ドクター・デスの遺産|映画のあらすじネタバレ結末|犯人の正体は? 

 

2020年11月13日に公開されたクライム・サスペンス映画です。

中山七里さんの小説「ドクター・デスの遺産」を原作にした本作は、実在のアメリカ医師・ジャック・ケヴォーキアンをモデルに、安楽死をテーマにした作品です。

ドクター・デスの正体を暴くため捜査を開始する刑事として、実力派俳優の綾野剛と北川景子さんが初共演し緊張感あふれる内容に味を出しています。

 

警視庁に寄せられた一本の電話から、闇サイトで依頼を受け安楽死をさせる連続殺人犯”ドクター・デス”の存在にたどり着いた刑事の犬養、高千穂コンビが捜査に乗り出す。すでに何人もの安楽死を実行していたドクター・デスの正体をつかむため遺族に話を聞きに言っても、皆が口を揃えたかのようにドクター・デスへの感謝を口にするのだった。

果たして、ドクター・デスは殺人犯かそれとも救世主なのか・・。

 

今回は、ドクター・デスの遺産|映画のあらすじネタバレ結末|犯人の正体は?

について紹介していきます。

 

この記事で分かること
  • 「ドクター・デスの遺産」の登場人物
  • 「ドクター・デスの遺産」のあらすじネタバレ
  • 「ドクター・デスの遺産」のまとめ
映画『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』本予告 2020年11月13日(金)公開

登場人物(キャスト一覧)

出典:「ドクター・デスの遺産」公式サイト

犬養隼人(綾野剛)

警視庁捜査一課の敏腕刑事で、刑事としての強い信念を持っていて、すぐに感情的になってしまうところがある。

亡くなった妻との間に一人娘がいるが、現在腎臓の病を患い入院中。

 

高千穂明日香(北川景子)

警視庁捜査一課の刑事で犬養の相棒。

犬養とは違い常に冷静沈着で彼が感情的になてしまった時も冷静に対処するが、いざという時は大胆な行動に出ることができる。

あらすじ

出典:映画.com

 

あらすじ

終末期の患者ばかりが次々と不審な死を遂げる事件が相次ぎ、捜査に乗り出した刑事の犬養と高千穂は、依頼を受けて患者を安楽死させる「ドクター・デス」と呼ばれる医者の存在にたどり着く。しかし、そんな矢先、重度の腎臓病に苦しんでいる犬養の一人娘の沙耶香が、ドクター・デスに安楽死を依頼してしまい……。

引用:映画.com

ネタバレ結末

あらすじ【結】

病院内での安楽死は実行できないと感じた雛森は、沙耶香を病院外に連れ出そうとしますが、車に乗る直前に恐怖を感じた沙耶香は、犬養に電話をします。

そんな沙耶香を無理やり車に乗せる雛森。

沙耶香の異変に気づいた犬養は、沙耶香の入院する病院へと走ります。

そんな犬養に雛森から「沙耶香の最後を見せてあげるから、一人で思いでの場所に来い」と連絡が入ります。

ドクター・デスの正体は雛森の事だったのです。

急いで家族の思い出の場所へと向かった犬養は、沙耶香を見つけますが一瞬の隙をつかれ雛森に麻酔をうたれ動けなくなってしまいます。

しかし、そこへ犬養を追ってきた高千穂が現れ雛森を蹴り飛ばし、何とか沙耶香を保護することに成功するのでした。

「ドクター・デス」として多くの人を安楽死という形で殺してきた雛森の事件は、世の中を騒然とさせていました。

そして、犬養と高千穂は最初に通報してくれた少年・大地の笑顔を見届けるのでした。

まとめ

映画『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』本予告 2020年11月13日(金)公開

 

ドクター・デスの遺産|映画のあらすじネタバレ結末についてご紹介させていただきました。

公開まで隠されていたキャスト陣もついに発表され、ますます話題になっている本作は「安楽死」という日本が抱える問題をテーマにした作品になっています。

重たいように感じる内容ですが、実は家族愛や仲間愛などのヒューマンドラマも描かれている作品で老若男女関係なく楽しめるストーリーになっているように感じます。

もし、自分の家族だったら・・という視点で楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

以上、ドクター・デスの遺産|映画のあらすじネタバレ結末についてご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました