スポンサーリンク

Endless SHOCK|映画はつまらない?面白い?堂本光一主演

ジャニーズの堂本光一さんが初演から20年取り組んできたミュージカル「Endless SHOCK」
2020年2月に新型コロナウイルスの影響で公演を中止した後、無観客の帝国劇場でドローンなどを使って撮影されたミュージカル作品を映画化して2週間限定で上映するのですが、ミュージカル作品の映画でしかも舞台上を撮影したものって面白いの?と思う方もいると思います。

 

今回は、「Endless SHOCK」は映画として面白いのか、つまらないかについて紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • 映画「Endless SHOCK」は面白い?
  • 映画「Endless SHOCK」はつまらない?
  • SNSの感想・評価

面白い?

 舞台を生で観ているような臨場感!

堂本光一さんが自ら監督を務めたという映像は、作品のはじまりからオーケストラのチューニングからスタートするというこだわり抜かれた映像となっています。
舞台を観に行った時の幕が上がる高揚感や、ドキドキと期待が高まる感覚にしてくれて、音楽が流れ始めたとに一気にその世界感に没入していく迫力は鳥肌もの
ジャニーズならではの煌びやかなステージと、音楽。
そして出演している人たちのきらきらした瞳と圧倒的な存在感。
劇中で描かれていた「Show must go on」という言葉そのもので、堂本光一さんがジャニーさんの申し子と呼ばれるのも納得のステージになっているのです。

舞台で観る演劇は視点が上手や下手など座席からある程度固定されてしまい一人一人を目で追う形になると思いますが、この作品での流れはアイディアやディレクションに力が入れられており、撮影方法もなんとカメラ16台とドローン1機を用いて撮影されていて、演者さんたちにフォーカスされ、様々な角度から捉えられていて映画のスクリーンならではの映像になっているので、初めてこの舞台を見る方でも見やすい構成となっています。

この舞台で有名な22段の階段を転げ落ちるシーンも、それぞれの演者の表情を捕らえられており迫力だけではない感情を揺さぶる表現となっていて、ハーネスを使用していない自力だけのフライングさえもこだわり抜かれたライティング技術とカメラによる絶妙なアングルで華々しさを増しているのです。

 華々しいショービジネスを描くストーリー

「Endless SHOCK」のストーリーは故ジャニー喜多川さんが作・構成・演出、そして監督をしていた作品なのですが、そのストーリーはというと、繁栄と衰退を繰り返すショービジネスの中心地であるニューヨークのブロードウェイが舞台となっています。
そんなブロードウェイで頂点を目指すコウイチ(堂本光一さん)は、小さな劇場でありながらもいつも大盛況で、コウイチのカンパニーの誰ともが「コウイチとともにショーを続けていきたい」と願っていました。
そんなある日、カンパニーの揺るがすある事件が起こります。
新聞にコウイチのショーが絶賛される記事が載ったことでした。
カンパニーのオーナーはブロードウェイの大舞台からのオファーがあったことを伝え、誰もが「ショービジネスの頂点で仕事が出来る!」と大喜びしコウイチの幼馴染であるタツヤ(上田竜也さん)も
煌びやかな大舞台を夢を見ていますが、そのオファーが次第にコウイチやタツヤ、オーナーの娘であるリカ(梅田彩佳さん)たちに亀裂や混乱が生じてくるのです。
そしてさらにある事件が起こり、コウイチの肉体は最悪の状態に…
それでも「Show must go on」の信念を胸にコウイチはカンパニーをひとつにしていく……。

そんなストーリーになっています。

 Twitterのよかったという反応

実際に舞台を見たことある方でも「知らない面をたくさん見せてもらった気がする」というツイートしているので、映画のスクリーンだから迫力や感動がないというわけではないのですね。

やはり1800回公演されるほどに長年愛され続けている舞台だけあってその人気もとてもすごいものだということがわかりました。

 

AbemaTV 無料体験

つまらない?

有名劇団の舞台を見慣れている人には心もとない?

