武士の献立のストーリー(物語)は?実話?原作は?最後は?ネタバレ解説!

この記事は約5分で読めます。

 


出典:シネマトゥデイ

『武士の献立』は2013年12月14日に公開された松竹・北國新聞共同制作の江戸時代、加賀藩台所方で料理人をする武士を描いた時代劇作品です。

この作品は北國新聞120周年を記念した作品で『釣りバカ日誌シリーズ』の監督・朝原 雄三、主演・上戸 彩、高良 健吾、西田 敏行です。

キャッチコピーは「家族の歴史は、毎日の献立とともにあった――」

本作は2010年に公開された『武士の家計簿』の脚本家・粕田道夫が担当し、史実に起きた加賀藩お家騒動「加賀騒動」をストーリーの軸に加賀藩前田家に仕える会計・料理係といった所帯じみた武士を描くヒューマンドラマです。

それでは、「武士の献立のストーリー(物語)」についてご紹介していきます!

 

武士の献立のストーリー(物語)は?

出典:映画.com

ここでは、「武士の献立のストーリー(物語)」について紹介していきます。

起:女中・春、舟木家に嫁ぐ

江戸時代、加賀藩六代藩主・前田吉徳の側室・お貞の方に孤児で幼いころから仕える女中の春(上戸 彩)は料理の腕があったが夫を立てない性格から嫁ぎ先から出戻っていた。しかし江戸屋敷で加賀藩台所方・舟木伝内(西田 敏行)から料理の腕を見込まれ、彼の息子・安信に嫁ぎます。

承:春、夫・安信を料理指南する

兄の急死で跡取りとなった夫・安信(高良 健吾)は、幼馴染の定之進の妻・佐代に未練があり、台所方の勤めに身が入っておらず、料理の腕も良くなかったのです。

親戚を招いた試食会で料理を批判される安信を目の当たりにした春は、こっそり汁物のだしを取り味付けを替え、夫の面目を守りました。

しかし、その行為に怒った安信が「包丁侍なぞつまらぬ」「料理など女・子供がすること」と暴言を言い、怒った春は「離婚か料理指導か」を賭けた料理勝負を挑み、見事、安信に勝利しました。

春の熱心な指南により安信は徐々に腕を上達させ出世していく。一方で春は姑・満から昔、安信と佐代が恋仲だったと教えられます。

転:舟木家、「加賀騒動」に巻き込まれる

一年後、安信は定之進の勧めで改革派の集会に参加し、藩主に引き立てられ改革派の中心人物である大槻 伝蔵と出会い、彼に傾倒していきます。

しかし藩主・吉徳が亡くなり、大槻は失脚、定之進をはじめ改革派の面々は改易されたが下士である安信にはなんの咎めもなかったのです。

また、この騒動で大槻と不義の関係にあった春の母替わりのお貞の方が幽閉され、大槻が自害した後にお貞の方も後を追うことになりました。

武士の献立の最後(結末)はどうなる?

 

出典:MY VOD

ここでは、「武士の献立の最後(結末)」について紹介していきます。

一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

『武士の献立』の結末では新藩主を祝い徳川家や近隣の大名を集めて饗応料理を振る舞うことになり、伝内と安信で仕切るよう任されます。

しかし、安信の志はいまだ改革派にあり、定之進ら改革派が計画する大槻を追い込んだ保守派重臣・土佐守暗殺計画に参加しようとします。

それに対し春は安信の刀を奪って逃走し、安信の参加を阻止し、結果、定之進ら改革派の残党は全員討たれてしまいました。

怒った安信は春を手打ちにしようとしますがが母が止め、父が倒れたことにより心の整理がつかないまま春と二人で能登へ食材探しの旅に出ることになり、その道中で春への思いを新たにしました。

伝内と安信は見事、饗応を務め終え、加賀藩の威信を保ちました。しかし、役目を終えた安信が家に帰ると春は「自分の役目は終わった。舟木家にもっとふさわしい嫁を」と書き残し、出ていった後でした。

春を探しに安信は藩内を巡り、彼女に再会し、ようやく二人は分かり合うことが出来たのです。

武士の献立の原作はある?

出典:Amazon

ここでは、「武士の献立の原作」について紹介していきます。

『武士の献立』の原作は大石 直紀によって執筆され、放送直前の2013年11月に小学館から刊行されました。

ノベライズでは、映像だけではわかりづらい料理の詳細も描かれており、映画を見る前・後でも楽しめる作品となっています。

武士の献立は実話なの?

出典:LINEトラベルjp

ここでは、「武士の献立の実話」について紹介していきます。

『武士の献立』に出てくる舟木 伝内は史実上でも四條流の「幕府台所人」に師事し、1707年(宝永4年)より加賀藩の御用人となり、彼が執筆した『ちから草』『料理無言抄』といった優れたレシピ集は今も残っています。さらに彼以降、舟木家は明治に至るまで7代にわたり加賀藩ご料理人を務めました。

また、加賀藩のお家騒動である「加賀騒動」は3大お家騒動と呼ばれており、『武士の献立』は史実を忠実に元にした作品となっています。

武士の献立のまとめ

いかがでしたでしょうか?

『武士の献立』は気遣い上手で芯がしっかりした春と無口で不愛想ながらも人を思いやる優しさを持つ安信、婚姻からはじまる二人の関係がじれったいながらも一歩ずつ縮まっていくのを観ることが出来るこころ温まる映画だと私は感じました。

以上、『武士の献立のストーリー(物語)は?実話?原作は?最後は?ネタバレ解説!』についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました