終了後も継続すると毎月1,200ポイントが付与される
・登録、解約の手続きが簡単
・無料見放題動画の配信数が業界最多
・最新作がレンタル解禁日にいち早く配信される(一部例外あり)
・動画に加えて雑誌や漫画も読み放題多数
・他の動画配信サービスが取り扱っていない大人向け作品が豊富
・スマートテレビ、Fire TV、Chromecast、PlayStation4に対応
・倍速再生やダウンロードによるオフライン再生が可能
・1つの契約で4回線の登録が可能(家族や友達とシェア可)

ムービーライク

コメント

タイトルとURLをコピーしました