映画パーフェクトストームの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?

この記事は約6分で読めます。

ジョージ・クルーニー、マーク・ウォールバーグ主演の『パーフェクトストーム』。
実話を元に執筆した小説を映画化した作品。

これを観たあなたは自然界の怖さを知るか、挑戦的な気持ちになるかのどちらか。


出典:映画.com


 

 

良い作品は、音楽によってより良いものへと作り上がってきます。そして音楽は、その作品の世界観へと惹き込む力も存在することが分かります。

 

今回は作品の中で使われている曲、音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌を探っていきたいと思います!

パーフェクトストームの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)は?

1997年にセバスチャン・ユンガーの『パーフェクト・ストーム』は、この大嵐で行方不明になったアンドレア・ゲイル号を巡る人々を描いた書籍です。乗っていた20歳代から30歳代の漁師らがどのように育って漁師となり、生活を行ってきたかが描かれており、航海の背景、大嵐、アメリカ・カナダの沿岸警備隊による捜索活動が映し出されています。その話を2000年6月30日にオリジナル劇場公開しました。

 

本作はジェームズ・ホーナー(James Horner)が映画音楽を担当しました。
劇中に流れる『Yours Forever』は嵐に巻き込まれ仲間を失い、生きる気力さえも失ってしまう船上での物語が蘇る曲となっています。
愛する人を永遠に想っている、そういう意味でも取れます。

また、序盤港のシーンから音楽に惹きこまれて感極まって涙する人もいたそうです。
ラストシーンはもう胸が締め付けられる様な苦しい場面で、BGMが更に感情を高めてくれます。
全体的に少ししっとりとした、寂しい音楽が多い傾向です。

ジェームズ・ホーナーはあの名作『タイタニック』の音楽・主題歌を手掛けており、アカデミー賞、ゴールデンクローブ賞など、様々な賞を受賞しています。

ジェームズ・ホーナーが音楽担当した作品を調べるとアクション、ホラー、SF映画などを多く手掛けていることが分かりました。
これを機に作品を調べて音楽を聴き比べてみるのも一つの楽しい見方になりそうですね。

 

ダウンロード可能なサイトは以下になります。(投稿日現在)

 

Spotify
・YouTube Music
Deezer
Play Music

 

それ以外の曲リストは以下になります。

 

曲名 アーティスト名
Yours Forever John Mellencamp
Hungry Heart Bruce Springsteen
No Woman,No cry Bob Marley
Rhythm of My Heart Rod Stewart
Heart of Saturday Night Tom Waits
Tush ZZ Top
Man in the Box Alice in Chains
The Big Rock Pale Rider
End of the Line The Allman Brothers Band
Eternal Father,Strong to Save The North Shore Chorale Group
 
 
 
もしかしたら『あれ、これ聴いたことあるかも?』と思う方もいます。
続いては、曲の詳細についてお話していきます。

映画パーフェクトストームの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌、エンディング)の詳細は?


出典:映画.COM

 

ここでは、簡単なプロフィールを紹介します。

ジェームズ・ホーナー

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1953年8月14日生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルス出身。
英国王立音楽アカデミーにおいてジェルジ・リゲティの元で作曲を学び、その後南カリフォルニア大学にて学士号を習得。

その後UCLAの大学院に進み修士号を取得した後、同大学で教鞭をとっていたが、ロジャー・コーマンに見出され『ジュラシック・ジョーズ』『赤いドレスの女』『モンスター・パニック』『宇宙の7人』で作曲を手がける。

映画の音楽提供に貢献し、2015年に死去。

 
 

John Mellencamp(ジョン・メレンキャンプ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェームズホーナーが手掛けた『Yours Forever』を歌うジョン・メレンキャンプ。
歌詞には『手を握って、ここにいるのは私とあなただけ。明日またあなたに手を差し伸べる』と書いてあります。

作品中のラストに向けてボビーが愛する人に向けて想いを告げるシーンがあります。
恋人の過ごした風景や、愛した日々、この先もっと愛していきたい気持ちが溢れてきます。
そのシーンが終わるとエンディングでこの曲が流れ、先ほどのシーンと歌詞がマッチするのが涙物です。

 

Bob Marley(ボブ・マーリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャマイカ出身、レゲエの先駆者、またはレゲエの神様と呼ばれています。
声がセクシーなのが特徴のアーティストです。

この作品中では『No Woman,no cry』が流れています。
私は歌詞を読んで『女よ泣くな』という意味なのかなと思いましたが、英訳をしっかり解読すると素直に『女性よ、泣かないで』と歌っているようにも聞こえます。

これは生死をかけた漁に出る男性たちとそれを陰ながら支える女性たちの模様が伺えます。あくまでも考察ですが、『俺たちが死んでもどうか悲しまないで強く生きてくれ』と伝えているメッセージにも捉える事が出来ます。

 

どの歌詞を読んでも、奥が深く、相手を思いやる気持ちがとても伝わってきました。
男性が思う女性に対しての想いが歌詞から読み取れますね。

 

続いて最後はまとめに入っていきます。

映画パーフェクトストームの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌、エンディング)は?のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

『パーフェクトストーム』で流れている音楽は、この作品の世界に自然と惹きこまれていくような曲調と、自然の怖さを身に染みて感じる作品となっています。
クラシック調で激しくなったり、焦らせるような気持ちにさせたりと、音楽の力は偉大だと気付かされますよね。

 

主題歌にすることは映画と内容が同じ歌詞が含まれているのだと思いました。
『Yours Forever』の歌詞はボビーが死ぬ間際まで愛する人を想い続けている正直な気持ちが読み取れます。ここに『愛』を向け、悲しい実話に色を塗っている感じにも取れますよね。

 

作品は映像だけではありません。作品中の物語を視聴者により気持ちを味合わせるための『音楽』はなくてはならない存在だと気付かされます。

ぜひ、この美しい音楽を聴いて、より『パーフェクトストーム』を楽しんで欲しいです!

以上、パーフェクトストームの曲(音楽、主題歌、挿入歌、劇中歌)について紹介しました!

最後までお読み頂きありがとうございます。

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました