スポンサーリンク

パラサイト半地下の家族|映画は怖いし気まずい?つまらない?面白い?

サスペンス
出典:映画.com
この記事は約8分で読めます。

 

映画『パラサイト半地下の家族』は、韓国で2019年に制作され、アカデミー賞など数々の賞を獲得し、日本でも大ヒットしました。

韓国の貧困層であるキム一家。家族4人は半地下の狭く暗いアパートで日銭暮らし。ある日、キム家の息子は親友から紹介された豪邸に住むパク一家に出会う。パク家の娘の家庭教師を依頼され、最初は断るものの、高給料のため引き受けることに。妹も身分を偽って家庭教師にさせることに成功し、父は運転手、母は家政婦になりすまし、キム一家はパク家に寄生していく…

映画の内容は怖い感じがしますが、気になる作品ですね!本当に面白いのでしょうか。

 

今回は、映画『パラサイト半地下の家族』の感想評価を紹介していきます。

※内容にはネタバレ要素を含みますのでご了承ください。

 

この記事で分かること
  • 『パラサイト半地下の家族』面白い理由
  • 『パラサイト半地下の家族』つまらない理由
  • 『パラサイト半地下の家族』評価について

スポンサーリンク

面白い?

さすがアカデミー賞を受賞した作品

「脚本に無理がなく自然に見れて面白かった」

「貧富の差を描いた映画でアカデミー賞も納得」

この映画は、アメリカの映画業界が主催する第92回アカデミー賞で4部門を受賞しています。

アカデミー賞はこれまで英語以外の映画が受賞したことはありませんでした。異例なことで、史上初の外国語映画での受賞作品です。また、元々はフランス政府が開催し、今や世界の著名人が審査する第72回カンヌ国際映画祭では、最高の賞であるパルム・ドールを受賞しています。

このような世界的な映画祭でのダブル受賞も、実に64年ぶりの快挙作品となりました。この映画は韓国映画の可能性だけでなく、今後の映画業界に影響を与える作品と高評価されています。

日本では2020年1月より劇場公開されていましたが、最初の週の観客動員数は5位でした。しかし、本作がアカデミー賞受賞後の2月15日からの観客動員数では1位になり、その後3週連続で1位を獲得しています。

アカデミー賞の獲得はこんなにも作品を宣伝する効果があるようです。

 

監督のポン・ジュノの世界観が面白い

「ポン・ジュノ監督最新作は貧富の差の問題をグローバルに取り上げた作品」

「今までの社会派の韓国映画とは違うエンターテイメント作品」

監督はポン・ジュノさん。韓国の映画監督・脚本家です。

2000年に『ほえる犬は噛まない』で映画監督デビューし、その後も『殺人の追憶』、『グエムル-漢江の怪物-』は日本でも上映され話題になりました。

これまでポン・ジュノ監督が手掛けた作品は、人間ドラマやサスペンス、ホラータッチの独特な世界観です。

本作は、グローバルな格差社会の問題をテーマに、コメディ要素を取り入れ、ミステリアスに描いています。

 

映画好きには面白い

「完全な超悪的な価値観ではない所が面白かった」

「登場人物を愚かと思えるけどそこが人間臭くて良かった」

この映画は特に後半の怒涛の展開に賛否両論あるようです。観る側の価値観により印象が変わってしまいますので、好き嫌いがはっきり分かれてしまう作品です。

いろいろなジャンルを楽しめる映画好きな方や、客観的な目線で楽しめる方にはお勧めの作品です。

 

怖いし気まずくてつまらない?

出典:bunshun.jp

ホラーとは違う怖ろしさ

「パラサイトは上流家庭のおこぼれに預かって生活していることに、なんの罪悪感どころかなんの負い目も感じていないのが怖い」

「後半はただの殺人ホラー」

この映画では、後半にかけて殺人のシーンがあり、映像的にもグロい場面や人の心情から生まれる悲劇的な部分が多く描かれています。

オチが嫌な後味だったとの感想もある映画です。

 

笑えない怖さにつまらない

「ツッコミどころ満載だなと感じた。」

「主役の家族は機転が利き、頭もいい。みんなで寄生できる宿主を見つけ真面目に働いていたのなら、家計も好転したはず。」

貧富の差はグローバルな深刻な問題なので、この映画はリアルな身近なテーマを扱った物語だと感じられます。

貧困層のキム家の方が富裕層のパク家よりも団結していて、幸せそうに感じる描き方もこの映画の良さです。

しかし、人の命を奪ってまでも…となると、映画とは言えやり過ぎなのではという気持ちにもなります。現実とのギャップに冷めてしまい、この映画がつまらなく感じます。

また、脚本がベタ過ぎて面白くないという声もありますので、観る人によって感想が全く変わります。

 

PG12指定のある気まずいシーン

この映画はエロチックなシーンもあるため映倫ではPG12指定となっています。

この映画は日本でも認知度は高く、タイトルは聞いたことがある方も多いはずです。地上波でも放送予定があるため、家族で観たい方も多いと思います。

しかし、映画のシーンには性的な描写もあり、家族で観るには気まずく感じるという感想もありますので、その辺も考えることをお勧めします!

 

まとめ

 

いかがでしたか。

映画『パラサイト半地下の家族』は外国語映画で初のアカデミー賞受賞作品です。

貧富の差というグローバルな社会問題を扱っていますが、コメディ要素も取り入れられていて観やすい作品です。

しかし、後半につれては、殺人のシーンや人の醜い感情から、悲劇的でグロい映像が怖いとか、後味が悪い。また、この映画はPG12指定でエロチックなシーンもあるため気まずいという声がありました。

一方、グローバルな問題を扱った映画でアカデミー賞を取る納得の作品だとか、愚かな人間臭さを感じられて面白かったという感想も多く、この映画の口コミからは高評価の多い作品でした。

 

以上、パラサイト 半地下の家族|映画は怖いし気まずい?つまらない?面白い?についてご紹介しました!
 
映画『パラサイト 半地下の家族』を無料視聴する方法


・映画を見逃してしまった!


・もう一度観たい!」

 

という方は、次の手順で無料視聴することができます!

 

 

① U-NEXT無料トライアルに登録する

 

② 映画『パラサイト 半地下の家族』を無料で見放題!

 

③ 取得したポイントで他の作品も無料で視聴する

 

④ 31日間以内に解約で、料金は”タダ”

 

\この作品を無料で観るならコチラ/

 

配信サイト配信状況無料期間
U-NEXT
見放題
31日間無料

 

U-NEXTの登録方法はこちらから
>>>

U-NEXTの解約方法はこちらから
>>>

最後までお読みいただきありがとうございました。

サスペンス スリラー ミステリー
スポンサーリンク
ランキング
全般ランキングにほんブログ村
U-NEXT
見逃し配信バナー

・無料お試し期間が業界最長の31日間
・無料お試し期間の初回登録で600ポイント付与
・お試し期間終了後も継続すると毎月1,200ポイントが付与される
・登録、解約の手続きが簡単
・無料見放題動画の配信数が業界最多
・最新作がレンタル解禁日にいち早く配信される(一部例外あり)
・動画に加えて雑誌や漫画も読み放題多数
・他の動画配信サービスが取り扱っていない大人向け作品が豊富
・スマートテレビ、Fire TV、Chromecast、PlayStation4に対応
・倍速再生やダウンロードによるオフライン再生が可能
・1つの契約で4回線の登録が可能(家族や友達とシェア可)

ムービーライク

コメント

タイトルとURLをコピーしました