バッドボーイズ2バッド|映画の曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)アーティストは?

この記事は約6分で読めます。

「バッドボーイズ2バッド」は、2003年公開のアメリカのアクション映画です。主演はマーティン・ローレンスとウィルスミス、「2バッド」という絶妙なタイトルの通りお分かりいただけるかもしれませんが、「バッドボーイズ」シリーズの第2作目にあたる映画です。


出典:ソニー・ピクチャーズ公式

 

主人公のマーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)マイク・ラーリー(ウィル・スミス)はマイアミ警察署内の麻薬捜査部隊の隊員です。

前作から引き続いて、シリアス&コメディのハチャメチャ迷コンビっぷりを発揮する2人ですが、こんな部隊にいる人間なので、今作でももれなく麻薬組織を敵に捜査を行なっていきます。

 

ちなみに監督は、その名を聞いた人の概ねの頭に「爆発」というワードがよぎるぐらいの、とにかくド迫力のアクション作品を作る事で有名なマイケル・ベイ!

 

まだこの作品を見た事がない方は、これだけの要素が揃った上で「どんな映画なんだろう!」とワクワクするかと思いますが、作品を華々しく飾る要素としてもう一つ、大切なものがあります。

それは音楽です!

 

というわけで、この記事では映画バッドボーイズ2バッドの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)アーティストは?について紹介していきたいと思います。

 

バッドボーイズ2バッドの曲、アーティストは?


出典:ソニー・ピクチャーズ公式

 

ここでは、バッドボーイズ2バッドの曲、アーティストは?について紹介していきます。

 

以下が劇中歌のリストです。

 

曲名 アーティスト名
Xtreme Machine Paul Linford
Theme from A Summer Place(1959) The City of Prague Philharmonic Orchestra
Stuck in the Middle
Starecase
Atrevido Orishas
Cosmic Dancer Deepsky featuring Jai Uttal
Shake Ya Tailfeather(主題歌) Sean “Diddy” Combs(feat. Nelly & Murphy Lee)
Didn’t Mean Mary J. Blige
Girl I’m a Bad Boy Fat Joe and Sean “Diddy” Combs featuring Dre
Show Me Your Soul Sean “Diddy” Combs, Lenny Kravitz, Pharrell Williams and Loon
Bitch Niggaz Dr. Dre featuring Hittman
Keep Giving Your Love to Me Beyoncé
Love Don’t Love Me Justin Timberlake
Rollout (My Business) Ludacris
Move Bitch Ludacris, Craig Lawson, Bobby Sandimanie and Mystikal, and Lil Jon
Gangsta Sh*t Snoop Dogg with Loon
Menina Heitor Pereira
Toccata and Fugue in D Minor Johann Sebastian Bach
Bad Boys Inner Circle
 
 
映画「バッドボーイズ2バッド」のサウンドトラックはかなり話題になりました。
サントラのプロデューサーであるショーン・コムズ(Sean ”Diddy” Combs)本人の楽曲は勿論、ジャスティン・ティンバーレイクやビヨンセ、メアリー・J・ブライジ、ジェイ・Z、など…
ちょっと考えられないくらいの錚々たるメンバーが参加しています。

どのシーンで流れていた?


出典:ソニー・ピクチャーズ公式

 

ここでは、一部の曲が作中のどのシーンで流れていたか、ご紹介します!

「曲名(アーティスト名)」で以下を読んで頂ければと思います。

Atrevido (Orishas)

麻薬シンジケートの黒幕、ジョニー・タピア(ジョルディ・モリャ)と、マイクの恋人でマーカスの妹であるシド(ガブリエル・ユニオン)がビーチに2人でいるシーンで流れる曲です。その他にもタピアの登場するシーンによく使われています。

キューバ人とアメリカ人のハーフという設定のタピアにまさしくマッチするサウンドは、キューバのHiphopグループ「Orishas」によるものです。

Shake Ya Tailfeather(Sean “Diddy” Combs(feat. Nelly & Murphy Lee)

映画の主題歌ですが、作中のあらゆるシーンでも使われています。

特にウィル・スミスファンは、中盤にマイクが紫色のスーツをビシッと羽織りながら登場するシーンにため息を漏らすことでしょう。

作品の顔とも言えるこの曲、登場するラインナップの中で一番好きという声もとても多いです。

Bad Boys(Inner Circle)

エンディングで流れる曲です。1993年に発表され、その年にグラミー賞も受賞した大ヒット曲です。Inner Circleのレゲエサウンドがこの映画にもぴったりです!

マーカスとマイクの2人がどちらからともなく、自然にこの歌を口ずさむのがお約束のシーンです。「バーッドボーイバーッドボーイ、ワチャゴナドゥ〜♪」

 

改めて、全てにおいてビッグなこの作品にふさわしく、作中に登場する曲のラインナップも本当に豪華だなぁと思います。

 

まさに「Hey, men!」と言いたくなるような、最高にクールなHipHop/R&Bのトラックが勢揃いです。「バッドボーイズ2バッド」のサウンドトラックは、映画を見ている人にも見ていない人にもオススメしたい名盤です。

映画バッドボーイズの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌、エンディング)は?のまとめ

 

 

ここまでバッドボーイズ2バッドの曲・アーティストについて紹介しました。

ど迫力なアクション、豪華な俳優陣、に次いで音楽も、豪華で最高にクールな曲揃いでした!

 

特に「バッドボーイズ2バッド」は、使われている音楽のジャンルと作品内容が直結して結びつきやすいので、映像なしで曲だけを聞いてもすぐに、2人のいるマイアミにトリップできてしまいそうです。

やはり改めて、映画を彩る上でとても大切な要素なんだな、と再認識します。

 

ぜひ流れている音楽にも注目しながら作品をチェックしてみてください!

 

以上、映画バッドボーイズ2バッドの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)アーティストは?について紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました