映画デイアフタートゥモローの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?

この記事は約6分で読めます。

映画「デイアフタートゥモロー」は、2004年公開のアメリカの映画です。自然災害を題材にしたパニック映画で、SFの要素を含みながらも現実に起きた現象の描写もあり、とてもリアルに自然の脅威を描いた作品です。

温暖化により突如地球に氷河期が訪れるとういうスケールの大きさが際立つ作品で、主演の一人、ジェイク・ギレンホールの代表作でもあります。

 

この記事ではそんな映画「デイアフタートゥモロー」のストーリーを、より壮大に仕立て上げている音楽に注目し、ご紹介していきたいと思います。

 

 

「デイアフタートゥモロー」で使用されている曲は?

出典:シネマトゥデイ

ここからは「デイアフタートゥモロー」の音楽について詳しくみていきたいと思います。

音楽担当:ハラルド・クローサー

まず、この作品の音楽を担当するのはハラルド・クローサーです。作曲家でもあり、脚本、映画プロデュースを担当することもあるそうです。

 

これまでに音楽を手掛けてきた作品には「エイリアンVSプレデター」や「2012」「インデペンデンスデイ:リサージェンス」など。

本作品でメガホンをとっているローランド・エメリッヒ監督とは数多くの作品でタッグを組み、様々な大作を生み出してきました。まさにパニック映画の巨匠2人と言えるでしょう。

Harald Kloser「The Day After Tomorrow」

そんなハラルド・クローサーによる作中の音楽は全てオーケストラ主体で、鳥肌が立つほどの壮厳さです。

特にメインテーマは、まさに人類の前に立ちはだかる自然の脅威を連想させるようです。重厚なオーケストラサウンドが映像と一緒くたになり、覆いかぶさってくるような感覚さえも覚えます。

 

アーティスト名「Do You Really Want to Hurt Me」

ジャックの息子であるサムが、ニューヨークでクイズ大会の後学校のパーティーに参加するシーンで流れている曲です。

80年代に一世を風靡した「Culture Club」から、1982年のメガヒットナンバー「Do You Really Want to Hurt Me(君は完璧さ)」です。

 

day after tomorrow「more than a million miles」

映画のタイトルと同じ名前の日本のグループ「day after tomorrow」の曲が、実は日本語吹き替え版のエンディング・テーマとなっているのです。

ストリングスパートもふんだんに収録されていて、未曾有の自然災害をテーマにした本作のイメージに合わせた大なロックバラードナンバーとなっています。

映画の公開の翌年2005年に活動を休止したday after tomorrowは、タレント・歌手であるmisonoさんが在籍していたグループでした。

「デイアフタートゥモロー」の使用曲に関する口コミ評判は?

出典:ビデオマーケット

さて、ここでは「デイアフタートゥモロー」を見た方々が、使用されている音楽にどのようなことを感じたか、口コミ・評判をまとめながらご紹介していきたいと思います。

Culture Clubの曲、ここで使われていたのか!

 

 

パーティーのワンシーンで流れるまさかの80’sキラーチューン、皆さんなかなか予期せぬ選曲に驚かされるようです。
 
なぜ2004年のこの映画でカルチャークラブのヒットナンバーを起用したのか、細かいところではあるかもしれませんが、気になりますね。
 

タイトルと同名の縁で…

 

 

 

日本語吹き替え版のエンディングテーマに起用されたday after tomorrowの「more than a million miles」。misonoさんの混じり気のない声で歌い上げられるこの曲のファンの声も、SNS上で多く見られました。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

ハラルド・クローサーによるこの作品のサウンドトラックは、とても完成度が高くオススメなので、ご興味がある方はぜひチェックしてみて欲しいです。

そして、「more than a million miles」を込みで作品を楽しみたい方は、ぜひ日本語吹き替え版見てみてくださいね!

映画「デイアフタートゥモロー」の使用曲・音楽についてのまとめ

 

ここまでで映画「デイアフタートゥモロー」の曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)についてご紹介してきました。

 

私自身もこの作品を以前に見たことがありましたが、吹き替え版に同名、day after tomorrowの楽曲が起用されていたとは知りませんでした。

ハラルド・クローサーのサウンドトラックを今聞き返してみても、とんでもないスケールを感じさせてくれる素晴らしい楽曲揃いです。

今一度、作品の大きな力となっている音楽にも注目しつつ、私も見直してみたいと思いました。ぜひまだご覧になったことのない方はチェックしてみてください!

 

 

以上、映画デイアフタートゥモローの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました