ハリー・ポッターとアズカバンの囚人|逆転時計は矛盾?音楽についても

ファンタジー
出典:IMDb
ファンタジー 洋画
この記事は約7分で読めます。

 

大人気シリーズ・ハリーポッタ3作目「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」

監督を務めるのは、後にアカデミー賞を獲得したアルフォンソ・キュアロンです。

アルフォンソ・キュアロンは「ハリーポッターとアズカバンの囚人」で、アカデミー賞にノミネートされました。

作中では逆転時計が登場し印象的なシーンとなっていますが、ネットでは矛盾が指摘されています。

ネットの指摘通り、逆転時計のシーンは本当に矛盾しているのでしょうか?

また映画「ハリーポッタとアズカバンの囚人」で起用されている、音楽についても紹介します。

 

この記事で分かること
  • 逆転時計のシーンの矛盾点
  • 逆転時計のシーンの流れ
  • 「ハリーポッターとアズガバンの囚人」の音楽と曲
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人【予告編】

 

逆転時計は矛盾している?

出典:IMDb

凶悪犯シリウス・ブラックの正体を知った、ハリー・ポッター。

シリウス・ブラックの正体はハリーの恩人で、無実の罪によりアズカバンに投獄されていたのです。

シリウスの無実が明らかになるも、13歳の子供の証言ではどうすることもできません。

そこで無実のシリウスを助けるために用いられたのが、逆転時計(タイムターナー)です。

逆転時計は、マクゴナガル先生からもらったものでした。

ハーマイオニーは逆転時計を使い、色んな授業に出ていたのです。

 

時系列整理

時系列を整理してみましょう。

  • 19:30:ハリー・ハーマイオニー・ロンはハグリットの家へ向かう
  • 20:55(日没):バックビークが処刑される
  • 21:00頃~22:00頃か?:ハリー・ハーマイオニー・ロンは叫びの屋敷へ
  • 22:00頃~23:00頃か?:ハリーとシリウスは湖でディメンターに襲われるも助かる。
    ※ハリーとシリウスを助けたのは未来から来たハリー
  • 23:55:医務室で目覚めるハリーは、逆転時計を使い、ハーマイオニーと共に過去へ飛ぶ

時系列を揃えると、矛盾が出てきました。

逆転時計を使うのは、ハリーが倒れた後です。

湖でハリーとシリウスがディメンターに襲われている時、未来のハリーは存在していません。

未来のハリーがいないため、ディメンターにやられてしまいます。

つまり、ハリーとシリウスが無事でいるのは矛盾していることになるでしょう。

するとハリーとシリウスを助けた人物は、一体誰になるのでしょうか?

突き詰めれば突き詰めるほど、謎はどんどん深まるばかりです。

 

過去へ飛んだハリーとハーマイオニーの時系列

次に、過去に飛んだハリーとハーマイオニーの時系列を整理してみましょう。

  • 19:30:過去から、未来のハリーとハーマイオニーがやって来る。
  • 20:55:ハリーとハーマイオニーは処刑寸前のビックバークを救う。
  • 21:30頃:逃したビックバークを引き連れて暴れ柳(叫びの屋敷)付近で待ち伏せる。
  • 22:00~23:00頃:暴れ柳付近でルーピン先生とシリウスの激闘を目撃。
  • 23:00頃:湖で襲われている過去ハリーとシリウスを未来のハリーが救う。
  • 23:50過ぎ頃:牢屋に囚われていたシリウスを救出。
  • 23:55:大急ぎで医務室へと戻る。過去に飛んだハリーとハーマイオニーと入れ替わる。

歴史は永遠と繰り返されるものと考えれば、ハリーとシリウスが無事である説明がつきます。

ハリーとシリウスを助けたのは、未来からやって来たハリーであるのは確実!

証拠は、エクスペクト・パトローナムが牡鹿になっていたことです。

エクスペクト・パトローナムにより出現する守護霊は、人によって変わります。

  • ロン:犬
  • ハーマイオニー:かわうそ
  • ダンブルドア校長:不死鳥
  • ルーピン先生:狼
  • スネイプ先生:牝鹿

ロンとハーマイオニーが「エクスペクト・パトローナム」が使えるようになるのは、後の話。

「ハリー・ポッターとアズガバンの囚人」時点において、牡鹿の守護霊を出せる人は、ハリー・ポッターのみです。

未来のハリーが過去のハリーとシリウスを助けたことについて、何の矛盾もありません。

 

逆転時計の矛盾点はハーマイオニーにあり?

逆転時計の矛盾点を挙げるとすれば、ハーマイオニーの使い方でしょう。

ハーマイオニーは逆転時計を使い、複数の授業を受けていました。

逆転時計のルールは、過去の自分と出会ってはいけないことです。

つまり過去のハーマイオニーと同じ授業を受けてしまうと、大変なことになってしまいます。

しかし同じ授業ではなく、別の授業を受けていれば矛盾はありません。

 

音楽、曲は?

出典:IMDb

「アズカバンの囚人」の音楽は、ダークな部分が強調されています。

前作は主人公のハリーが子供であるため、明るめの曲も多くなっていました。

3作目に入り、ハリーが思春期の微妙なお年頃に突入したこともあるでしょう。

しかし作風は前作2作よりもダークになったことも、関係しているように思えます。

前2作と大きく印象が変わった、「アズガバンの囚人」で使われた曲や音楽について取り上げてみました。

 

音楽を担当したのは映画音楽界の巨匠!

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の音楽を担当したのは、映画音楽界の巨匠であるジョン・ウィリアムズです。

「アズカバンの囚人」だけでなく、他のハリー・ポッターシリーズも、ジョン・ウィリアムズが手掛けました。

ジョン・ウィリアムズの名前を聞いたことがなくても、どこかで曲を聞いたことがあるかもしれません。

  • ジョーズ
  • スーパーマン
  • スターウォーズシリーズ
  • インディージョーンズ
  • ホーム・アローン

超有名映画を手掛けてきたのが、ジョン・ウィリアムズです。

映画音楽の他にも、オリンピックで使う楽曲も提供してきました。

 

映画冒頭で流れる音楽は「ルーモス!」

映画の最初に流れる曲名は、「Lumos!(Hedwig’s Theme)」です。

曲の始めはオルゴールのメロディーで、曲が進むにつれて壮大な曲調へと変わります。

ちなみに曲名の「Lumos!」は、光を灯す呪文です。

曲が始まると、映画配給元のワーナーブラザーズのロゴが暗闇から浮かび上がります。

シーンが進むと、ロゴを浮かび上がらせたのがハリーの魔法「ルーモス」だったことがわかるようになっていました。

ハリーがルーモスの呪文を発している場所は、ベッドの中。

育ての親バーノンおじさんに呪文を発しているのを見つかれば、ただでは済まされません。

ハリーがバーノン家で置かれている状況が、ジョン・ウィリアムズの曲と最初のシーンで、明らかになる仕組みとなっていました。

 

逆転時計のシーンで使われたのは「過去への転送」

逆転時計を使ったシーンで使われている曲名は、「Forward to Time Past」です。

直訳すると「過去への転送」ですが、日本版サントラでは「過去の時間へ」となっていました。

映画のシーンは時間が深く関係しているため、チクタクと秒針の音が特徴的です。

曲が始まるのが、ハーマイオニーが逆転時計を使った時。

曲調はクラシカルですが秒針の音効果により、スピーディーなシーンとなりました。

 

まとめ

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人【予告編】

 

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」最大の見せ場である、逆転時計のシーン。

話が一気に難しくなるため、矛盾があるのではと思われるのも当然でしょう。

気になる矛盾点も映画をよく見れば、筋が通っているのはわかります。

難しいことは考えずに、もっと気楽に映画を楽しんでいきましょう!

 

以上、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人|逆転時計は矛盾?音楽についても」についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました