ホワイトハウスの陰謀|映画の原題の意味は?ネタバレ口コミ評判まとめ

この記事は約7分で読めます。

この映画は1997年にアメリカで製作された、アクション・サスペンス映画で、ホワイトハウスで起きた殺人事件の裏に潜む陰謀を、リージス刑事(フェイブリー・スナイプス)が解き明かしていくとういストーリーになっています。


出典:IMDb

 

洋画を見終わったあとで、映画のタイトルの原題はなんだろうって思うことってありますよね?
また、その意味が分かると変にスッキリしませんか?

洋画って多くの人に見られていると思いますし、今作も注目度が高い作品のため、多くの人がどう思っているのか気になりますよね?

個人的には映画鑑賞後、他の人たちの感想を見ながら振り返ることが好きだったりします♪

 

この記事では、みなさんが気になっている「ホワイトハウスの陰謀」の原題の意味や評判を、なるべく分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

・「ホワイトハウスの陰謀」の原題の意味が面白い!
・ネタバレあり?な口コミ、評判をご紹介!
・映画がみたくなる!「ホワイトハウスの陰謀」のあらすじ
・「ホワイトハウスの陰謀」の予告動画をご紹介!

ホワイトハウスの陰謀(映画)の原題の意味は?


出典:IMDb

 

 

「ホワイトハウスの陰謀」の原題はMurder at 1600です。

 

 

1600とはホワイトハウスが「ワシントンD.C.ペンシルべニア大通り1600」にあることから付けられました。

要するに「ホワイトハウスでの殺人」ですね!

 

Murder at 1600」という題名を聞いただけでは、ホワイトハウスが舞台の映画だと分かりずらい気もしますが、捻りの効いた題名ですね!面白い!

 

 

次は「ホワイトハウスの陰謀」の口コミ、評判についてご紹介します!

 

 

ホワイトハウスの陰謀(映画)のネタバレ口コミ評判は?


出典:IMDb

 

ここからは「ホワイトハウスの陰謀」についての口コミ、評判をご紹介します!

 

一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

ストーリーやテーマについて

政府は陰謀だらけなのでは…。

 

最後までハラハラさせられますよね!

テンポ良く話が進むので、私もあっという間に鑑賞してしまいました。現実の政府も陰謀だらけなのではと疑ってしまいますよね…。

そうではない人もいると思いたいです。

一筋縄ではいかないストーリー

 

ホワイトハウスの中で起きた殺人を刑事が追う話。

ホワイトハウスの中のごちゃごちゃした人間関係とか、隠蔽体質とか、色々なものが絡んできて、ただで捜査が進まない感じが面白かった。

filmarksより引用

 

権力者達の圧力といいますか、邪魔が入って捜査がなかなか進まないのが、見ていてもどかしいですよね!

ただのサスペンス映画ではないです!

 

 

演出や脚本について

完璧な脚本!

 

 

脚本家のウェイン・ビーチさんは今作がデビュー作品だったそうですが、素晴らしい出来ですよね!

とても見やすい構成になっていて、飽きずに視聴できました。

話題にならなかったけど…。

 

面白かったです。

昔から好きでしたが、やはりダイアンさんはおきれいですね。

題材も程よくミステリーでどんでん返しこそ薄いものの、しっかりと
わかりやすく撮っているので混乱することなく観れました。

話題にはならなかったと記憶していますが良質な作品だと思います。

Yahoo映画より引用

 

 
 
確かに、何となく結末が分かってしまうような内容でしたが、初めてサスペンス映画を見る方には、おすすめな作品ですよね!
とても丁寧に作られています。
 
 

 

キャラクター&キャストについて

ウェイズリー・スナイプスの別の顔

 

 

確かにウェイズリー・スナイプスさんは「ブレイド」などアクション映画のイメージがありますよね!

 

ダイアン・レインさんは本当に美人ですよね!今では、まさに美魔女という感じで素敵です!

 

イケメンヒロイン役がぴったり!

 

意外にダイアン・レインのヒロインがいい。こういう役珍しいな。お堅い優等生っぽさを出していた。ウェスリー・スナイプスもこの頃はまだアクション一辺倒ではなかった。当時は白人向きに書かれた役を取れる役者だった。

filmrksより引用

 

ダイアン・レインさんの女性シークレットサービスの役はハマってますよね!
アクションだけじゃなく、演技も素晴らしいウェスリー・スナイプスさんが見られる作品ですよね。

 

 

ホワイトハウスの陰謀(映画)のあらすじは?


出典:IMDb

 

 

ここからは「ホワイトハウスの陰謀」のあらすじを説明します!

 

アメリカ軍兵士が北朝鮮に拉致されるという事件が発生し、アメリカ政府の遅すぎる対応に、国民からの不満の声が高まり始めていた頃、ホワイトハウスで女性職員が殺害される。

 

国家安全保障局大統領補佐官のジョーダンはリージス刑事に、この事件の捜査を任せるが、警備主任のスパイキングスが協力的ではなかった為、思うように捜査が進まなかった。

 

そんな中、清掃係のルケイジが犯人として逮捕される。この逮捕に違和感を感じたリージス刑事はシークレットサービスのニーナと共に事件の真相を解明していく。

 

そこには何者かによる陰謀が隠されていたのであった…。

 

ウェズリー・スナイプス(ハーラン・リージス役)
生年月日 1962年7月31日
出生地 アメリカ合衆国 フロリダ州オーランド
主な出演作品「メジャーリーグ」、「ブレイド」
特技は武道でカンフー、カポエイラ、空手を習得している。

ダイアン・レイン(ニーナ・チャンス役)
生年月日 1965年1月22日
出生地 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
主な出演作品「リトル・ロマンス」、「運命の女」

「リトル・ロマンス」で映画デビューをした当初、”天才スターの誕生”と高い評価を受ける。

アラン・アルダ(アルヴィン・ジョーダン役)
生年月日 1936年1月28日
出生地 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク”
主な出演作品「M*A*S*H」、「アビエイター」

「M*A*S*H」でゴールデングローブ賞、エミー賞など数々の賞を受賞している。

ホワイトハウスの陰謀(映画)の予告動画は?

 

万全な警備が敷かれているホワイトハウスで殺人が起きたということで、只ならぬ緊張感が溢れてますね!

 

ホワイトハウスの陰謀(映画)の原題の意味は?ネタバレ口コミ評判まとめのまとめ

 

「ホワイトハウスの陰謀」についての口コミ、あらすじなどをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

私はこの記事でみなさまの口コミや評判をまとめてみて、もう一度見返したくなっちゃいました!

 

 

1997年の映画なので映像が少し見づらいかもしれませんが、昔の映画の良さが出ている作品だと思うので、ぜひ視聴してみてくださいね!

 

以上、ホワイトハウスの陰謀(映画)の原題の意味は?ネタバレ口コミ評判まとめについて紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました