インターステラー|続編はあるのかラストから考察|あらすじネタバレも

出典:Yahoo!映画
この記事は約12分で読めます。

 

現在世界中の観客を混乱に陥れている映画「TENET」。

監督は「ダークナイト三部作」「インセプション 」「ダンケルク」で有名なクリストファー・ノーラン

彼の監督作で最も壮大なスケールで展開するのが、今回ご紹介する「インターステラー

物理学者キップ・ソーン監修で、徹底的な科学考証に基づき作られた今作品のストーリーと映像は多くの観客に驚きと感動を与えました。

 

本記事では、結末までを含めたあらすじを紹介しながら、今作品の続編の可能性について考えていきたいと思います。

 

 

この記事で分かること
  • 映画「インターステラー」のネタバレあらすじ
  • 映画「インターステラー」の続編はあるのか

 

インターステラー丨予告動画

映画『インターステラー』予告2【HD】2014年11月22日公開

インターステラー丨作品情報

タイトル インターステラー
原題 Interstellar
日本公開日 2014年11月22日
上映時間 169分
ジャンル SF
監督 クリストファー・ノーラン
脚本

ジョナサン・ノーラン

クリストファー・ノーラン

製作 エマ・トーマス
製作総指揮

ジェイク・マイヤーズ

キップ・ソーン

ジョーダン・ゴールドバーグ

トーマス・タル

製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザーズ・エンターテイメント/パラマウント映画

インターステラー丨主な登場人物(キャスト)

ジョセフ・クーパー(マシュー・マコノヒー)
妻を脳腫瘍で亡くし、マーフィーとトムを男手一つで育ててきた。事故で宇宙飛行士を辞めるも、宇宙への憧れは捨て切れておらず、彼の科学への熱意はマーフィーに引き継がれる。

アメリア・ブランド(アン・ハサウェイ)
ブランド教授の娘で自らも科学者である。人類移住の代替案の研究を任せられ受精卵の管理をしている。ラザロ計画のメンバーの1人であるエドマンズと恋人であり、心から切に会いたいと願っている。

マーフィー・クーパー(幼少期:マッケンジー・フォイ/成人期:ジェシカ・チャスティン)
ジョセフの娘で父親譲りの科学好き。観察及び考察力に優れ、グランド教授に一目を置かれる。宇宙へ旅立つ父に対する愛憎を押し殺しながら成長し、グランド教授の下で重力に関する研究を行う。

トム・クーパー(幼少期:ティモシー・シャラメ/成人期:ケイシー・アフレック)
ジョセフの息子で家業であるとうもろこし畑を引き継ぐために父から様々な教えを受ける。大人になり子供を2人設けるが、1人は病気で亡くし、とうもろこし畑は疫病で徐々に蝕まれ精神的に追い詰められていく。

ロミリー(デヴィッド・ジャーシー)
クーパーと同行する仲間の1人。ミラー博士の惑星にいく際に、自ら母船に残りブラックホールの研究を行う。

ドイル(ウェス・ベントリー)
クーパーと同行する仲間の1人。惑星の探索の方針を巡り、ジョセフと対立するが最終的に彼に従い共にミラー博士の惑星に向かう。

ブランド教授(マイケル・ケイン)
NASAでラザロ計画に携わりながら、重力の研究を長年行ったきた。ジョセフとは古い仲で、彼の旅立ちの後クーパー家の面倒を見ることになる。

マン博士(マット・デイモン)
ラザロ計画のリーダーであり、惑星発見のシグナルを送れた数少ない内の1人。

インターステラー|あらすじネタバレは?

インターステラーのあらすじ(ストーリー)を結末まで解説しています。ネタバレ要素を含むためご注意下さい。

インターステラー丨あらすじ 【起】

出典:映画.com

地球では疫病により、農作物が枯れ大地は荒み砂漠化が進んでいました。

元宇宙飛行士のジョセフ・クーパーは、娘のマーフィーと息子のトム、義父と暮らしながらとうもろこし畑で生計を立てています。

近頃、マーフィーの部屋で本棚から本や模型が落ちるなど不可解な現象が起きており、彼女はそれを「幽霊」の仕業と訴えます。

クーパーは「幽霊」について観察・記録して解明するように諭します。

ある日、砂嵐が町を襲います。野球観戦していた一家は家に逃げ帰りますが、マーフィーの部屋で重力異常が起きてました。空気中に漂う砂が無数の線を描くように床に積もっていたのです。

それはバイナリコードであり特定の位置座標を示していました。

クーパーはマーフィーと共に、座標の場所にいくと、そこにはNASAの秘密基地がありました。そして、恩師であったブランド教授と再会を果たします。

 

インターステラー丨あらすじ 【承】

NASAは秘密裏に「ラザロ計画」を進めていました。

事の始まりは48年前、土星付近に銀河と銀河を繋ぐ「ワームホール」が出現したのです。人類は「ワームホール」の発生を、人類を救おうとする高次元の存在「彼ら」によるものではないかと考えていました。

別銀河で人類が移住可能な惑星を見つける事を目的に、10年前にマン博士率いる12人のパイロットたちが旅立ちました。内数名から惑星発見のシグナルが送られてきました。

ブランド教授は、クーパーに彼らの救出と発見された惑星が「第二の地球」となり得るか調査してきて欲しいと依頼します。

いつ戻れるか分からない任務内容に、クーパーは迷いを示します。

しかし、地球にいても滅亡を待つだけと思った彼は、娘たちの未来を守るため任務参加を決意します。

マーフィーは母親を病気で亡くした上に、父親がいなくなってしまう事実に嘆き悲しみます。

クーパーは自分の時計と時間を揃えた腕時計を渡すが、マーフィーは彼を拒絶します。

娘とのわだかまりが残ったまま、クーパーは宇宙へと旅立ちます。

仲間は、ロミリー・ドイル・ブランド教授の娘アメリア、そして人工知能ロボットのTARSとCASE。

人工睡眠で眠りながら2年かけて土星に向かう中で、地球からトムと義父からのメッセージが来ていました。が、マーフィーのものはありませんでした。

ワームホールに突入すると、宇宙船のコントロールが効かなくなります。アメリアは途中で謎の存在と握手を交わし、それを「彼ら」だと思い込みます。

宇宙船はワームホールを抜け、別銀河にたどり着きます。

そこには「ガルガンチュア」と呼ばれる光り輝くブラックホールが存在する世界でした。

シグナルを送ってくるのは、ミラー・エドマンズ・マン博士の3名からでした。

一番近いミラー博士の惑星に行く事になるが、地球よりも重力が強く、惑星での1時間が地球の7年分に相当することが分かります。

ロミリーを母船に残し、クーパーたちはミラー博士とデータの回収を急ぎます。惑星全体が水で覆われており、シグナルを辿るとミラー博士の船の残骸がありました。そして、遠くから巨大な津波が見え、ミラー博士はこれに飲み込まれたことを知ります。

津波が宇宙船を直撃してドナルが死亡、何とかエンジンを復帰させて惑星から脱出しました。

母船に戻ったときには、ロミリーから23年以上が経過していることを知らされます。

地球からのビデオメッセージが、23年分のメッセージが残されており、息子トムの成長と共に地球の状況を知らされます。そして、最後に自分と同じ歳になったマーフィーの姿が映されており、クーパーは涙を流します。

 

インターステラー丨あらすじ 【転】

出典:TIME

大人になったマーフィーはブランド教授と共に、重力に関する方程式の研究にとりかかっていました。

この方程式を解くことで、地球上の人類を載せた宇宙ステーションを飛ばして、他の惑星に移住できるようにするためです。彼女はふと研究に穴があることを教授に指摘するが、話をはぐらかされます。

そして、ブランド教授は亡くなってしまいます。亡くなる直前「ある謝罪」をする教授に、混乱した彼女はビデオメッセージをクーパーたちに送ります。

クーパーたちは時間と残りの燃料を考慮して、残り二つの惑星の内、どちらか一つに絞ることを検討します。そこで、エドマンズの惑星を推すアメリアを問いただし、エドマンズが彼女の恋人であったことが発覚します。

「愛は観測可能」だと信じる彼女に、客観的な判断からマン博士のいる惑星に行くと説得します。

その惑星は氷で覆われており、人工睡眠をしていたマン博士を起こします。

彼によれば、氷の下にある地表の空気の組成が人類生存に適していました。

この惑星こそ理想の惑星と思ったときに、マーフィーからのメッセージが届きました。

実は、今回の任務は「人類の移住」ではなく「人類の存続」が目的だったのです。

教授の重力操作の研究はブラックホールの特異点のデータが必要でした。しかし、それは人類が観測できない領域でもありました。そのため、人類の生存可能な惑星を見つけた場合、受精卵から新たな人類を創造するプランが本当の目的でした。クーパーたちは騙されていたのです。

これを受け入れられないクーパーは地球に戻ることを決意します。ロミリーも協力してくれ、帰還中にブラックホール「ガルガンチュア」のデータをとる事にします。

 

インターステラー丨あらすじ 【結末・ラスト(ネタバレ)】

出典:SPACE.com

 

場所を移したマン博士はクーパーに真実を話す。

実は、マン博士は孤独と絶望に耐えかねてデータを改竄した上で、シグナルを送っていました。この氷の惑星は、理想の惑星などではなかったのです。クーパーの宇宙服を壊した上で置き去りにし、彼は宇宙船を奪い母船を目指します。

クーパーはアメリアに救出されるが、ロミリーはマン博士の基地の爆発に巻き込まて亡くなります。

TARSの機転により、マン博士は母船にドッキングできなくなりましたが、強行したために宇宙船は爆発します。

惑星に墜落しかけた母船を追いかけ、ギリギリのところで母船とドッキングに成功、クーパーとアメリアは惑星を後にします。

燃料が少ない中、ガルガンチュアの重力を反動に推進力とする「スイングバイ」でエドマンズの惑星を目指す事にしました。母船を軽くするため、移動用の宇宙船を切り離す事になりTARSがその宇宙船に残ります。

スイングバイは成功したかに見えたが、クーパーの乗る宇宙船自身も犠牲にする必要がありました。全てはアメリアをエドマンズに会わせるために、クーパーは嘘をついていました。

母船から切り離されガルガンチュアに落ちていくクーパー。

ガルガンチュア内でクーパーは無数の部屋が連なる空間に迷い込みます。

それは、あらゆる時間のマーフィーの部屋で構成された5次元の世界でした。過去のマーフィーに本棚越しで連絡を取ろうと試みます。

本をモールス信号として落とすことでメッセージを伝えようとする中で、あの「幽霊」は自分であったと気づきます。

TARSと無事連絡が取れたクーパーは過去を変えるのではなく、未来への橋渡しをすることが自分の役目だと知ります。ブラックホールの特異点の観測データをTARSにモールス信号に変換してもらい、マーフィーの部屋に送ります。

大人のマーフィーは部屋に残してあった、あの腕時計の針が小刻みで動いている事に気づき、これが父からのメッセージだと理解します。

そして、彼女はそれを基にして重力の謎を解きました。

役割を終えたクーパーは空間が閉じていく中、これが未来の人類によるものだと悟ります。

彼はワームホールを通り、過去のアメリアと握手を交わし、土星近くを漂流します。

彼は土星周囲に建造された「クーパー・ステーション」に救出されます。人類は、マーフィーの研究により地球から脱出できていたのでした。

クーパーはそこで自分よりも年老いたマーフィーと再会します。彼女の側にいようとするクーパーに、マーフィーはアメリアを迎えにいくよう諭します。

回収されていたTARSと共に、クーパーは再び宇宙に旅立ちエドマンズの惑星を目指します。

1人惑星に降り立ったアメリアは、エドマンズの遺体を見つけて埋葬します。

アメリアは最後宇宙服のヘルメットを脱ぎ、1人研究に取り掛かろうとしていた。それは、この惑星こそが人類の新しい故郷になり得る星であることを意味していました。

 

インターステラー|続編はある?

クリストファー・ノーランという作家性について

映画『ダークナイト ライジング』予告編3

まず、インターステラーの続編を考えるにあたって知るべきことがあります。それは、クリストファー・ノーランという「作家」の映画への姿勢についてです。

彼は、映画を「一本の完成された物語」として作ることが前提にあります。

彼のフィルモグラフィーの中で「続編」があるのはダークナイト三部作だけです。主演を務めたクリスチャン・ベールによれば、3作目にあたる「ダークナイト・ライジング」は当初製作予定はなかったそうです。そして、3作目のあのラストに続編を期待する声も多かったですが、監督の中ではもうこれ以上はないそうです。

私個人の考えとして、彼の作家性というのは、「主人公が世界の中で自分の存在価値を認識すること」を描く事にあります。

本映画でもクーパーは娘から離れ自分の人生を生き始めるところで物語が終わります。

これを考えると、ノーラン監督としては描きたい内容が終わっています。

現状、インターステラーの続編の話は上がってないのはこのためと思われます。

 

納得のいく脚本があれば…?

映画『インセプション』10周年記念予告 2020年8月14日(金)IMAX®/4Dにて緊急公開

とはいえ、ノーラン監督が納得のいく脚本さえあれば続編も夢ではないです。

 

クーパーとアメリアが惑星を開拓していく話や、マン博士たちのラザロ計画を深掘る前日譚も面白そうですが、どちらもノーラン監督は興味なさそうですね。

こういうのは別の製作者がドラマを作るなんて、事にもなりそうですがその話も今のところないですね。

 

寧ろ、同じ世界観をベースにしつつはるか先の未来話なんて企画の方が興味ありそうですね。ノーラン監督の映画は基本的に現実にある銃やガジェットが出てくることが多いので、近未来のガジェットを駆使したSFアクション映画はとても面白そうです!

 

インターステラー続編はある?ラストから考察|あらすじネタバレも!のまとめ

映画『インターステラー』予告3【HD】2014年11月22日公開
 
いかがでしたでしょうか?
 
ノーラン監督作の中で、最も壮大な物語でありながら、「愛の存在」を証明するストーリーに多くの方が涙を流しのではないでしょうか?
 
続編は今のところ話が出ておらず、続きが見たい人にとっては残念だと思います。
 
ですが、TENETが今公開されているように、監督には今後も新しい物語を作り続けて欲しいですね!
 
 
以上、「インターステラー続編はある?ラストから考察|あらすじネタバレも!」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] インターステラー続編はある?ラストから考察|あらすじネタバレも!…s… 映画『インターステラー』特別予告 […]

  2. […] インターステラー続編はある?ラストから考察|あらすじネタバレも!…s… […]

タイトルとURLをコピーしました