劇団四季や宝塚歌劇団などの有名劇団の舞台が好きで演劇を見慣れている人には少々心もとないかもしれません。
決して歌が下手だとか外しているなんてことはないですし、声量も出てはいるのですがいわゆる舞台での歌劇的な歌い方ではないジャニーズ的な歌なので物足りない、もしくはちょっと下手に感じてしまうかもしれません。
ミュージカルという形ではありますが、どちらかというとコンサートやライブといったショーの中に演劇があると考えた方がいいかもしれません。
なので通常を意識するような舞台でのセリフの数よりも少ないですし、ストーリーも複雑さもないので物足りなさを感じてしまうようです。

しかし、パフォーマンスの素晴らしさや、仲間たちの葛藤や絆といった演出、堂本光一さんの妥協無しの全力で舞台に取り組む姿勢や共演者やスタッフたちの気合などを感じて頂ければと思います。

 

 映画という尺で考えると上映時間が長い

この作品は映画という尺で考えると約3時間あるので長く感じるかもしれません。そしてチケット代は3000円の特別価格で販売されています。

しかし元は劇場で公演されている舞台なので、むしろ安いかもしれません。
生の舞台では気付けないような息遣いであったり、普段なら席からオペラグラスで観ているような表情なども間近で観ているような迫力のある映像を見られるので3時間という時間もあっという間に感じることが出来ると思います。

 

 Twitterのいまいちな反応

いまいちだったというツイートや微妙だったというツイートは見つけられませんでしたが、敢えて載せるとしたらこちらのツイートでしょうか。
おそらく実際に舞台を見たことがある方なら気付くような違いについてのツイートだと思うのですが、これは映画版としての尺を考えると多少は仕様が変わることもあるでしょう。
ですがそのことを上回るほど評価の高いツイートが多かったです。

 

music.jp

まとめ

Endless SHOCK -Eternal- <for JLODlive>

いかがでしたか?
幻のチケットともいわれるほど毎公演のチケットがとれないと話題になっていて見たくてもなかなか見る機会のなかった舞台が劇場の大画面で観られるチャンスともあればこの機会に見ておきたいですよね!

ジャニーズが好きな方も、ジャニーズはあまり興味はないけどミュージカル映画は好き!という方も是非この機会に観にいってみてはいかがでしょうか。

 

 

以上、Endless SHOCK|映画はつまらない?面白い?堂本光一主演についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

邦画
スポンサーリンク
ランキング
全般ランキングにほんブログ村
スポンサーリンク
U-NEXT
見逃し配信バナー

・無料お試し期間が業界最長の31日間
・無料お試し期間の初回登録で600ポイント付与
・お試し期間終了後も継続すると毎月1,200ポイントが付与される
・登録、解約の手続きが簡単
・無料見放題動画の配信数が業界最多
・最新作がレンタル解禁日にいち早く配信される(一部例外あり)
・動画に加えて雑誌や漫画も読み放題多数
・他の動画配信サービスが取り扱っていない大人向け作品が豊富
・スマートテレビ、Fire TV、Chromecast、PlayStation4に対応
・倍速再生やダウンロードによるオフライン再生が可能
・1つの契約で4回線の登録が可能(家族や友達とシェア可)

TSUTAYAディスカス/TV

◆概要
・無料期間は30日間
・無料トライアルポイント1100ポイント
・月額2659円(税込)
・無料トライアル期間の解約可能

◆TSUTAYA DISCASのメリット
・DVDを借りに行く・返す必要がない
・延滞料金が0円
・ジブリ作品が見れるのはTSUTAディスカスのみ

◆TSUTAYA DISCASのデメリット
・レンタル作品の配送時間がある
・無料期間中は新作レンタル不可

music.jp
music.jp

◆music.jpの概要
・月額1,958円(税込)

◆music.jpのメリット
・30日間無料
・無料期間内は1,600円分ポイントプレゼント
・期間終了後も毎月3,000円分ポイントプレゼント
・835万点以上の音楽、動画、電子書籍が楽しめる
・ダウンロード可能
・スマホ、タブレット、TVで視聴可能
・毎月割引クーポンがもらえる

◆music.jpのデメリット
・購入・レンタルが中心
・動画ポイントは付与された月しか使えない

ムービーライク

コメント

タイトルとURLをコピーしました