映画バッドボーイズのストーリーをラストエンディングまで紹介!

この記事は約5分で読めます。

ウィル・スミスとマーティン・ローレンスが主演を務め、一躍大ヒットとなったアクション映画「バッドボーイズ」

主演の2人は、1995年のこの作品をきっかけに、一気にハリウッドスターへと駆け上がることになりました。

とにかく爽快、とにかくワイルド、とにかく豪快!というド直球な「これぞアメリカンアクションムービー!」そんな形容が全力で似合うシリーズ、それが「バッドボーイズ」です。


出典:IMDb

 

今回はそんな2人の出世作となった「バッドボーイズ」のストーリーに注目してみましょう。

監督はアルマゲドンやトランスフォーマー等を手掛けたヒットメーカー、マイケル・ベイ!

 

ではどんなストーリーなのか、始まりからエンディングまで見ていきましょう!

 

映画バッドボーイズのストーリー(あらすじ)は?


出典:IMDb

 

舞台はマイアミ、主役はマイク・ラーリー(ウィル・スミス)とマーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)。2人はマイアミ警察署の麻薬課に勤める刑事です。

愛車はポルシェ、綺麗なおネエちゃん大好きなリッチ&プレイボーイのマイク、奥さんに頭が上がらない子煩悩パパのマーカス。楽しい凸凹コンビです。

 

では、ここからはあらすじを大きく起承転結に分けて解説していきます。

一部ネタバレ要素を含む場合もございますのでご注意下さい。

 

起:「ヤク」、盗まれる!

ある夜、マイアミ警察署にて押収・保管されていた大量のヘロインが盗み出されるというどえらい事件が起こります。犯行グループはフーシェという男が率いる組織です。

「3日後にFBIが捜査に乗り出してバレたら署の全員がクビになっちゃう。その前に何とかして」と上司に命じられた2人は、すぐさま事件の捜査に乗り出します。

承:マイクがマーカスで、マーカスがマイクで!?

フーシェ団は後日、組織内の裏切り者と、そこに娼婦として呼ばれて来ていたマイクの友人であるマックスの2人を殺害する事件を起こします。

マックスの友人として一緒に現場に来ていたジュリーは、事件を目撃してしまい命からがら逃げ出します。そしてマックスを通して知った、会ったこともないマイクに助けを求めるのです。

ところがその時署からジュリーを救出に来たのは、手隙でたまたま救助要請の電話をとって任務を受けたマーカス。初対面のジュリーに、マーカスはマイクと誤って認識されてしまいます。

翌日2人の上司は、事件を目撃した最重要人物のジュリーの保護任務を引き続きマーカスに当て、マーカスはジュリーに対してマイクの振りを続けることに。マーカスが不在の間の家族の世話役はマイクがすることになります。

こんなドタバタを繰り広げている間にも一方で、フーシェ団はとある貨物船にて着々とコカインの精製を進め、闇取引の準備を整えていきます。

転:ジュリーがさらわれる、大ピンチ!

マイクの家にて保護されていたジュリーですが、とうとう居場所がバレてしまいます。マイクもマーカスも全力ダッシュ&銃撃戦でフーシェ団と格闘しますが、ジュリーはさらわれてしまいます。

その後、マイアミ署にフーシェから直接連絡があり、「薬物取引までの間、警察側から手出しをすればジュリーの命はない」と告げられます。

フーシェ団内で裏切り者として殺害されたメンバーが元警察官だった為、データを手がかりに逆探知をした末、マイクとマーカスは取引現場である空港の格納庫への突入に乗り込みます。

結:「やっぱりアナタがマイクだったのね」

ド派手な銃撃戦の結果マーカスは足を打たれ負傷しつつも、ラストはまさかのカーレース対決のような形でフーシェをやっつけます。

身柄を確保され瀕死状態のフーシェは、最後の悪あがきでマーカスを銃撃しようと目論みますが、すんでの所でマイクがフーシェを銃殺。

ジュリーのマイク⇄マーカス誤認識も解け、晴れて事件も解決!皆無事に生き残りました。

 

 

と、こんな内容のストーリーです。

事件の進行と共に主役2人のドタバタコメディ劇もとても色濃く盛り込まれていて、始まりからエンディングまでワクワクドキドキしたりしながらも、笑いどころがたくさんあるとても魅力的な映画です!

 

これだけ面白い「バッドボーイズ」シリーズ、次は大ヒットの功績を見てみましょう。

映画バッドボーイズのシリーズと各興行収入は?


出典:バッドボーイズ I ソニー・ピクチャーズ公式

 

ここではバッドボーイズシリーズ各作品の興行収入を見てみましょう。

 

映画タイトル名 製作年 興行収入 製作費
バッドボーイズ 1995 約151億円 約25億円
バッドボーイズ2バッド 2003 約293億円 約139億円
バッドボーイズ フォー・ライフ 2020 約449億円 約96億円

 

シリーズを通して驚くべき数字を叩き出していますね。

一番最近公開された3作目は450億円近くの興行収入を得ています。すごい!

初作のバッドボーイズは製作費の約25億円に対して興収約151億円。これもやっぱりすごい業績ですよね!

 

そして第3作目のバッドボーイズ フォー・ライフが2020年の1月に公開されたばかりですが、早くも「バッドボーイズ4」の制作が始動しているようです。

まだまだこの名コンビの活躍を見れると思うと、本当に嬉しいです。

映画バッドボーイズのストーリーをラストエンディングまで紹介!のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

まさに「we are bad boys(俺たちはサイコーにイカしてる)!」

第4作目が早くも期待される爽快アクション映画バッドボーイズシリーズ、ぜひ見たことがない方も、何回も見ている人も、この機会に初作からチェックしてみて下さい!

 

 

 

以上、映画バッドボーイズのストーリーをラストエンディングまで紹介!についてご紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました