バックトゥザフューチャー2|映画でビフ老人が消える理由は?

 

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で、2015年のビフが消えていなくなるシーンがあります。

ビフが消えるシーンは映画本編には流れていませんが、未公開としてDVDで確認可能です。

ではなぜビフは、消えてしまったのでしょうか?

今回は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で、ビフが消えた理由について考察してみました。

 

この記事で分かること
  • 「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」でビフが消える理由
  • ビフのモデルになった人物
  • ビフを演じた俳優について
Back to the Future Part 2 Official Trailer #1 – Michael J. Fox, Christopher Lloyd Movie (1989) HD

 

ビフが消える理由は?

出典:IMDb

2015年にデロリアンを発見したビフは、単独で1955年にタイムスリップ。

目的はスポーツ年鑑を若い頃の自分に手渡し、大金持ちになるためです。

目的を果たした後に2015年に帰還するも、ビフは苦しみながら消滅してしまいました。

映画本編では苦しむ様子のみで、苦しんだビフがどうなったかは描かれていません。

1955年から2015年に戻ったビフが消えた理由について、考察してみました。

 

タイムパラドックス説

ビフが消えた理由として考えられるのが、タイムパラドックスの影響によるものです。

わかりやすいようにA時系列とB時系列で説明します。

  • A時系列:バック・トゥ・ザ・フューチャー2当初の時系列
  • B時系列:ビフがスポーツ年鑑を手にして権力を握った時系列

1955年の若いビフにスポーツ年鑑が渡ったことで、B時系列が発生。

A時系列の老人ビフは「存在しない人物」になるため、消えてしまったのでしょう。

 

時系列の矛盾点

B時系列の発生で老人ビフが消えたのなら、矛盾が生じます。

そもそもB時系列が発生したら、A時系列は存在しません。

老人ビフがA時系列の2015年に戻るには、若いビフが100万ドルを手にする前に戻るのが条件です。

B時系列におけるビフの経歴をまとめます。

  • 1955年11月12日:スポーツ年鑑入手
  • 1958年:スポーツで大儲けして100万ドルを入手
  • 1973年:ロレインと結婚。ジョージ・マクフライ死亡。
  • 1979年:賭博を合法化するための運動に取り掛かる。

ビフの人生が一変してB時系列が発生したのは、100万ドルを手にした1958年でしょう。

老人ビフはB時系列が発生していないA時系列の1955年から戻ったと考えると、ビフが2015年に戻れたのは納得できます。

 

ビフが消えた本当の理由は何?

ビフが消えた本当の理由は、やはりタイムパラドックスによるものでしょう。

ポイントとなるのは、もう1つの時間軸であるA時系列αの存在です。

基本的にはA時系列と同じですが、本来のA時系列とは違う事象が発生していた可能性があります。

A時系列ではありますが本来の時系列とは違うため、「A時系列α」として話を進めましょう。

そもそもマーティが1955年に戻り、若いビフからスポーツ年鑑を取り戻すのは、本来の時系列には存在しないもの。

「マーティがスポーツ年鑑を若いビフから取り戻す」ことにより、A時系列とよく似ているA時系列αが発生。

A時系列αの発生の影響をもろに受けて、老人ビフは消滅したのでした。

 

ビフのモデルは?

出典:IMDb

ビフ・タネンのモデルになったのは、当時不動産で勢いづいていたドナルド・トランプです。

脚本を務めたボブ・ゲイルが、アメリカのネットニュースサイトでのインタビューで語っていました。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」のビフは、街の権力者として登場。

カジノが併設されている高層ビルに住む、大金持ちです。

ビフが住むビルは、アメリカのアトランティックシティにあった「トランプ・ホテル・プラザ」に、そっくり!

なお、現在の「トランプ・ホテル・プラザ」は、売却されてしまいました。

 

本人は否定?

スターウォーズで主人公役を務めていたマーク・ハミルは、「ビフはドナルド・トランプを意識して演じていた」とツイート。

マーク・ハミルのツイートに対し、ビフ役を務めたトーマス・F・ウィルソン本人は否定しています。

ビフはドナルド・トランプが基になっているものの、あくまでも参考程度。

演じた際には、あくまでもお金持ちになったビフ・タネンとして演じていたようです。

 

ビフを演じた俳優は?

出典:pinterest.jp

ビフ・タネン役を務めたのは、映画公開当時30歳だったトーマス・F・ウィルソンです。

映画では意地悪な役柄を務めていましたが、本人は温和で優しい性格をしています。

驚くことに、学生時代はビフよりもジョージ・マクフライに近い立場にいました。

学生時代はイジメを受けており、イジメられた経験を活かして役作りを進めたそうです。

 

ビフ役は別人になっていたかもしれない!?

今でこそ、ビフ役としてトーマス・F・ウィルソンしか考えられません。

しかし状況が変わっていたら、トーマス・F・ウィルソン以外の人物が、ビフ役を演じていた可能性があります。

マーティ役には当初、エリック・ストルツが予定されていました。

ビフ役の条件は、身長184cmのエリック・ストルツを圧倒するほどの存在感が必要です。

当初ビフ役として最有力候補に挙がっていたのが、J.J. コーエンでした。

しかしJ.J. コーエンは存在感はあったものの、エリック・ストルツを圧倒するほどの体格ではありません。

そこで選ばれたのが、身長189cmもあったトーマス・F・ウィルソンです。

もし、マーティ役に最初からマイケル・J. フォックスが務めていたら、ビフ役はJ.J. コーエンになっていたことでしょう。

 

ビフ役のトーマス・F・ウィルソンは今何してる?

トーマス・F・ウィルソンは、現在も俳優として活躍中です。

TVドラマを中心に活動しており、「NCIS~ネイビー犯罪捜査藩~」「レジェンド・オブ・トゥモロー」「スポンジ・ボブ(声優)」「ゴースト~天国からのささやき~」などに出演。

また、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のフファンイベントに積極的に参加しています。

意地が悪いビフの中の人は、ファンとの写真撮影も気軽に応じてくれる心優しい人物です。

ちなみに、ロレイン役を務めたリー・トンプソンとも仲が良いです。

リー・トンプソンのツイッターで、「ビフカフェに一緒に来た人はこの人です!」と、トーマス・F・ウィルソンを紹介。

トーマス・F・ウィルソン本人も「待ちきれなかったぜ」とかなりノリノリです。

まさかのツーショットに、リプ欄には「すげー!」「マジか!」「ビックリ」などのメッセージで、埋まっていました。

 

まとめ

Back to the Future Part II (1989) Theatrical Trailer

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」でビフ老人が消えた理由は、時系列の関係性にありました。

タイム・トラベルものの映画は、突き詰めれば突き詰めるほど話が複雑になります。

ビフが消えた理由がどうであれ、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が名作に変わりはありません。

 

以上、「バックトゥザフューチャー2|映画でビフ老人が消える理由は?」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました