スポンサーリンク

哀愁しんでれら|映画は実話?凶悪事件の元ネタとは?結末をネタバレ!

今回は絶賛放映中の映画「哀愁しんでれら」について紹介します!

本作は2021年2月5日に公開され、土屋太鳳さん・田中圭さんのW主演が話題。
監督は「3月のライオン」等の脚本を手掛けた渡辺亮平監督が務めます。

~あらすじ~
児童養護施設で働く小春(演:土屋太鳳)は、26歳の真面目な女性。
幼少期に母親に見捨てられた彼女は「あんな母親にはなりたくない」と強い思いを持ちます。
お金に余裕はなくても、穏やかな生活を送っていた小春。
しかしそんな小春の身に、一晩にして不幸が降りかかってしまう……。
絶望に暮れる小春の前に現れたのは、酒に酔って踏切で倒れている
開業医の大悟(演:田中圭)でした。

この出会いがきっかけになり、急接近する小春と大悟。
二人は結ばれ、大悟の連れ子である「ひかり」と共に家庭を築きます。

最高の幸せを手に入れたと思ったのもつかの間。
物語は波乱の展開に突入していく・・・・・・!

「モンスターペアレント」「幸せとは?」など

様々なテーマを含んだ、衝撃のサスペンス作品です。

そんな中今回は、「哀愁しんでれら|映画は実話?凶悪事件の元ネタとは?結末をネタバレ!」

について紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • 「哀愁しんでれら」は実話?
  • 「哀愁しんでれら」ラスト結末をネタバレ

映画は実話?

 映画の元になった事件とは?

本作では「モンスターペアレント」が一つのテーマとして描かれています。
実は渡部監督が、このテーマを取り上げる元ネタになった実話があるそうなんです。

その事件は2016年茨城県日立市で起こりました。
ある男児の両親が「なぜうちの子が参加していないのに運動会を開催したのか」とクレームを入れたのです。
そして挙句の果てには「自宅に来て事情を説明しろ」「運動会をやり直せ」と無理な要求を突き付けました。
実は運動会に参加しなかった男児はいじめで不登校になっており、学校側も様々な対応を施していました。しかし学校を信用しなかった両親は、無理な要求を突き付け続けたのです。

運動会をめぐる話し合いの席では、両親はついに暴力にも及びました。

運動会が決行されると、母親は激高し包丁を校長へ突きつけます。
父親もそれに同調してしまい一触即発の事態になりました。
幸いにも最悪の事態には至らなかったですが、この両親は逮捕されてしまいます。

このニュースが放送された時、渡辺監督は「あまりに馬鹿馬鹿しくて信じられない」と思ったと同時に「なぜそんな行動に出たのか興味がわいた」と言います。

行き過ぎた愛情と歪んだ価値観。
そんな深層心理に着目したからこそ、心に訴える作品を描けたのかもしれません。

AbemaTV 無料体験

ラスト結末をネタバレ

 ラストの結末とは?

映画のラストでは
「学校生徒が廊下に倒れ、小春・大悟・ひかりの3人だけが教室で授業をしている」
という衝撃のシーンが描かれています。

ガラ空きになった教室でわが子を愛でる、小春と大悟。
それに嬉しそうに応えるひかり。
対照的に広がる残酷な光景に思わず絶句しました。

序盤の幸せな展開から一転。
なぜ、このような結末になってしまったのでしょうか。

 ラストに関係? 一家の歪んだ価値観とは?

この結末には、一家の歪んだ価値観が関係しています。

小春は幼いころ母親に捨てられており「ちゃんとした母親にならなくてはならない」
という価値観を持っています。

大悟もかつて学校でいじめられていて、母親に助けを求めるも逆上して殴られる。
というトラウマを持っていました。
そのことから「子供の為なら何でもするのが親」という価値観を持ちます。

一方ひかりはよい子を演じるも、実は「わがままで狂気的」な面を持つ子供でした。

立派な母親になりたいと思うも、母の愛情を知らない小春。
子供の為なら何でもしたい。という偏った愛情を持つ大悟。

二人の悲しい過去ゆえに、ひかりの狂気を正してあげることができませんでした。
そしてそれが、ラストの悲劇につながっていきます……。

ラストの悲劇が起こってしまった理由

実はラストの結末は、小春と大悟の二人が起こした凶悪事件です。

そして発端となったのは、ひかりの恐ろしい行為でした。

ひかりは学校で、好きな男の子「わたる君」の気を引くため様々な行動を取りますが、
中々上手くいきません。
わたる君には仲のいい女の子「くるみちゃん」がいたからです。

くるみちゃんへの敵意がエスカレートしたひかりは、遂にくるみちゃんを教室の窓から突き落としてしまいます。
何食わぬ顔でお葬式に出席し「ゲームオーバー」と笑うひかり。
そんなひかりの狂気が明るみに出ると、一家は学校や社会から追い込まれます。

小春はひかりの言動から、ひかりがやったのでは? と不安に思いますが、
「子供は守るもの」という価値観に身を委ねてしまいました。
一方大悟も、「こどもの為なら何でもする」という考えにとらわれてきます。

「ひかりを守りたい」

想いがエスカレートした二人は、大悟の校医の立場を使って
ワクチンの代わりに「インスリン」を生徒に注射するという行動に出ます。
インスリンは少し投与するだけで、人を死に至らしめる恐ろしいものでした。

生徒がいなくなり、ひかりを傷つけるものが無くなった学校。
そんな世界で、3人は幸せそうに笑います。

愛情とは、一歩間違えば狂気にもなるのだと震えたラストでした。

music.jp

まとめ

いかがでしたでしょうか。
序盤の小春と大悟の運命的な出会い。そこからの急展開の恐ろしさ。
怖いと思いながらも、スクリーンにくぎ付けになってしまいました。

これは個人的な見解ですが、作中で描かれる怖さは、
単なる狂気ではないのだと思います。

「過去や価値観にとらわれ、目の前の本質を見ようとしないこと」
が一番怖いのだと感じました。

小春も大悟も過去・価値観にとらわれ、ひかりの狂気を正してあげることができません。
愛情を注ごうと必死になっているつもりで、子供が発するメッセージには盲目です。

子供のためにやっているはずが、
本当に大切な「子供と向き合う」ことを放棄してしまっている。

そんな歪んだ愛情が招く悲劇を、目の当たりにした気がします。
本質をよく見て、己の感覚を信じることが大切だと痛感しました。

サスペンスながらメッセージ性が強い本作、ぜひ劇場でご覧になってみてください。

以上、哀愁しんでれら|映画は実話?凶悪事件の元ネタとは?結末をネタバレ!
についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

サスペンス 邦画
スポンサーリンク
ランキング
全般ランキングにほんブログ村
スポンサーリンク
U-NEXT
見逃し配信バナー

・無料お試し期間が業界最長の31日間
・無料お試し期間の初回登録で600ポイント付与
・お試し期間終了後も継続すると毎月1,200ポイントが付与される
・登録、解約の手続きが簡単
・無料見放題動画の配信数が業界最多
・最新作がレンタル解禁日にいち早く配信される(一部例外あり)
・動画に加えて雑誌や漫画も読み放題多数
・他の動画配信サービスが取り扱っていない大人向け作品が豊富
・スマートテレビ、Fire TV、Chromecast、PlayStation4に対応
・倍速再生やダウンロードによるオフライン再生が可能
・1つの契約で4回線の登録が可能(家族や友達とシェア可)

TSUTAYAディスカス/TV

◆概要
・無料期間は30日間
・無料トライアルポイント1100ポイント
・月額2659円(税込)
・無料トライアル期間の解約可能

◆TSUTAYA DISCASのメリット
・DVDを借りに行く・返す必要がない
・延滞料金が0円
・ジブリ作品が見れるのはTSUTAディスカスのみ

◆TSUTAYA DISCASのデメリット
・レンタル作品の配送時間がある
・無料期間中は新作レンタル不可

music.jp
music.jp

◆music.jpの概要
・月額1,958円(税込)

◆music.jpのメリット
・30日間無料
・無料期間内は1,600円分ポイントプレゼント
・期間終了後も毎月3,000円分ポイントプレゼント
・835万点以上の音楽、動画、電子書籍が楽しめる
・ダウンロード可能
・スマホ、タブレット、TVで視聴可能
・毎月割引クーポンがもらえる

◆music.jpのデメリット
・購入・レンタルが中心
・動画ポイントは付与された月しか使えない

ムービーライク

コメント

タイトルとURLをコピーしました